投稿者「admin」のアーカイブ

正しい食物繊維の摂り方でないと便秘は悪化!便通を強力に促進する繊維が豊富な「ゴボウ茶」がおすすめ

3人に1人が便秘というまさに国民病化してしまった便秘ですが、この時代にこれだけの健康食品や便秘改善食品があるのに一向に減りません。どうしてでしょうか?
対応策を間違っている場合が多いからです。

便秘が治らない慢性便秘の人は水溶性食物繊維を意識する

便秘の解消に役立つ栄養といえば、食物繊維です。しかし、食物繊維は正しくとらないと、かえって便秘を悪化させてしまう恐れがあるため、注意が必要です。

食物繊維には、水溶性(水に溶けやすい性質)と不溶性(水に溶けにくい性質)の2種類があります。水溶性の食物繊維は、水分を含むとゲル状(固体と液体の中問の状態)になり、便を軟らかくする働きがあります。
さらに、腸内の善玉菌(乳酸菌など) を増やし、便秘の原因になる悪玉菌(ウェルシュ菌など) を減らす働きもあります。

一方の不溶性の食物繊維は、便のカサを増やして、大腸の煉動運動(内容物を先送りする働きを活発にする働きがあります。ここで注意したいのは、普段から慢性的な便秘に悩んでいる人。こうした人は、腸の筋肉が弱って蠕動運動が十分に行えない状態になっているのです。

腸内にってきた便をスムーズに運べない状態になっています。こうしたタイプの人が不溶性の食物繊維をいきなり大量にとると、腸内に便がつまってしまい、逆に便秘が悪化することもあるのです。不溶性食物繊維をたっぷり食べると逆に便秘が重症化してしまうのです。

そのため、慢性便秘に悩まされている人は、まずは水溶性の食物繊維をとることを心がけましょう。水溶性の食物繊維は、コンプやワカメなどの海藻類やサトイモ、果物などに多く含まれています。

とりわけ、慢性便秘で悩む人におすすめしたいのが、ゴボウを皮ごと薄切りにして乾燥させ、お湯を注いで作る「ゴボウ茶」の飲用です。

ゴボウには、水溶性と不溶性の食物繊維がどちらも多く含まれています。中でも、ゴボウには「イヌリン」という水溶性食物繊維が豊富に含まれています。
ゴボウについての詳細はこちら。
さらに、ゴボウには、イヌリンのほかにも、腸の善玉菌を増やす働きのあるフラクトオリゴ糖や、腸内で便のすベりをよくする成分も含まれています。頑固な便秘に悩まされている人にはぴったりのお茶です。
もちろんお茶でなくてもゴボウのきんぴらなどでも同様の効果があります。

しかし、こうした成分は、ゴボウの皮やその近くに多く含まれています。そのため、ゴボウの皮をむいて諷理する料理では、こうした栄養を十分に補えません。
その点、ゴボウを皮ごと使って作るゴボウ茶なら、水溶性食物繊維のイヌリンをはじめとする、ゴボウの便秘改善栄養を余すことなくとることができるわけです。

ゴボウ茶は簡単に手作りでき、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存すれば1ヶ月くらい持ちます。ゴボウ茶は、朝昼晩の食事中か食後に、湯飲み1杯分ずつ飲むようにしましょう。

個人差はありますが、ゴボウ茶を飲みはじめて1週間ほどで便が軟らかくなり、便通が整ってくるでしょう。ゴボウ茶の手作りがめんどうという人は、市販のゴボウ茶を利用してもいいでしょう。

女神のごぼう茶
100%九州産ごぼう使用【女神のごぼう茶】

ゴボウ茶の作り方
  1. ゴボウについている泥を流水できれいに洗い流し、皮ごと包丁で薄切りにする
  2. 新聞紙などに載せ、天日でからからになるまで干す。電子レンジを使ってもいいでしょう。
  3. 2のゴボウをフライパンに入れ、弱火で5分ほど炒る。ゴボウの色が変わったら火を止めて冷ます。
  4. できたゴボウ茶を大さじ1杯ほど急須に入れてお湯を注ぎ普通のお茶のように飲む。保存は密閉容器で。

腸内環境を整え免疫力向上、便秘、ガン、糖尿病、アトピーを防ぐリンゴは万能薬




山形県産ほんふじりんご

中性脂肪や有害重金属に吸着し体外に排出する

以前から、果物の栄養や機能性を研究し、その優れた健康効果に魅了されてきました。私自身、朝はリンゴやバナナなどをよく食べますし、体調を崩してしまった方々にもお勧めしています。今の季節、旬でおいしいリンゴがお勧めです。リンゴは昔から、「医者いらず」といわれるほど、健康効果の高い果物です。子供のころ、カゼをひいたりお腹を壊すとすりおろしリンゴを食べた方も多いと思います。

熱があって食欲がなくても、すりおろしたリンゴなら抵抗なくとることができます。そして翌日には、カゼの症状が軽快したものです。消化器の分野ではリンゴは腸をきれいにして腸内環境を整えてくれる、おなかに優しい果物として人気です。

リンゴの健康効果は、世界各国の研究で次々と解明されてきました。リンゴには次のような、すばらしい成分が豊富に含まれています。

リンゴペクチン

リンゴペクチンは水溶性の食物繊維です。大腸で善玉菌のえさになつて善玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを整えます。また、便のかさを増し、便通を促進してくれます。

こうして腸内環境がよくなれば、便秘や下痢、過敏性腸症候群など、腸の病気の予防・改善につながります。免疫の働きの約70%は、腸内細菌が築いているといわれます。腸内環境がよくなれば、免疫力が高まり、ガンの予防も期待できます。

大腸ガンについては、リンゴの研究で知られる富山大学医学部の研究グループが、リンゴペクチン20%入りのえさをラットに与えたら、ガンの発症率が半減したという報告もあります。また、リンゴペクチンは胃液と混ざって粘度を高めます。すると、食べた物がゆつくり胃から腸に送られるようになるので、血糖値の急激な上昇が抑えられます。

さらに、中性脂肪や有害重金属などに吸着して、体外に排出する作用もあります。つまり、リンゴに多く含まれるペクチンは、糖尿病や脂質異常症などの予防・改善にも効果が期待できるのです。

シミやくすみを防ぎ美白効果も期待できる

リンゴポリフェノール

リンゴポリフェノールは植物由来の機能性成分で、赤いリンゴの果皮に多いアントシアニン、果肉に多いプロシアニジンのほかにも、果皮と果肉にはエピカテキンなどが含まれています。いずれも強い抗酸化作用を持ちます。

抗酸化作用とは、細胞や脂質を酸化し傷つける、活性酸素を消去する働きです。ですから、ポリフェノールの豊富なリンゴをとると、細胞の老化を抑制し、ガン、動脈硬化、脳卒中などの生活習慣病の予防・改善に役立ちます。

ポリフェノールには、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンを抑える働きもあり、ぜんそくやアトピー性皮膚炎、花粉症なども防いでくれます。また、日本体育大学大学院の研究では、ポリフェノールには内臓脂肪を減少させて、筋肉を増強する作用のあることもわかっています。さらに、体内で発生するメラニンを抑制するため、シミやくすみの防止、美白効果も期待できます。

カリウム

カリウムは、体内で過剰になったナトリウムを排出し、血庄を下げる作用があります。弘前大学の研究で、リンゴをよく食べる人は高血圧になる人が少ないこともわかっています。

有機酸とビタミンC

リンゴのさわやかな酸味は、リンゴ酸やクエン酸などの有機酸によります。有機酸は、エネルギーの元を作るクエン酸回路を回して細胞の代謝を活性化し、疲労の回復を早めます。脂肪の燃焼も促進されるので、ダイエット効果も高まります。

また、リンゴをとると血中のビタミンC量が増えることもわかっています。リンゴに含まれるビタミンCは、あまり多くはありません。リンゴに、ビタミンCの体内への取り込みを促す成分が含まれているためだと考えられます。ビタミンCが増えれば、免疫力アップ、疲労回復、美肌などへの効果も期待できます。

リンゴは食物繊維が多いので、1個食べると満腹感があります。朝や食事の前に食べれば、食事の量を減らせて、ダイエットにも有効です。リンゴはきれいに水洗いして、皮付きのまま食べてください。皮にはポリフェノールだけでなく、リンゴペクチンも豊富に含まれています。

ときには煮たり焼いたりして食べてもいいでしょう。加熱すると、ペクチンの活性酸素を処理する能力が著しく高まります。甘みも増します。一方で加熱すると、ビタミンCのように壊れる成分もあります。生で食べたりすりおろしたり、いろいろな食べ方を楽しんでください。

ヨーグルトやキムチ、納豆などの発酵食品といっしょにとると、乳酸菌と食物繊維の作用で、さらに腸内環境がよくなります。食べる量は、1日半個から1個が目安です。毎日のリンゴで腸の健康を保ち、病気を遠ざける生活を送ってください。




山形県産ほんふじりんご

排便はタイミングがとても大切

寝ている間に開いていた骨盤がだんだん閉まっていき、活動モードになると目が覚めます。骨盤が閉まると、骨盤内の容積は小さくなるので、その中にあるうんちに気づきやすくなります。つまり便意を感じやすくなるのです。
朝の排便のタイミングを逃すと、再び骨盤が開き次の閉じるタイミングまで気づけないということになってしまいます。

また、昼間は、実は排便には適さない時間帯でもあります。なぜなら、夜行性以外の野生動物は、昼間は狩りをして食べものを探し、夜は自分の寝床で食べたものを排泄します。これを人間に置き換えると、人が昼間すべき狩りというのは、「仕事」のことです。

動物が自分の居場所を知られないために狩りの最中に排泄しないように、人間も闘いのまっただ中である仕事中だと、安心して排泄ができません。ただ、野生の動物は排泄を我慢することはないけれど、人間は違います。しかも、その行為を他人に見られたくないという気持ちが強くあります。

排泄行為を他人に見られたくないというのは、いち動物である人間の中に、潜在的にある抵抗感です。でも、からだのためには、昼間でもどこでも便意を感じたらそれは大きなチャンス。せっかくだから出してしまいたいものです。
だから、普段から自分の家と同じくらい、リラックスして排泄できる場所、つまり特定のトイレを見つけておくことがとても大事。これは「自分のテリトリーをつくる」ということと同等です。たかがトイレの場所とあなどらず、安心して排泄できる場所を探すことによって、「3日間リセット」の効果を、より実感できるはずです。
3日で疲れた体を蘇らせるリセットプログラム

低GI食は便秘、美肌にも効果あり

低インシュリンダイエットを行った人には、体重が減ってやせただけでなく、「便秘が解消した」「肌荒れが治った」「生理不順が改善した」という効果まであらわれています。これには、低GI食としてすすめる食材のなかに、多くのビタミンやミネラル、繊維質が含まれているからなのです。

まず、低GI食の基本としてすすめたいのが、玄米です。いつも食べている白米は、玄米の外側をうすく削り取って精米したものです。精米すると、ぬかと胚芽部分が取り除かれてしまいますが、ぬかの部分には繊維質が多く含まれています。

そのうえ、ぬかと胚芽部分にはビタミンやミネラルもたくさん含まれています。玄米を精米してしまうと、ビタミンB1は約80%失われ、ビタミン臥とビタミンB2は50%、そしてビタミンB6、マグネシウムやセレンなどのミネラルも失われます。
また中性脂肪を減らしたり、肝機能を改善したりするギャバと呼ばれる成分が、玄米には多く含まれています。「1日30品目の食品を食べよう」とよくいわれますが、これは白米を主食にすることを前提としています。

しかし、玄米にはさまざまな栄養が豊富に含まれているので、玄米を主食にすれば、おかずが簡単なものでも、ある程度栄養バランスがとれるという学者もいるほどです。

また、パンやパスタは小麦全粒粉でつくられたもののほうが、低GIです。小麦全粒粉はグラハム粉ともいい、小麦を外皮から中心部まで全部粉にしたもので、ふすまや胚芽がそのまま残っているため、食物繊維やビタミンB群の宝庫です。

一般に使われている小麦粉は製粉されて、外側の繊維質の多い部分が取り除かれてしまっています。ライ麦と小麦とでは麦の種類が違います。ライ麦全部を挽けばライ麦粉ですが、ライ麦パンは、ライ麦粉だけだふくと膨らみにくいので小麦粉を混ぜてつくられています。
それでも、小麦粉だけのパンより繊維質やビタミンなどが豊富です。

また、繊維質が含まれる野菜、豆類、きのこ類にもビタミンやミネラルはたくさん含まれています。このように、低GI食には、さまざまな栄養素が豊富に入っているため、やせるだけでなく、体質も改善され太りにくくなるとともに、便秘解消や美肌効果などのほかの健康効果まで発揮してくれるのです。

低インシュリンダイエットについてはこちら。

なめこの粉末で即、2kgダイエットし、肌荒れも解消

脂性も改善

私は、ひどい便秘に悩まされ続けてきました。しかし、便秘を薬で治すというのは副作用もありそうだし、薬なしで排便できなくなったらいやだな~と思い、便秘薬はずっと敬遠してきました。

人に聞いた話では、便秘薬だと便が出ることは出てもおなかが急に痛くなったり、とんでもないところで便意をもよおしてしまったり、と大変な目にあうことも多いと聞きました。そんなとき、同じように便秘に悩む友人から、「ナメコを粉末にした健康食品があって、便秘にすごく効果がある」と教えてもらったのです。

ナメコの粉末ならば、食品と変わらないから安心だと思い、飲んでみることにしました。その健康食品は、食用のナメコを乾燥させて粉末にし、オリゴ糖(糖質の一種)を混ぜたものだそうです。飲むのは、朝と夜の2回です。多めの水といっしょに飲むとよいというので、コップ2杯の水を飲むことにしました。

最初は飲みにくいかなと思ったのですが、意外にも無味無臭で、簡単に飲むことができました。最初は、おなかがグルグルするような感じがするくらいで、これといった変化はなかったのですが、2日目から突然、快調なお通じがやってきたのです。それ以来、半年になりますが、まさに快便継続中です。毎日、自然なお通じがあることがこんなに気分のよいものだったのかと本当にひさしぶりに感じ入ったものです。

便秘が解消されると、それによって、さまざまな症状も消えていきました。
まず、肌荒れが解消したのはうれしかったです。便秘が解消して2週間ほどで肌も調子がよくなってきました。ひどい脂性で、特に、生理のときに肌が荒れブツプツができることが多かったのですが、そうした症状も、ナメコの粉末を飲み始めてからは、うそのように消えていきました。

そして、もう1つ驚いたのがダイエット効果です。私は、これといったダイエットをしたわけでもないのに、ナメコの粉末を摂り始める前と比べると、2kgのダイエットに成功しました。

薬も効かなかったのに

私は、このナメコの粉末を両親にもすすめました。母は特に便秘というわけではなかったのですが、「毎日1回だったお通じが2回にふえた」と喜んでいました。
父は、最大血圧が170mmHGという高血圧だったのですが、ナメコの粉末を飲み始めてから、150mmHGにまで下がってきたそうです。正常値まではもう少しですが、当の本人は「病院でもらってきた薬でも効かなかったのに、なんで下がったんだろう」と不思議がっていました。

私もそのメカニズムはよくわかりませんが、ナメコには血液をサラサラにする作用がある、という話を開いたことがあります。父も血液がキレイになり、血圧も下がったのではないかと私は考えています。ダイエットに成功し、父の血圧も下がったのを機に、私はあらためて食生活に気をつけるようになりました。

なめこの血液ドロドロ改善効果

極力外食をしないように心がけ、キノコ類を食べるように注意しています。そもそも私は、ナメコは決して嫌いな食べ物ではなかったのですが、これまでは、なんとなく縁がなかったのです。

今では、健康食品だけでなく、ナメコそのものも食べるようにしていこう、と考えています。仕事が忙しくなると、どうしても外食に頼らざるをえなくなることはあります。でも、最終的には、ナメコの粉末があることを考えると、気分的にも楽になれるから不思議です。ナメコの粉末を摂り始めてから半年が過ぎて、おなか周りも、少しスッキリしました。あらためて振り返ると、前はよくひいたカゼも、この半年は全くひいていません。もちろん、便秘も完全に解消して気分も爽快。これからも、ナメコの粉末だけは続けていこうと思っています。