水溶性食物繊維「アルギン酸」とは

「アルギン酸」て、聞いたことがありますか?
アルギン酸は、食品の水分を抱え込んでゼリー状になる水溶性の食物繊維です。

食べ物だと、わかめや昆布、ひじきなど、褐色の海藻類に含まれています。
海藻の細胞の間に存在しているあのヌメリ成分で、海水中に含まれる様々なミネラルと塩を形成し、細胞と細胞の間をゆるいゼリーのような状態で満たしています。

一方で、藻類から抽出されたアルギン酸ナトリウムやアルギン酸カリウムは、水やお湯に溶かすと粘り気のある水溶液になります。これらは、好ましくない物質が体内に吸収されるのを妨げ、便として排出させるなど私たちの健康維持に役立つと期待されているのです。

そして、働きとして、肥満や便秘、生活習慣病を予防します。

アルギン酸カリウムは、胃酸の影響を受けると胃の中でカリウムを放出して、そのあと小腸でナトリウムと結びついたアルギン酸は、〔アルギン酸ナトリウム〕となって体の外へ排出されます。
また、アルギン酸から分離したカリウムは腸から吸収されて、血液中のナトリウムを追い出します。このように、血圧が上昇するのを抑制する作用があるので、高血圧が予防できると考えられています。

腸管内で高粘度のゼリー状に形成されると栄養素の吸収はゆっくりになり、食べ過ぎを防いでくれることから、肥満の予防になるといわれています。なお、便をやわらかく、便のかさを増すことから、腸のぜん動運動が活発になり、便秘の予防につながると期待されています。

アルギン酸の摂取方法について はこちら。

This entry was posted in 便秘解消に食物繊維.