生きたまま腸に届くのが理想!死んだ菌でも乳酸菌は腸プラス

乳酸菌には動物性と植物性とがあります。植物性乳酸菌のほうが腸内環境をよくするはたらきが強力ですが、動物性乳酸菌も腸のために役立っています。

乳酸菌は動物性と植物性の2種類

乳酸菌は、腸の中で善玉菌のビフィズス菌を増やして、腸内環境を整えるはたらきがあるといわれています。乳酸菌には、ヨーグルトやチーズに含まれる動物性乳酸菌と、みそ、しょうゆ、漬け物、酒などに含まれる植物性乳酸菌があります。
乳酸菌が腸にたどり着くまでには、強酸の胃の中を通らなければならないのですが、生育によい温度と豊かな栄養に恵まれて育った動物性乳酸菌は、そのほとんどが胃で死滅します。
いっぽう、低栄養で、しかも塩分が多い苛酷な環境で育った植物性乳酸菌は、酸やアルカリ、温度変化などに強いため、生きて腸に到達しやすいといわれています。欧米人に比べて腸の長い日本人に適した乳酸菌ともいえます。

生きたまま腸に届いた乳酸菌はもちろんですが、胃で死んでしまった死菌体も、腸のために役立ちます。

動物性乳酸菌の多い食品

ヨーグルト・チーズなどの乳製品。乳酸菌は胃の中でほとんどが死滅してしまいますが、死菌体として善玉菌の餌になります。

  • 長所…たんぱく質、カリウム、カルシウム、ビタミンなどが豊富で食塩の量が少ない。
  • 短所…動物脂肪が多く、高カロリーなので食べ過ぎると肥満の原因になる。

適正な食べる量は、ヨーグルトなら1日100~150g、チーズなら15~20g。脂肪の多いものは避け、低脂肪のヨーグルトやチーズを活用するとよいです。

乳酸菌が含まれている食べ物では、ヨーグルトがよく知られています。ヨーグルトには便秘の解消や腸内環境を整える効果がありますが、サプリメントの場合は純粋に乳酸菌だけを培養しているので、ヨーグルトよりも効果が期待できます。また、ヨーグルトのようにカロリーや糖分も一緒に摂ってしまうことがないので、サプリメントはダイエットをしている人にもおすすめできます。

善玉菌をサプリメントで増やすならカスピ海ヨーグルトの乳酸菌カプセル フジッコ善玉菌のチカラ

植物性乳酸菌の多い食品

みそ、しょうゆ、漬け物、日本酒など。生きたまま腸まで届きやすく、腸内環境を整えるはたらきが強いです。

  • 長所…動物性乳酸菌よりも腸内環境を改善する効果が高い、野菜、ブドウ糖を素材にしているので、食物繊維も一緒にとれる日本人の食生活になじみが深い。
  • 短所…食塩の含有量が多い食品に多く含まれる、60度以上に加熱すると死滅する。

日本人が昔から食べてきた漬け物や、みそ、しょうゆといった発酵食品が腸に効きます。

乳酸菌で整腸 | 100種類のサプリメントの効能と効果https://more-supplement.info/use/archives/338

海外旅行の便秘を防ぐ方法

最初から重度の便秘になる人はいません。みなさん何かきっかけがあるのです。生活環境の変化、職場のストレス、ダイエットなどなど。そしてそのきっかけに旅行もあげられます。

また、海外旅行の場合、普段は滅多に便秘をしない人でも便秘になってしまうケースが多いでしょう。

楽しいはずの旅行なのですが、食事や時間の使い方、時差などが、腸にとって急激なストレスとなって、腸の調子を崩すことは多いのです。
特に10日前後の海外旅行が、便秘のスタート地点になることも少なくありません。腸というのは、通常と違う環境に反応しやすい臓器なのです。皆さんが思っている以上にデリケートな臓器なのです。

そこをしっかり理解して、旅行で腸の調子を崩さない準備をしていって欲しいのです。

まず海外旅行に行って多くの方が体験するのは便秘です。海外旅行中の便秘の大きな原因のひとつは、時差によって体内時計が狂い、腸リズムにも影響が出てくることがあげられます。また食事のタイミングがいつもと違っていたり、朝早くからの観光や団体行動埼どで、時間的制約があり、ゆっくりと行動できず、緊張を強いられるといったことも原因としてあげられます。楽しいはずの旅行ですが、実は腸のストレスが凝縮された状態が怒りやすいのです。

普段は腸の状態がよい人でも、ヨーロッパやアメリカなどフライト時間の多い地域に旅行をする場合は、便秘になって当然と考えて、準備しておくことをおすすめします。そこで海外旅行先での腸を守るためには、普段から便秘傾向のある人は、下剤、軟便剤(マグネシウム製剤)を持参することです。

さらにストレスから便がS状結腸や直腸に移動することができなくなり、便意がなくなることがあります。そうなると下剤、軟便剤では効果がありません。
万が一のために坐薬(レシカルボン)こちらにあります。を持っていき、旅先で排便をきちんと行うようにしてください。

また、普段毎日排便がある人が旅先で便秘になってしまった場合、精神的にとてもつらくなるようです。下剤を使用すると、今度は、ひどい下痢になってしまい、旅を楽しめない状況に陥るケースも多く見受けられます。

このような場合は、コントレックスなどのマグネシウムの多い硬水のミネラルウォーターを多めに摂りましょう。トイレの心配から旅行中に水分を控える方も多いのですが、それも腸の調子を崩す要因です。さらに食事にオリーブオイルを追加しましょう。
欧米のレストランには必ず置いてありますし、スーパーなどでは小瓶のものが簡単に手に入ります。心から旅行を楽しめる腸のためにも、準備はきちんとしたいものです。

お腹がゆるい人が注意する食事

腸の調子というと便秘中心なるのが定番ですが、ここでは常にお腹がゆるい、下痢気味の方の生活習慣に関して、アドバイスをしたいと思います。

お腹がゆるくなりがちな方は、食事や水分を控える傾向にあります。それがまた腸内環境にとつてよくない状況を作ってしまう要因にもなります。また安易な下痢止めの使用が、さらに腸内環境を悪化させ、下痢→下痢止め→便秘→下剤→下痢という、便秘の方の下剤依存にさらに輪をかけた下剤・下痢止め併用の悪循環にはまってしまうことになるのです。

そこでお腹がゆるい方もきちんと食事を摂りましょう。3食摂るのが基本です。朝食は、時間を調整しましょう。電車の中でお腹が痛くなるのは避けたいわけですから、20~30分早起きをして、家で朝食を摂らずに会社に出社しましょう。そして仕事場についてから食事を摂ってください。お腹がゆるい人の朝食は、炭水化物中心のメニューがおすすめです。

おにぎり、サンドイッチなどを摂ってください。そうすれば胃が的確に動き、朝食後、会社のトイレに行き排便できれば、気分的にも1日が楽になるのではないでしょうか。

下痢は心理的な影響も大きく、それを緩和するだけでもずいぶん状況は変わってきます。下痢に悩む方々を診ていますと、実は下痢傾向の人の半数以上が朝食をきちんと摂ることで、薬を使わずにお腹の調子を整えることができるのです。

それでも下痢傾向が収まらない場合は、
半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)という漢方薬服用し、職場についてから朝食を摂れば、下痢傾向の改善率もアップすると思います。また下痢傾向の人で、夜にビールやチューハイなど多量のアルコールと水分を摂っている方は、その生活を見直してください。

そこを改善しない限り、お腹のゆるさは改善することば難しいです。この指摘に心当たりのある方は、夜のアルコールの量を減らすことで、朝の腸の働きはスムーズになると思います。アルコールは下痢の敵! と思っていただければと思います。

くれぐれも下剤と下痢止めの安易な併用を長期間続け、負の悪循環を作らないようにしてください。