機能性ヨーグルトには整腸作用プラスアルファの健康効果がある

目的別に乳酸菌を選ぶ

市販されているヨーグルトの中には、その整腸作用によって、特定保健用食品(トクホ)として認められているものがたくさんあります。

その基準は、プレーン、ソフト、ハード、ドリンク、フローズンといった形状にかかわらず、ヨーグルト1gあたり乳酸菌数1千万個以上の乳酸菌が含まれていることです。

そして、乳酸菌の持つさまざまな健康への効果が注目されています。
ヨーグルトのパッケージに、「LG」や「LC」などの文字を見たことがある人もいると思います。
まさにそれらが、何らかの健康効果を持つ菌や株の略称をあらわしているのです。

このようなヨーグルトは、特定の乳酸菌や株、成分を入れることで、整腸効果だけではなく、プラスアルファの機能が強化されていて、『機能性ヨーグルト』と呼ばれています。
例えば、免疫力を強化する、血糖値やコレステロール値をコントロールする、胃潰瘍の原因となるピロリ菌を減少させるなど、それぞれに機能を持っています。
市販されているヨーグルトのパッケージには、乳酸菌や株の名前が記されているので、今まであまり興味がなかったという人も、ちょっと気にして見てみましょう。

おもな乳酸菌と株

アシドフィルス菌、カゼイ菌

 小腸に多くすんでいる菌で、プロバイオティクス効果が高い。

ロイテリ菌

 免疫力の強化に役立つ。

LG21

 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌を減らす働きを持つ。

シロタ株

 別名、ヤクルト菌。生きたまま腸に届き、免疫力を強化する。

BE80

 生きたまま腸に届く。

LGG

 免疫機能やアトピーを改善する。

LC1

 生きたまま腸に届き、すみつきやすい。ピロリ菌の減少、免疫力の強化に役立つ。

This entry was posted in ヨーグルト選び.