ハーブでリラックス(1)

ハーブがもつ、体の緊張をほぐすリラックス効果と腸の蠕動(ぜんどう)運動を調整する作用のダブル効果で便秘を解消しましょう。

副作用が少ない天然ハーブの効果

あなたは、憂鬱な便秘を解消しようと下剤に頼っていませんか?
腸をダイレクトに刺激するタイプの医薬品の効果はてきめんですが、効き目は一時的なものです。また元の状態に戻ってしまうため、常習化している人もいるかもしれません。
下剤を繰り返し服用していると、体がその刺激に慣れてしまい、自分で腸を動かすことをなまけてしまいます。
そこでおすすめなのが、天然のハーブの力を借りて、少しずつ体を正常なお通じの状態に近づけていく方法です。ハーブには、胃腸の動きを活発にして便秘を防ぐ作用を持つものが多く、副作用の心配も少ないです。

飲用と香りでリズムを回復

便秘には、けいれん性(緊張性)と弛緩性のふたつのタイプがありますが、現代人に多く見られるのは、けいれん性便秘です。
精神的なストレスや睡眠不足によって腸が緊張し、蠕動運動がにぶっている状態です。
ハーブが持つ香りには、リラックス作用があります。
リラックスすると交感神経の興奮が静まり、副交感神経系の働きが活発になって、胃腸の緊張が解けます。そして、自然な腸の蠕動運動がよみがえります。
飲用と香りの両方で、腸にやさしく働きかけるハーブ。
気軽にいろいろ試してみて、自分の好きな香りや味を選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください