息まないで出そう!「排便の姿勢」

便秘にならないためには、せっかくやってきた便意を逃さないように、ガマンしないでトイレに行きたいですね。

ところで、スムーズに排便する姿勢って知っていますか?
それは簡単。便座に座った状態で、上半身を前方へ傾けるだけなのです。
私たちのおなかの中には、直腸を前方へ引っ張っている「恥骨直腸筋」(ちこつちょくちょうきん)という筋肉があります。
大腸から続く直腸は、体の側面から見ると曲がっていて、恥骨直腸筋はこの直腸を引っかけて前方へけん引する働きをしています。

この筋肉が収縮すると直腸の角度が急になって、排便しにくい状態になります。
便座で上半身をまっすぐ立てた状態だと直腸が曲がったままで、無理に息むと直腸や骨盤底筋などを傷つける可能性もあります。
前傾姿勢になることで、直腸が伸びて便が出やすくなります。さらに、この姿勢でゆっくり呼吸することが、スムーズな排泄のポイントです。
息まなくても出る姿勢で、スッキリな排便を。便秘も予防しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください