腸内細菌のバランスを整える 乳酸菌 のパワーで理想の便をつくろう

腸内細菌のバランスを良くして腸内環境を整える 乳酸菌 に関する情報です。

腸内に 善玉菌 を増やす 乳酸菌 パワーで理想的な便をつくる

近年、私たちの身体への健康にいろいろ効果的であるとして話題となっている 乳酸菌 ですが、乳酸菌の一番の働きは、なんといっても 腸内環境 を整え便秘や下痢を解消することです。

私たちのおなかの中には、大きく分けると、腸内で良い働きをする 善玉菌 と、悪い影響を与えるといわれている悪玉菌、そしてどちらにも属さず優勢なほうに傾くという日和見菌( ひよりみきん )の 3 種類が存在していて、この 3 種類の菌たちは腸内でバランスを保っています。 乳酸菌 は 善玉菌 の中の一種です。

乳酸菌 というのは糖を分解して50 % 以上の乳酸をつくり出す細菌の総称で、乳酸発酵によって、ヨーグルトをはじめとしたさまざまな発酵食品をつくります。チーズ、サワークリーム、発酵バター、味噌、醤油、漬け物などがあり、食品によって使われる 乳酸菌 の種類も違います。この乳酸発酵によって、食べ物は消化・吸収されやすいかたちになります。

乳酸菌 が含まれる発酵食品

乳酸菌 が含まれる発酵食品

乳酸菌 が腸内に入ると、腸内を弱酸性にして悪玉菌を撃退し、それによって、もともと腸内にすんでいる 善玉菌 が増殖しやすい環境をつくります。さらに、 乳酸菌 が腸を刺激して、 蠕動運動 ( ぜんどううんどう )を促進します。腸内環境が改善されることで、便の回数や量を増やしたり、便を適度なやわらかさにするなど、ガンコな便秘にも効果を発揮するというわけです。

ヨーグルトの 乳酸菌 は、加熱しても 善玉菌 がすみやすい環境をつくる乳酸や、 善玉菌 のえさとなる乳糖はそのまま残ります。しかも、死滅した 乳酸菌 は食物繊維と同じような働きをして、便のかさを増やします。
身近な食品に含まれている 乳酸菌 にも種類はいろいろありますが、乳酸菌食品の代表とされるヨーグルトなどを毎日摂取するよう心がけて、まずは快便を目指しましょう。

現在では、乳酸菌自体から便秘や下痢に効果的なサプリメントなどもつくられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください