和の食品でも乳酸菌をゲット、漬け物の乳酸菌は長く漬け込むほど増える

日本人が昔から食べてきた発酵食品で乳酸菌を摂取する

乳酸菌を含む食品は、ヨーグルトだけではありません。漬け物や味噌、醤油、日本酒といった、日本の伝統的な発酵食品にも生きた乳酸菌が含まれています。
こうした食品の乳酸菌は、仕込みのなかで自然発生して(または添加されて)、酸性を保って雑菌の繁殖をおさえ、発酵と熟成を促進します。
さらに酸味を与えるなど、それぞれの食品特有の旨みを出す役目を果たします。
和の食材で乳酸菌摂取を目的に食べるなら漬け物、中でもおすすめは「ぬか漬け」です。
あの独特の酸味は、まさに乳酸菌の産物なのです。

乳酸菌には、牛乳からつくられているヨーグルトやチーズといった乳製品に含まれる動物性乳酸菌と、日本人が昔から摂取しつづけてきた味噌や漬け物など発酵食品に多く含まれる植物性乳酸菌があります。
植物性乳酸菌は、動物性と比べると、過酷な環境でも生き抜くことができて、より腸を元気にするといわれています。日本人の身体には、植物性乳酸菌のほうが合っているようですね。
ヨーグルトはちょっと苦手だという人は、いつも食卓に漬け物を欠かさない、味噌汁を毎日食べるなど、和食で乳酸菌を摂る工夫をしてみましょう。
ぬか漬けの手作りセットなども販売されているので、興味がある人は自分で作るのも楽しいかもしれません。

漬け物の乳酸菌は漬ける時間が長いほど発酵がすすんで乳酸菌の数が増える

乳酸菌が含まれている食品は腸の調子を整えてくれますが、日本の伝統食である発酵食品の漬け物は、とても魅力的なものです。

漬け物の材料となる野菜には、野菜自体にビタミンやミネラル、そして食物繊維が豊富に含まれていて腸をきれいにする力が高いのですが、漬け物にすると、乳酸菌の働きがプラスされてさらに快腸さがアップします。

また、漬け物の乳酸菌は、血圧やコレステロールを下げることでも注目されているGABA(ギャバ)をつくりだす力がとても強くて、漬ける時間が長いほど発酵がすすむので乳酸菌の数が増え、GABA(ギャバ)も増えます。

乳酸菌を含んだ漬け物といえば、韓国のキムチも日本の食卓には馴染み深いものでしょう。
特に、材料にアミやイカの塩辛などの動物性タンパク質を使ったキムチは、タンパク質がアミノ酸に分解されることでさらにGABAへ変化するため、乳酸菌だけでなくGABAもたっぷり。
乳酸菌の数は、漬けてから2~3日ほどで1グラム当たり1、000~10、000個にもなるそうです。
キムチやパックに入った塩漬けのように、洗わなくてもそのまま食べることができる漬け物なら、乳酸菌もGABAもそのまま摂取できます。

ぬか漬けにした場合には、ぬかに含まれる成分が野菜にも移ることと、乳酸菌がつくりだす分がプラスされることで、生野菜の状態と比べて、ビタミン類・ミネラルなどの栄養素がとても増えます。

このように、キムチや日本の漬け物には乳酸菌がたくさん含まれていて、腸内を酸性に保って、外部から侵入した病原菌を追い出してくれます。

腸内に善玉菌を増やす乳酸菌パワーで理想的な便をつくるにはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください