効果的なハーブティーのいれ方・のみ方

せっかくいれるハーブティーだから、おいしく効果的にのみたいものです。
ハーブは、ドライタイプでもフレッシュ(生)タイプでもOKです。

フレッシュ(生)タイプは精油をより多く含んでいますが、成分が抽出されにくいので、ハーブの量を多めにするのがコツです。
ハーブティーで、おなかスッキリ、心もスッキリしましょう。
● 必要なもの(1人分)
急須もしくはポット、茶こし器、ハーブ2~3g(指3本でつまむくらいの量が目安)、水200cc

胃腸に効果的なハーブティーのいれ方とのみ方

入れ方

  1. ポットにハーブを入れ、熱湯を注ぐ。
     ここで、揮発成分が逃げないようにすぐにふたをするのがポイント。フェンネルなどの種子のハーブは、ビンの底などで軽くつぶした方が成分が抽出されやすい。
  2. ポットや急須、カップは、あらかじめ温めておく。
  3. そのまましばらく置き、抽出する。
     抽出時間は、花や柔らかい葉で3分、硬い葉や茎、フレッシュハーブは5分間が目安。
  4. 茶こし器などでこしながら、カップに注ぐ。

のみ方

  1. カップに注いだら、まずは湯気がたっているうちに、その湯気を十分に吸い込む。
     これにより湯気の中の揮発成分(精油成分)が鼻から吸収され、アロマテラピーを兼ねることができる。
  2. ある程度湯気が消えたら、お茶を口に含みゆっくり味わう。
     お湯に溶け出した成分が口の中やのどの荒れを鎮め、さらに頬や舌の裏側などの粘膜から、飲み込むより速いスピードでハーブに含まれる有効成分が毛細血管に吸収され、より効果的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください