便秘解消術」カテゴリーアーカイブ

ツボを押して便秘を改善する

ツボ押しで腸を刺激して快便にしよう

毎日便が出ていても、必要な栄養が体に吸収されないまま出てしまう軟便だったり、溜まっていた古い便=宿便が出ているときもあります。これらの症状を解消するには、腸の働きを刺激して、リズミカルに便を押し出す力を取り戻すことが必要です。また、全身の代謝を良くすることも、腸の活動を正常にすることに役立ちます。

東洋医学の『ツボ』では、そのコツを知れば、自分で簡単に不快な症状を改善していくことができるといいます。便秘もそうです。
人間の体には1,000個近くのツボがあって、それぞれのツボを指圧したり、お灸をすえることで特有の病気に効果的であるということは、よく知られています。

『ツボ』というのは簡単にいうと、血液など体液の総称である血(ケツ)と、血の運行をつかさどる気(キ)の両方の出発点、通過点、到着点のことです。 血と気、両方の不調和と過不足が病気の原因とされ、ツボを刺激することで、乱れを調整するというわけです。
とはいえ、体中にあるツボのどれを刺激すれば便秘解消に効くのか、素人にはなかなかわからないものです。

おなかの新陳代謝をよくする温風刺激

ツボを押す前に、まず、おなか全体をドライヤーの温風で温めてみましょう。熱いと感じたらドライヤーを体から離し、それからまた温風をおなか全体に当てます。これを、7回繰り返します。
こうすることにより臓器の新陳代謝がよくなり、オナラが出たり、おなかが鳴ったりして、便意が促されます。

それでは便秘を改善するためのツボを紹介していきます。

便秘解消に最適なツボは人差し指のつけ根。朝食後におこなうのが良い

便秘解消にもっとも効果が高いツボは、第二二間(だいにじかん)というツボで、左右の手の人差し指の中指側のつけ根にあります。この第二二間は、脳の排泄機能を刺激し、排便中枢をコントロールするツボなので、便秘解消には最適です。
第二二間のツボを刺激する時間はいつが良いかというと、それはズバリ朝食後です。これは、排便の時間を定めるためで、押してすぐに便意をもよおしてもトイレに行ける時間に行うと良いです。
左右の手の第二二間のツボを押してみて、痛いと感じるほうの手から始めましょう。ツボは、反対の手の親指と人差し指で挟んでもむように押します。回数は100回ぐらい、時間にすると1分ぐらいです。続いて、もう片方の手のツボを同じようにもみ押しします。
これを毎朝続けると、一週間~10日ほどで便秘が改善されてきます。

このほか、手のひらの薬指の第一関節のあたりにある「大腸」(だいちょう)というツボや、手のひらの小指の下のほうの手首のつけ根のあたりにある、「神門」(しんもん)というツボも便秘解消に効果的です。
そして、このツボ療法をさらに効果的にするのは、食事の時によく噛んで食べることです。理想は、ひと口入れたら50回よく噛んで食べましょう。便の質が良くなったり、排便がスムーズになります。

また、おへその横に「大横」(だいおう)と「天枢」(てんすう)という、2つのツボがあります。このツボも便秘を改善するためのツボです。
この2つのツボは、おへその横のラインにそって直線上に並んでいます。「大横」は、おへそから約指4本分のところ、「天枢」は、おへそと大横の中間のやや外よりにあります。どちらのツボも腸を刺激して、本来の力を取り戻し、便を押し出す力を助ける働きがあります。
押すときは、おへそから脇腹の方へ外に向かって押していきます。親指か人差し指を使い、左右同時にリズミカルに押しましょう。

規則正しい生活とツボ刺激で気分もおなかもスッキリ

環境が変化することによって、生活のリズムが変わったり、知らず知らずのうちに溜まったストレスが原因となり、春は便秘になりやすい季節です。
そんな便秘を解消するには、規則正しい生活を心がけて、毎朝トイレタイムをしっかり確保することが大切です。そして、食事の面では食物繊維や水分をしっかりとること、ある程度は体を動かすことも忘れないようにしましょう。

便秘のほかに、お腹が張ったりゲップが出たり、気分がイライラしたり落ち込んだりすることがある人にもツボ刺激がおすすめです。たとえば、ひざ下の外側にある「陽陵泉」(ようりょうせん)や、腕にある「支溝」(しこう)というツボを刺激すると、気の滞りが改善されます。

ストレスが溜まったら、リラックスすることを心がけ、ストレスも便秘も解消しましょう。リラックスのしかたはさまざまですが、リラックスして便秘解消も参考にどうぞ。

規則正しい生活とツボ刺激で気分もおなかもスッキリ

規則正しい生活とツボ刺激で気分もおなかもスッキリ

環境が変化することによって、生活のリズムが変わったり、知らず知らずのうちに溜まったストレスが原因となり、春は便秘になりやすい季節です。
そんな便秘を解消するには、規則正しい生活を心がけて、毎朝トイレタイムをしっかり確保することが大切です。
そして、食事の面では食物繊維や水分をしっかりとること、ある程度は体を動かすことも忘れないようにしましょう。

ツボ刺激で気分もおなかもスッキリ

便秘のほかに、お腹が張ったりゲップが出たり、気分がイライラしたり落ち込んだりすることがある人はツボ刺激がおすすめです。
たとえば、ひざ下の外側にある陽陵泉(ようりょうせん)や、腕にある支溝(しこう)というツボを刺激すると、気の滞りが改善されます。

陽陵泉(ようりょうせん)

ひざの外側のほうで、斜め下にある骨のでっぱりの下のくぼんだところ。手をげんこつにして、たたくように刺激します。

支溝(しこう)

腕の手の甲側、手首を反らすとできるシワから指をあて4本分先のところ。ひじと手首の中間辺りの、骨と骨の間にあります。
爪をたてるような感じにして強めに押し、刺激しましょう。

【トイレ習慣をつけるにはこちらのツボ!】 → 朝食後のツボ刺激でトイレ習慣を

リラックスして便秘解消

胃腸はストレスの影響を大きく受けます。多くの人が、職場や学校、そして家庭内での心配事などが日常的なストレスとなっていることでしょう。ストレスを受けると、腸の蠕動(ぜんどう)運動が正常におこなわれなくなるため便秘や下痢を起こしやすいのです。
「第二の脳」とも言われる腸は精神状態と大きな関係があることが知られていて、さらに私たちの免疫力にまで影響します。

適度に運動をしてバランスのよい食事を摂っていても、便秘が改善されなかったり、下痢を繰り返したり、原因のよくわからない便通異常がある場合、もしかしたらそれはストレスによるものかもしれません。些細なストレスに気づかないこともありますが、ストレスが溜まっていると感じたらそれを解消することが大切です。

ストレスによる便秘について詳しくはこちら

こちらは、ハーブやアロマの香りでくつろぐ、音楽を聴くことなどによって心と身体をリラックスさせて便秘を改善していこう、というページです。

ハーブは薬草や香草を意味し、私たちの暮らしの中で役に立つ植物です。ハーブには鎮静作用のあるものがあって、リラックス効果に期待できます。
ハーブから抽出された香りの成分は、エッセンシャルオイル(精油)などに「アロマ」として使われます。

身体が緊張状態にあると、どうしてもあらゆるところに体調不良の症状があらわれてしまいます。ですから、リラックスすることを第一に考え、ハーブやアロマを上手に利用して、身体の緊張をといていきましょう。

天然のハーブの力を借りて、少しずつ身体を正常なお通じの状態に近づけていきます。これは、安眠、快眠にも効果的であるため、眠れない人にも試してみてほしいです。

アロマテラピーで心も体もリラックス

植物が持つ天然成分を、鼻腔や皮膚から吸収するアロマテラピー。
香りはストレスを癒し、腸の不調も緩和してくれます。
そして、オイルを使ったアロママッサージは、ダイレクトに腸に作用するので便秘解消にも期待できます。

