ヨーグルトは食後に食べるのが理想

残念ながら胃酸などの影響を受け死んでしまったビフィズス菌でも、コレステロールを吸着して排出したり、腸の免疫力をアップするのに役立つ、と考えられています。
とはいっても、乳酸菌にフルパワーで活躍してもらうためには、やっぱり生きたまま腸まで届いてほしいものです。
それには、ヨーグルトを食べるタイミングが大切になります。
そのタイミングがいつかというと、食事の一番最後です。

胃の中にほかの食べ物がたくさん入っていると胃酸の影響が抑えられるから、というのが理由です。
食後に食べることで、ビフィズス菌は胃酸の影響を受けにくく、腸まで届きやすいのです。
だから、デザートとしてヨーグルトを食べるのが理想的ということになります。
しかし、一般的なヨーグルトに含まれるビフィズス菌は腸内ですみ続けることができずに排泄されてしまうので、毎日食べることが大切なのです。

This entry was posted in ヨーグルト選び.