ヨーグルトのトッピング、甘味にはオリゴ糖がおすすめ

プレーンヨーグルトのトッピングで整腸効果や抗酸化力をアップする

ヨーグルトプラストッピングで、腸内環境をととのえて便秘をすっきり解消しましょう。

ハチミツ

濃縮された糖が大腸菌の増殖を抑え、グルコン酸がビフィズス菌を増やします。ミネラル吸収を高める効果もあります。マイルドな味になり、ヨーグルトの酸味が苦手な人におすすめです。

オリゴ糖

ビフィズス菌のエサとなり、腸内で善玉菌を増やすことが実証されていて、高い整腸効果が期待できます。甘味料として、シロップや顆粒タイプのものが市販されています。

ゴマ

ビタミンEや強い抗酸化作用をもつセサミンなどの相互作用で、細胞の老化を防ぎます。内臓の機能を高め、冷え性改善にも効果があります。

ココア

1週間ほどの摂取で、ヨーグルト並みの整腸作用を発揮します。ポリフェノールの抗酸化作用も強く、血液をサラサラにしてくれます。

抹茶

お茶に含まれているカテキンは抗酸化力が強く、ダイエット効果もあります。乳製品の臭みを緩和してくれるという利点もあります。

きな粉

大豆たんぱくがコレステロールや中性脂肪を排出します。イソフラボンには、強力な抗酸化力があります。オリゴ糖、食物繊維が豊富で、整腸効果も大きいです。

アーモンド

食物繊維のほか、良質の脂質、たんぱく質、ビタミンEやB群を含んでいます。脂肪の90%以上が不飽和脂肪酸でそのうちの70%がオレイン酸という優れものです。
ダイエットに効果的なナッツ&ドライフルーツはこちらが参考になります。

オリゴ糖で善玉菌を増やして腸内環境を改善

オリゴ糖は、善玉菌の大好物。腸内環境を改善するには、食物繊維や乳酸菌に加えて、オリゴ糖も一緒に摂ると効果的です。せっかくヨーグルトが腸にいいことがわかっていてもヨーグルトの独特の「酸っぱさ」に慣れなくて続けて食べるのが不安な人は、オリゴ糖を使えば、おいしく毎日続けることができます。

甘味料として使われるオリゴ糖は、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす働きがあります。間接的に善玉菌を増やす「プレバイオティクス」食品と呼ばれます。オリゴ糖は、食べるとほとんどが吸収されずに大腸に届き、ビフィズス菌のエサになります。悪玉菌には影響がなく、腸内は、善玉菌が優勢になるのです。

オリゴ糖の効果

オリゴ糖は、血糖値を急上昇させないし、カロリーは砂糖の半分だから太りにくく、生活習慣病が気になる人にも大丈夫。ただし、甘味は少ないので、砂糖に近づけるためにほかの糖質を含む商品もあります。腸内環境を整える目的なら、ほかの糖質が入っていてもオリゴ糖を必要量とれば効果は得られます。腸内環境の改善に加えて、血糖値が気になる人は、ほかの糖質を含まないものを選ぶと良いでしょう。

整腸効果を期待できる目安は、オリゴ糖のみの場合の量で、1日に1g~4gとなります。
そして、オリゴ糖の効果を高めるには、プレーンヨーグルトにトッピングして一緒に食べると腸内環境がより改善されます。ヨーグルトとオリゴ糖の最強タッグで、便秘を解消しましょう。

ヨーグルトを毎日食べて腸内善玉菌を保つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください