酢+たまねぎ 酢たまねぎの便秘解消効果は強力(ケルセチン、オリゴ糖)

便秘解消、腸内環境改善に強力な効果を発揮する「酢たまねぎ」

たまねぎにたっぷり含まれるケルセチンは快便には欠かせない腸の蠕動運動を活発にする働きがあります。
食事の最初に食べる「酢たまねぎ」のたっぷり有効成分がしっかり効く、高血圧、糖尿病、高脂血症、便秘、動脈硬化などなど

同時にオリゴ糖や食物繊維が便通をよくするので、酢たまねぎを毎日食べると、快便になります。

オリゴ糖は、善玉菌のえさになるということで便秘改善のためにとっている人も多いのですが、ちょっと質のいいオリゴ糖は結構、高いです。こちらなどもよいオリゴ糖です。
また、オリゴ糖は、少し量をたくさん摂らないといまひとつ効き目がわかりません。女性であれば、いくら腸によくてもカロリーも少し心配になります。そんなことからも酢たまねぎならたくさん食べてもたまねぎですからカロリーは、心配無用です。

オリゴ糖や食物繊維は、腸内細菌のバランスをよくするためにも働きます。腸内には、たくさんの腸内細菌がすんでおり、有益な働きをする善玉菌と、有害な悪玉菌が、絶えず勢力争いをしています。善玉菌が多いほど健康が保たれ、悪玉菌が多いと病気の危険性が高まります。

オリゴ糖や食物繊維は善玉菌のエサになるため、酢タマネギでこれらを補給すると、善玉菌を増やすのに役立ちます。その結果、腸の働きが整うとともに、全身の健康づくりにもつながるのです。

便秘や腸内環境の改善に役立てるには、酢たまねぎを野菜や海藻、キノコなどと一緒に取るとより効果的です。これらにも食物繊維が多いので、相乗効果が得られるからです。

This entry was posted in 便秘解消に食物繊維.