りんごで整腸、便秘解消

りんごは、ペクチン、カリウム、りんご酸などを豊富に含み、とても高い整腸効果があります。

ペクチンは、あらゆる果物や野菜に含まれる水溶性の食物繊維です。
下痢や便秘を防ぐ整腸作用があり、他にはコレステロールの低下、血糖値の正常化作用などもあります。

そして、カリウムには塩分の排泄を促して血圧を下げる効果があります。
りんごペクチンには、有害な菌の繁殖を抑制する作用があって、腸内を弱酸性にして、悪玉菌や病原菌を減らし善玉菌を増やします。

その効果は、柑橘類のペクチンと比べると約2倍です。
また、食事でとったコレステロールや発ガン物質を吸着して速やかに排泄する効果もあり、まさに腸のお掃除屋さんと言えるでしょう。
こんなすばらしい効果のあるりんごを食べて、便秘を解消しましょう。
下痢の時や病気で胃腸の調子が良くない時には、りんごをすりおろして食べますが、これもペクチンが腸内で大腸菌などの繁殖を抑え、善玉菌を増やす整腸作用を利用したものです。

ここがりんごのスゴイところ! りんごと便秘解消の関係

冬には、旬のりんごで腸を冷やしすぎてしまう人がいますが、冷蔵庫で保存している場合は、常温にしてゆっくりよく噛んで食べると非常に高い効果が得られます。

腸内環境を整え免疫力向上、便秘、ガン、糖尿病、アトピーを防ぐリンゴは万能薬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください