食物繊維がおなかをスッキリさせる

日本人は煮物やおひたしなどから食物繊維を自然に摂取していますが、食生活の変化にともない、その摂取量は減少しています。外食、ファーストフード、出来合いのお総菜などを多く食べる習慣がついてしまっているとどうしも食物繊維不足になってしまいます。

食物繊維は1日に20~25gくらい摂るのが目標ですが、野菜やきのこ、海藻類を食べると、水溶性と不溶性の両方の食物繊維を摂ることができます。

水溶性の食物繊維は、腸内の乳酸菌を増殖して活性化させるので、ポッコリおなかにならないために必須です。そして、不溶性の食物繊維は、水分をたくさん含んで膨張し、便の量を増やして排便を促します。

また、不溶性の食物繊維は硬いため、自然によく噛んで食べるので、早食いや食べ過ぎが防げます。
おから、ひじき、切り干し大根、こんにゃく、わかめ、もずくなど、ダイエットにも適した低カロリーの食材に食物繊維は豊富です。
日本の食卓でおなじみの食材には食物繊維が多く含まれているのです。
できるだけ日本食を心がけるようにすると、より多くの食物繊維を摂取でき、食事で便秘解消に期待できます。

This entry was posted in 便秘解消に食物繊維.