プロバイオティクスについて

プロバイオティクスとは?

『プロバイオティクス』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
このプロバイオティクスとは、「腸内フローラのバランスを改善することによって人に有益な作用をもたらす生きた微生物」という定義で健康効果が実証された乳酸菌のことです。現在では「十分量を摂取したときに宿主に有益な効果を与える生きた微生物」が世界的な主流です。
なお、その微生物を含んだヨーグルトや乳酸菌飲料などの食品自体のこともプロバイオティクスと呼びます。

有益な作用としては、おもに、便秘や下痢を改善する、腸内の良い菌を増やし悪い菌を減らす、免疫力を回復させるなどが挙げられます。

腸を若返らせるには、いかに腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすか、がカギとなります。
これを効率良く助けるのが、生きた乳酸菌をたっぷり含んだヨーグルトなどです。
大切なのは、その乳酸菌が生きて腸まで届くことで、これを科学的に実証したのが「プロバイオティクス」と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌です。

ただ、乳酸菌やビフィズス菌のすべてがプロバイオティクスというわけではなくて、プロバイオティクスと呼ばれるには次のような条件を満たす必要があるのです。

プロバイオティクスと認められる条件

  • 生きたまま腸へ到達できる
  • 食べても安全なことが保証されている
  • もともと人の腸内にすみついていた
  • 腸内に定着して増殖できる
  • 人の健康にいい効果が認められる
  • 食品にして有効な菌数が維持できる
  • 安価であり取り扱いしやすい

プロバイオティクスは、日常的に摂り続けて健康を維持するのが目的なので、手頃な値段であって、処方せんを必要としない食品として利用できることに意味があります。

乳酸菌パワーで理想の便をつくろう、はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください