ヨーグルトを毎日食べて腸内善玉菌を保つ

ヨーグルトは毎日200g食べよう

腸内の善玉菌を増やすのによい食品といえば、ヨーグルトです。でも、ビフィズス菌をはじめとする多くの乳酸菌は、胃酸などに弱くほとんどが腸に届く前に殺菌されてしまいます。
そこで大切なのは、食べる量と、毎日続けて食べるということです。
おすすめの量は200g。これを毎日食べ続けると、2週間くらいで腸内の善玉菌が約10%増えて、善玉菌が優位の腸内環境を保てるといいます。だから、できるだけ毎日の習慣にしたいですね。

ヨーグルトは、メーカーごとに特徴のある乳酸菌を使用するなど工夫されているので、購入する時には自分に合った種類を選ぶとよいでしょう。現在では、胃酸にも強く生きたまま腸まで届く乳酸菌を使用した、プロバイオティクスヨーグルトも市販されていて、腸内改善を目指す人の強い味方です。

ヨーグルトは食後に食べるのが理想

残念ながら胃酸などの影響を受け死んでしまったビフィズス菌でも、コレステロールを吸着して排出したり、腸の免疫力をアップするのに役立つ、と考えられています。とはいっても、乳酸菌にフルパワーで活躍してもらうためには、やっぱり生きたまま腸まで届いてほしいものです。

それにはヨーグルトを食べるタイミングが大切になりますが、そのタイミングがいつかというと食事の一番最後です。それは、胃の中にほかの食べ物がたくさん入っていると胃酸の影響が抑えられるから、というのが理由です。食後に食べることで、ビフィズス菌は胃酸の影響を受けにくく、腸まで届きやすいのです。だから、デザートとしてヨーグルトを食べるのが理想的ということになります。しかし、一般的なヨーグルトに含まれるビフィズス菌は腸内ですみ続けることができずに排泄されてしまうので、毎日食べることが大切なのです。

毎日ヨーグルトを食べるには

理想は、1日200gのヨーグルトを毎日続けて食べること。飽きずにおいしく食べられるコツは、ちょっとした工夫にあります。

食べやすいヨーグルトから始めてみる

カロリーを考えると無糖プレーンがおすすめですが、酸味やとろみが苦手であれば、まずは食べやすいハードタイプやドリンクタイプから食べ始めるといいかもしれません。おいしいと思えないのに、「体のためだから…」と無理して食べるのは、逆効果です。最初は甘味が必要でも、だんだん慣れてくるでしょう。

甘みをプラスするならヘルシーなものを選ぶ

たとえば、目にいい抗酸化作用物質であって豊富なミネラルを含むブルーベリーのジャムは、ヨーグルトとの相性が抜群です。また、大腸の中でビフィズス菌のエサとなり、善玉菌をさらに増やしてくれるオリゴ糖がおすすめです。

さらりと飲めて栄養アップ!ドリンクを手作りする

のど越しがよくてゴクゴク飲めるドリンクヨーグルトも、工夫のひとつ。簡単に手作りしましょう。無糖のプレーンヨーグルトに同量の牛乳を加え、よく混ぜます。仕上げにレモン汁を少々加えて、ビタミンCもプラスしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください