便のできるまで

お通じは大腸だけの働きでおきるわけではなく、脳や神経など、全身の機能がフル稼働して初めて排便ができます。
私たちが食べたものが便となって排泄されるまでの流れは、次のようになっています。

お通じのしくみ

胃で消化

食道から胃に入ってきた食べ物は、およそ4時間ほどかけて消化されます。

小腸で栄養を吸収

小腸では、7~9時間もかけて栄養分が吸収されます。

大腸へ

不要な食べ物のカスが小腸から大腸へ送り込まれます。この時はまだ液状です。

固形化

蠕動運動で送られていくうちに、だんだん固形化していきます。

一気に直腸へ

カスから姿を変えた便は下行結腸に蓄えられ、一定量たまると一気に直腸へ送り込まれます。

脳が便意をキャッチ

便の刺激により直腸内の圧が高まると、便意が脳に送られます。

脳から排便の指令

脳が指令を出すことにより直腸が収縮し、おしりの肛門括約筋がゆるんで排便されます。

それでは、食べ物を口に入れてから便となって排泄されるまでの様子を細かくみてみましょう。

This entry was posted in 便のできるまで.