エッセンシャルオイル(精油)は、ハーブなどの植物から抽出した100%天然オイルです。
その香りを楽しむ芳香浴はリラックス効果が高く、腸にも間接的に働きかけます。
さらに、芳香浴よりもダイレクトに作用するのがアロママッサージです。
精油をマッサージ用のキャリアオイルで1~2%に希釈して、お風呂あがりに床や畳など硬めの場所に寝ころび、オイルを少しずつ手にとって10~15分かけてゆっくりとおなかをマッサージしましょう。
特に、ミントには腸の動きを活発にする作用があり効果が高いです。

良い香りに包まれながらのマッサージなら毎日続けられそうですね。

腸のマッサージについてはコチラ

便秘の解消に効果的なエッセンシャルオイル

お風呂あがりのマッサージには・・・ラベンダー、ミント

おなかの張りが強いときに効果的です。
ラベンダーは筋肉の緊張を和らげるので、肩こりにも良いです。ミントは腸の動きを活発にする作用がありますが、体を冷やす作用もあるので冷え性の人は注意しましょう。

リラックスには・・・カモミール、ラベンダー、スイートオレンジ、ネロリ

どれもリラックス効果が高い精油です。
カモミールやネロリは比較的に高価なので、お部屋に1滴垂らして置くような際に用いると良いです。量を使うアロマバスには、ラベンダーやスイートオレンジがおすすめです。

【香りの効果的な楽しみ方】
アロマランプを用いるとロウソクのにおいがしたり、温められてすぐに揮発してしまうので、むしろ小皿などに水を張り、そこに2~3滴垂らして部屋の隅に置いておくだけのほうが良いでしょう。枕などに直接オイルを垂らすのは、香りが強すぎて返って神経が興奮してしまい逆効果です。
もし香りが物足りないようならば、エアコンの風があたる場所や暖かめの場所など、揮発しやすい所に置いてみましょう。
また、アロマディフューザーを部屋に置いておくと加湿になり、肌の潤いがアップします。

リラックスして便秘解消はこちら

ノンカフェインのハーブコーヒーで便通を改善 妊婦さんにも

デトックスコーヒーで便秘を改善する

タンポポコーヒー、チコリコーヒーを知ってますか?
色や風味がコーヒーに似ていることからそう呼ばれていますが、実は根の部分を乾燥、焙煎してつくられたお茶なのです。
ノンカフェインコーヒーだから、コーヒーの好きな妊婦さんや授乳中のママ、夜眠れなくなりそうだから飲めない、という人も安心して飲めます。

ヨーロッパでは昔から肝臓の疾患や便秘の改善に効果があるとして飲まれていたそうで、タンポポやチコリの根を乾燥させて焙煎したハーブコーヒーで、尿の出が良くなったり、便秘を改善する働きがあります。
体内のデトックスに重要な、肝臓の働きを活発にしてくれます。
タンポポは西洋で植物療法に用いられ、水分の排出を増やしたり、肝臓からの胆汁の分泌を高める生薬として使われるそうです。
化学物質などの毒素は、おもに肝臓で代謝され尿や便と一緒に体の外へ排出されます。
肝臓を元気にして尿や便の出を良くするタンポポには、デトックスパワーをアップさせる効果が期待できます。

チコリは日本人にはあまり馴染みのない野菜ですが、昔コーヒー豆を手に入れられなかった人が、コーヒーの代用品として飲んだのが発祥のようです。
チコリの根には、水溶性食物繊維であるイヌリンが豊富に含まれます。
この根を乾燥・焙煎する過程で、イヌロオリゴ糖という物質に変化して腸内細菌を増やすので、便通を良くする働きが期待できます。