腸年齢で重要な8項目

腸内細菌が健康を左右する

腸の中には、大きく分類すると、ビフィズス菌に代表される善玉菌、ウェルシュ菌に代表される悪玉菌、そして、食べ物や体調によりどちらにも傾いてしまう日和見菌(ひよりみきん)がすんでいます。
数え切れないほどの天文学的数のこれら3種類の細菌が、私たちのおなかの中で毎日、種類ごとに勢力争いをしています。 健康な腸内には善玉菌が多くて酸性ですが、悪玉菌が増えてくるとアルカリ性となって、悪玉菌がさらに増殖します。すると、日和見菌は悪玉に傾きだして、腸内環境が悪くなるのです。
そして、腸内では腐敗が進み、便秘や下痢だけでなく、全身にいろいろな悪影響を及ぼします。 健康な体づくりは、善玉菌が優勢なきれいな腸の状態にすることから始まるのです。
みなさんは、『腸年齢』という言葉を聞いたことがありますか? このページでは、腸年齢について紹介しています。チェック項目などもありますので、自分の腸がどれくらい若いのか、元気なのかを調べてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください