ヨーグルトを毎日食べて腸内善玉菌を保つ

ヨーグルトは毎日200g食べよう

腸内の善玉菌を増やすのによい食品といえば、ヨーグルトです。
でも、ビフィズス菌をはじめとする多くの乳酸菌は、胃酸などに弱くほとんどが腸に届く前に殺菌されてしまいます。
そこで大切なのは、食べる量と、続けて食べるということです。

おすすめの量は200g。これを毎日食べ続けると、2週間くらいで腸内の善玉菌が約10%増えて、善玉菌が優位の腸内環境を保てるそうです。
だから、できるだけ毎日の習慣にしたいですね。

ヨーグルトは、メーカーごとに特徴のある乳酸菌を使用するなど工夫されているので、購入する時には自分に合った種類を選ぶとよいでしょう。
現在では、胃酸にも強く生きたまま腸まで届く乳酸菌を使用した、プロバイオティクスヨーグルトも市販されていて、腸内改善を目指す人の強い味方です。

This entry was posted in ヨーグルト選び.