食物繊維は便のかさを増す


食物繊維というと、すじっぽいものを想像しがちですが、山芋のネバネバや魚介にも含まれ、厳密には繊維でないものも含めて、人間の消化酵素では消化されない成分の総称です。
食物繊維は、動物性の食品よりも植物性の食品に多く含まれ、食品によって種類も様々です。
大きくは、水に溶けるものと溶けないものの2種類に分けられます。
水に溶ける食物繊維には、ペクチン質、植物ガム、粘質物、海藻多糖類などがあります。
水に溶けない食物繊維には、セルロース、ヘミセルロース、リグニン、キチンなどがあります。
 
消化吸収されない食物繊維がなぜ必要なのか、という疑問がありますが、腸の中で不要となったものたちを繊維がかき集めて1つにまとめます。そして、便のかさを増すのが一番の役目です。
同時に繊維は腸壁を刺激し、便意を促します。また、かき集めるときに、繊維がスポンジのように水分を吸って便のかたさとボリュームを調整したりします。
便秘で悩んでいる人には、とても嬉しい存在なのです。

This entry was posted in 便秘解消に食物繊維.