老けた腸は毒素メーカー

腸の中で悪玉菌が増えると身体に恐ろしい影響があります。
毒素が血液の中に入ると、肩がこったり、気分が悪くなったりするほかに、動脈硬化を起こし、血管がつまりやすくなることもあります。
そして、便秘と下痢とを繰り返す大腸の過敏症(過敏性腸症候群)のような、腸そのものの病気にもつながります。

腐敗便の毒素は万病の元となる

慢性的な便秘は悪玉菌の温床となって、腸内を腐敗させます。一気に増えた悪玉菌は腸内に漂っている便を腐敗させ、有毒な物質やガスを発生させるようになります。
有害物質の弊害は腸だけにとどまらず、大腸の粘膜の血管に入り込んで血液を通して全身へ運ばれ、頭痛や肩こり、肌荒れ、口臭といった症状として現れるのです。

また、大腸ガンは腐敗便が溜まりやすい直腸とS状結腸に多発しますが、悪玉菌は、この原因となる物質を発生させます。
一方、善玉菌は炭水化物や食物繊維をエサとして、乳酸や酢酸(さくさん)といった有機酸をつくり、腸内を発酵した状態、酸性にします。すると、悪玉菌の繁殖が抑えられて、人体に有益な物質を生成したり、免疫力を高める働きをしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください