腸年齢 についての大事な項目 腸内環境を整えることが健康の重要なカギ

腸内環境と 腸年齢 に関する情報です。

腸内細菌が健康を左右し 腸年齢 が上がる

腸の中には、大きく分類すると、ビフィズス菌に代表される善玉菌、ウェルシュ菌に代表される悪玉菌、そして、食べ物や体調によりどちらにも傾いてしまう日和見菌(ひよりみきん)がすんでいます。これらをまとめて腸内細菌といい、この群生を 腸内フローラ (腸内細菌叢=ちょうないさいきんそう)と呼びます。

数え切れないほどの天文学的数のこれらの腸内細菌は、私たちのおなかの中で毎日、種類ごとに勢力争いをしています。 健康な腸内には善玉菌が多くて酸性ですが、悪玉菌が増えてくるとアルカリ性となって、悪玉菌がさらに増殖します。すると、日和見菌は悪玉に傾きだして、 腸内環境 が悪くなるのです。そして、腸内では腐敗が進み、便秘や下痢だけでなく、全身にいろいろな悪影響を及ぼします。 健康な体づくりは、善玉菌が優勢なきれいな腸の状態にすることから始まるのです。

腸年齢 について 腸内環境を整えて健康に

腸年齢 について 腸内環境を整えて健康に

腸内に善玉菌が多いと腸が若い

みなさんは、『 腸年齢 』という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 腸年齢 は腸内細菌のバランスで変わってきます。腸内に善玉菌が多いほど 腸年齢 が若いということになりますが、老けた腸でも、普段の食事や生活習慣で腸を若返らせることができるのです。そして、腸年齢 の若さは、体の中の健康だけでなく、その人の見た目の若さにも関係してきます。実年齢よりも腸年齢が若いと、容姿が若いと感じるだけでなく、気分もアップして元気がでるでしょう。

このページでは、話題の 腸年齢 について紹介しています。チェック項目などもありますので、気になる人は自分の腸がどれくらい若いのか、元気なのかを調べてみましょう。

腸内環境を整えるサプリメント、善玉元気はこちら

腸内環境を整えるために飲んでみたい 乳酸菌飲料

腸内環境を整える、便秘を改善するための 乳酸菌飲料 に関する情報です。

乳酸菌飲料 ってどんなもの?

腸の中の善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを保ち、病気になりにくい体をつくる。そして、 乳酸菌 のチカラで便通も整えましょう。

乳酸菌飲料と ヨーグルト (はっ酵乳)の違いは、牛乳の無脂乳固形分の割合です。
ヨーグルトが8% 以上なのに対して、3% 以上のものが「乳製品乳酸菌飲料」、そして3% 未満のものが「乳酸菌飲料」とされています。

また、乳酸菌数の基準は、1ml あたりに、乳製品乳酸菌飲料が1,000万個以上、乳酸菌飲料が100万個以上です。
乳脂肪分の少なめな乳酸菌入り飲料なら、ヨーグルトが苦手な人にもおすすめです。
CM がオンエアされていて知られているものもありますが、それでは、その乳酸菌入り飲料をいくつか紹介していきます。

乳酸菌飲料 で腸内環境を整える

乳酸菌飲料 で腸内環境を整える

腸内環境を改善する 乳酸菌飲料 の紹介

ピルクル / 日清ヨーク
1993年に発売されたピルクル(150億個以上の乳酸菌 NY1301 株 を含む)が、2021年4月に乳酸菌 NY1301株 400億個以上を含む ピルクル 400 としてリニューアルされています。乳酸菌が増え、さらに腸内環境を改善するトクホ(特定保健用食品)です。「クリティカルヒーット!!」のフレーズのCMが印象的です。
ヤクルト400 W / ヤクルト
生きたまま腸まで届く乳酸菌シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)と、腸内でビフィズス菌を増やすガラクトオリゴ糖をダブルで含んだ乳製品乳酸菌飲料です。ダブルの強さでお通じの改善を目指す機能性表示食品です。こちらの ヤクルト400 W は、地域限定の宅配専用品となっています。
植物性乳酸菌ラブレ / カゴメ
ラブレプレーンの従来品の菌数と比べてラブレ菌(KB290)が3倍配合されています。お通じと腸内環境を改善していく機能性表示食品です。コレステロール・脂肪が0、砂糖・甘味料は不使用でカロリーや糖質が気になる人にもおすすめです。
届く強さの乳酸菌 W(ダブル) プレミアガセリ菌 CP2305 / アサヒ飲料
カルピスでおなじみのアサヒ飲料の機能性表示食品。ガセリ菌CP2305 株が配合されています。睡眠の質を高めるのに役立つ、腸内環境の改善に役立つ、このダブルの機能をもった乳酸菌飲料です。
ビフィズス菌のむヨーグルト / 日本ルナ
生きて腸まで届いて働くビフィズス菌(HN019)が配合された、のむヨーグルトです。酸味が抑えられているのでヨーグルトの酸味が苦手な人にも飲みやすくなっています。カルシウムと鉄が入っているので特に女性におすすめです。

乳酸菌パワーで理想の便をつくろう はこちら

乳酸菌サプリメントならこちら、 善玉元気 フローラ健康科学研究所 の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス

腸と美肌 の関係について

腸と美肌 に関する情報です。

健康な 腸と美肌 は切っても切れない関係にある

腸が老けて悪玉菌が多くなると、肌荒れや吹き出物など肌に影響が出てきます。腸が老けるとはどういうことかというと、加齢と共に私たちの腸内の善玉菌が減少し、悪玉菌が増加することです。そして、腸の老化は、身体だけでなく肌の不調にもつながります。

美肌は健康な腸から生まれる 腸と美肌

美肌は健康な腸から生まれる 腸と美肌

私たちの腸の中にはお花畑(フローラ)のように見えることから「腸内フローラ」といわれている細菌叢があるのですが、この腸内フローラで悪玉菌が増加すると、便に含まれるたんぱく成分が分解されて身体に有害な物質(毒素)がつくられます。そして、その毒素が腸から吸収されて血中を通じて肝臓へ向かい、肝臓がダメージを受けると全身の代謝がダウンして血行が悪くなり、代謝も悪くなるため、肌の調子も悪くなるのです。

また、善玉菌には美肌づくりに欠かせないビタミンB 群をつくり出す働きがあるのですが、その活動を悪玉菌が阻害してしまうことも肌荒れの要因のひとつです。女性の場合なら肌荒れはとっても気になり、ストレスの元にもなってしまうでしょう。代謝を悪くするだけでなく、大切なビタミンまで奪ってしまう悪玉菌の増加こそ、人の見た目を老けさせる大敵というわけです。
腸の健康が、見た目までも若々しく、キレイにするカギなのです。

腸年齢について(一覧) はこちら

腸の老化と肌荒れの様子

  1. 腸内フローラの菌の変化
  2. 悪玉菌の増加
  3. 毒素がつくられる
  4. 毒素が血液へ移動する
  5. 肝臓がダメージを受ける
  6. 全身の代謝が下がり肌荒れが起こる
腸内フローラで菌が変化する
腸の中には100 兆個もの細菌が群生していて、フローラ(花畑)のような状態。腸内フローラのバランスが良ければ腸は健康だけれど、加齢やストレスで変化しやすい。
悪玉菌が増加する
不規則な生活、偏った食習慣などで善玉菌が減り、悪玉菌が優勢になる。腸内細菌のバランスが崩れ、便秘や下痢などのトラブルが起こる。
毒素がつくられる
悪玉菌が増加すると、便に含まれるたんぱく質が分解される。腸の中で有害物質がつくられていく。
毒素が血液へ移動する
有害物質は腸の中にとどまるだけでなく、血液にも送り込まれ、全身に送られていく。
肝臓が弱る
血液に含まれた有害物質は、最終的に肝臓へ送り込まれ、働きにダメージを与える。
全身の代謝が下がり、肌荒れに!
肝臓が弱ると全身の代謝がダウンし、さらに血行も悪くなる悪循環が起こる。肌に最も影響が出て、肌荒れや吹き出物ができやすくなる。

サプリメントで腸を元気にするならこちら → 善玉元気 フローラ健康科学研究所 の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス

最近、急増している 糖尿病は 腸内フローラに働きかける薬で治る

腸内細菌が出す物質 フローラ健康科学研究所 善玉元気 のように 腸内環境を整える短鎖脂肪酸 の力は、病気の治療にも活かされはじめています。

ターゲットは生活習慣病の代表格、 糖尿病 です。 糖尿病 は、血糖値のコントロールがうまくいかなくなり、次第に全身の血管が傷つけらこれていく病気です。

糖尿病は 腸内フローラに働きかける薬で治る

糖尿病は 腸内フローラに働きかける薬で治る

2017年の調査では糖尿病患者数は、前回調査(2014年)から12万3,000人増えて、過去最多の328万9,000人になりました。2017年というと4年前の調査ですから現在ではもっと増えているはずです。

とくに細い血管 毛細血管が多い腎臓はダメージを受けやすく、老廃物を濾し出す機能が失われると、人工透析のため病院に通う生活となります。2日1回、4~5時間かけて血液を浄化しなければいけません。

また、目の網膜の血管が破れて失明したり、足が壊死して切断を余儀なくされることもあり、最終的には命に関えしわる事態につながっていきます。

健康診断で血糖値がひっかかったこともないし、私は大丈夫!太っていないし…そん革ふうに思っているあなたも、油断はできません。初期の糖尿病は、一般的な健康診断では発見できないケースが多いのです。いわゆる糖尿病と共に急増している 糖尿病予備群 です。

最新の研究では、 糖尿病予備群 になっただけでも、がんや認知症になるリスクが大幅に上がることもわかってきました。

若い世代の糖尿病が増えているという報告もあり、誰にとっても、糖尿病は他人事ではありません。

糖尿病の最大の原因とされているのが 肥満 です。脂肪細胞が肥大化すると、血液中にさまざまな有害物質を出し、血糖値をコントロールする体の機能を壊してしまうことが知られており、肥満を改善することは糖尿病治療の基本とされています。

天然のやせ薬  である 「 短鎖脂肪酸 」 の出番となります。さまざまな研究から、糖尿病患者の 腸内フローラ では、短鎖脂肪酸の生産力が落ちていることがわかってきました。

「 短鎖脂肪酸 」 の生産力を復活させ、肥満を改善すれば、糖尿病も治せるのではないか? 多くの医師や製薬会社が研究に乗り出しています。そして、ついにその成果が出はじめました。

人間に効く薬から  腸内フローラ に効く薬が糖尿病を治す時代

2014年、アメリカのあるベンチャー企業が開発した 糖尿病 の 新薬 が、臨床試験で成功を収めました。まだ小規模な試験であったにも関わらず、科学雑誌 「 ネイチャー 」 の記事に紹介されるなど、世界で大きな話題となりました。

それは、その新薬が「人間に効く薬」 ではなく、「腸内フローラに効く薬」だったからです。社名は「マイクロバイオーム・セラピューティクス」。

マイクロバイオームとは人体に住む細菌全体を指す言葉ですが、腸内細菌の数が圧倒的に多いため、欧米では、腸内フローラ とほぼ同義に使われることもあります。

天然のやせ薬 としての効果だけでなく、なんと、糖尿病を直接的に改善する効果もあるのです。短鎖脂肪酸 には、腸の細胞を刺激して インクレチン と呼ばれるホルモンを分泌させる力があります。 インクレチン には、すい臓に働きかけてインスリンの分泌を促す効果があります(インクレチンン は、糖尿病あ治療薬としても使われている物質です)。

今回の新薬によって、 腸内フローラ の 短鎖脂肪酸 の生産量が増加、 インクレチン が出やすくなり、インスリンの分泌も活発になったと考えられます。もちろん、長期的には 短鎖脂肪酸 の「やせ薬効果」も効いて、肥満が改善していく可能性は十分にあり、そうなれば糖尿病はさらによくなっていくと予想されます。

腸内フローラ の研究が糖尿病の治療に革命をもたらすと考
えてられています。

「医学の進歩」によって、糖尿病は適切な治療さえ受ければ進行をかなり遅らせることができるようになってきました。しかし、糖尿病の克服にははど遠い状況です。

新しい薬はどんどん開発されていますが、必ず副作用が伴います」その点、腸内細菌をターゲットにした今回の薬は、すべて食品成分を原料としていることから副作用の心配が少なく、安心して処方できる体に優しい薬だと期待されています。

この薬ならば、本格的な糖尿病になる前の予備群の人にも気軽に飲んでもらぅことができ、予防にも大きな役割を果たすことになると期待をよせています。

腸内細菌に働きかけるという、まったく新しい治療のアプローチが見つかったことは素晴らしいことです。近い将来、腸内細菌をターゲットにした治療は、現在の治療法に並ぶ大きな役割を果たすことになるでしょう。

腸内細菌を治療に活かすことで、人類が糖尿病を克服する日が近いのかもしれません。

 

善玉元気 フローラ健康科学研究所 の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス

本気で腸内環境を整えるなら「 善玉元気 」

私たち人間の身体は、 40 歳を過ぎる頃には腸内細菌のバランスが乱れてきます。
腸内には多くの種類の本当に数えきれないほどの数の細菌が棲息していて、それらがまるで花畑(フローラ)のように見えることから、腸内フローラと呼ばれています。

この腸内フローラのバランスが乱れると、健康だけでなく見た目にも影響します。
腸内細菌でよく知られているのが善玉菌と悪玉菌。文字どおり善玉は腸の調子を良くし、悪玉は悪くするのですが、食生活やストレス、そして年齢を重ねることによって、腸内には善玉菌が減り、悪玉菌が増えてしまうのです。

腸内環境を整えるために、ヨーグルトをはじめ納豆やキムチといった発酵食品を普段から積極的に食べているという人、サプリメントを摂取している人はたくさんいると思いますが、そのうちそれらの効果を実感できているという人は、どれくらいいるでしょう?

例えば「生きて腸まで届く」という良い菌を摂っていたとしても効果を実感できないのは、腸内を菌が素通りしているから、かもしれません。外から取り入れた菌は、腸まで届いたとしてもそのまま腸を通過し、数日で排出されてしまいます。

大事なのは、もともと自分の腸の中に棲んでいる善玉菌を守りながら育てる「育菌」なのです。

腸内環境を整える 善玉元気

腸内環境を整える 善玉元気

短鎖脂肪酸が主成分の乳酸菌発酵エキス

そこで注目したいのが、「乳酸菌発酵エキス」です。この乳酸菌発酵エキスは、乳酸菌そのものではありません。善玉菌から作られる健康成分で、メディアでも話題の短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)をはじめ、必須アミノ酸、アミノ酸、遊離アミノ酸、ビタミンB群葉酸、オメガ3 など、なんと752種類もの有用な成分が含まれています。

乳酸菌発酵エキスの主成分である短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)は、私たちの大腸で作られています。腸内細菌が食物繊維(難消化性糖類)を発酵する時に短鎖脂肪酸が産生され、健康維持に欠かせない役割を果たしています。また、体内に吸収される前の腸管でも重要な働きをしています。短鎖脂肪酸は酸性の成分なので、短鎖脂肪酸ができると腸内環境が弱酸性になり、悪玉菌の出す酵素の活性が抑えられ、有害な腐敗産物ができにくくなって、腸内環境が健康に保たれます。

そこで紹介するのが、この乳酸菌発酵エキスが含まれた、スティックゼリータイプのサプリメント『 善玉元気 』です。
乳酸菌ではない、乳酸菌発酵エキス。驚きのスッキリ実感力!
善玉元気 に含まれている菌は共棲培養という特別製法で作られていて、菌そのものの力を最大限まで引き出します。共棲培養による合計 56 種類の乳酸菌、ビフィズス菌の配合は世界初です。

乳酸菌サプリと違い、乳酸菌そのものではなく、厳選されたエリート乳酸菌・ビフィズス菌が発酵して生み出したエキスで(短鎖脂肪酸・必須アミノ酸、遊離アミノ酸など)が配合されています。

乳酸菌発酵エキス 善玉元気

乳酸菌発酵エキス 善玉元気

カラダにうれしい『 善玉元気 』の成分

さらに、乳酸菌発酵エキス以外にも、次の成分が配合されています。

  • おなかスッキリをサポートする水溶性食物繊維
  • 美容をサポートするオリゴ糖たっぷりの天然はちみつ
  • 若々しさをサポートするトランスレスベラトロール
  • 元気をサポートするクエン酸
  • 視界スッキリをサポートするアントシアニン

善玉元気 は、これらの成分で、健康的で美しく、若々しい毎日の生活をサポートします。

安全性

そして、品質と安全性にもこだわっています。 善玉元気 には、合成保存料、合成着色料、香料、乳化剤、酸化防止剤、人工甘味料など、余計な添加物は入っていないので安心して摂ることができます。食べやすいスティックゼリータイプで、ソムリエが監修したベリー系の甘酸っぱい風味です。

善玉元気 のよくある Q&A

Q. いつ飲んだらいいですか?
A. 善玉元気 は薬ではなく食品なので、好きな時に召し上がっていただけます。

Q.毎日飲んだほうがいいですか?
A.加齢と共に乳酸菌は減少しますので、毎日続けることが大切です。 1 日に 1 ~ 3 包が目安です。

Q.ほかのサプリとの併用は可能ですか?
A.問題はありませんが、配合成分が重なるものもありますので、成分表示の確認と量の調整をお願いします。

Q.妊婦ですが、摂取できますか?
A.妊娠中や授乳中でも摂取していただいて心配ありませんが、念のため医師に相談してください。

Q.食品アレルギーがあるのですが大丈夫でしょうか?
A.公式ホームページや商品カタログに、原材料がすべて記載してありますが、使用されている原材料は以下のとおりです。
はちみつ、還元難消化性デキストリン(水溶性食物繊維含有:とうもろこし由来の天然デンプン)、乳酸菌発酵エキス(大豆由来:豆乳を乳酸菌・ビフィズス菌発酵後、抽出エキス)、ブルーベリー果汁、トランスレスベラトロール、ビルベリーエキス(北欧産野生ビルベリー)、増粘多糖類(海藻由来である寒天およびカラギナンを中心:ゼリー化に利用)、クエン酸三ナトリウム、乳酸、クエン酸。です。
お客様のお体に合わない原材料がある場合は、控えてください。

善玉元気

善玉元気

腸内環境が整うと健康的になるだけでなく、お通じが改善され、美容面にも精神面にも効果を発揮します。今まで、どんな乳酸菌サプリメントを試しても効果が出なかった人、便秘を改善したい人、いつまでも若々しく元気でいたい人におすすめのサプリメントです。

善玉元気
乳酸菌ならこれ!オールインワンサプリメント「 善玉元気 」

関連ページ: