ヨーグルト選び」カテゴリーアーカイブ

腸が喜ぶヨーグルト選び

みなさんはヨーグルトをよく食べますか?便秘気味の人であればほとんどの人が注目する食品でもあります。
ヨーグルトは数ある食品の中でも、健康効果の多様さ、確かさでとび抜けています。

  • 生きた乳酸菌が、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす。
  • 腸の運動量が増えて、代謝がアップする。
  • 善玉菌の働きで、悪玉菌の増加を抑え、便通や便臭を改善する。
  • 腸管の免疫が刺激され、アレルギーを改善、発ガン物質を減らす。

このような、人の腸への効果を最大限に利用するには、自分に合うヨーグルトを選ぶことです。
研究者によると、「たとえ親子でも、ひとりひとり腸内の細菌叢(さいきんそう)が違うから、合うヨーグルトも違う」ということなので、いろいろ試してみて、自分のおなかと相談してみましょう。
ヨーグルトは、手軽だけど、とても奥の深い食品なんですね。自分の体に合うヨーグルトに出会うには時間がかかる場合がありますが、時間をかけるだけの価値は十分にあります。

ヨーグルトの甘味にはオリゴ糖がおすすめ

オリゴ糖は、善玉菌の大好物。
腸内環境を改善するには、食物繊維や乳酸菌に加えて、オリゴ糖も一緒に摂ると効果的です。

せっかくヨーグルトが腸にいいことがわかっていてもヨーグルトの独特の「酸っぱさ」に慣れなくて食べるのをやめてしまう人が多いようです。オリゴ糖を使えば、おいしく毎日続けることができます。

善玉菌を増やして腸内環境を改善

甘味料として使われるオリゴ糖は、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす働きがあります。間接的に善玉菌を増やす「プレバイオティクス」食品と呼ばれます。
オリゴ糖は、食べるとほとんどが吸収されずに大腸に届き、ビフィズス菌のエサになります。悪玉菌には影響がなく、腸内は、善玉菌が優勢になるのです。

オリゴ糖の効果

オリゴ糖は、血糖値を急上昇させないし、カロリーは砂糖の半分だから太りにくく、生活習慣病が気になる人にも大丈夫。
ただし、甘味は少ないので、砂糖に近づけるために、ほかの糖質を含む商品もあります。
腸内環境を整える目的なら、ほかの糖質が入っていてもオリゴ糖を必要量とれば効果は確実です。腸内環境の改善に加えて、血糖値が気になる人は、ほかの糖質を含まないものを選ぶと良いでしょう。
整腸効果を期待できる目安は、オリゴ糖のみの場合の量で、1日に1g~4gとなります。
そして、オリゴ糖の効果を高めるには、プレーンヨーグルトにトッピングして一緒に食べると腸内環境がより改善されます。
ヨーグルトとオリゴ糖の最強タッグで、便秘を解消しましょう。
ヨーグルトに甘味を入れるならオリゴ糖を

カスピ海ヨーグルトについて

カスピ海ヨーグルトの原点は、黒海とカスピ海に挟まれた旧ソ連のコーカサス地方にある国、グルジア共和国。世界有数の長寿国として知られるこの国の代表的な伝統食として食べられているヨーグルトです。

カスピ海ヨーグルトの人気の特徴は、まろやかな酸味とトロトロとした食感。それまで市販のヨーグルトにはなかった『クレモリス菌』という乳酸菌が含まれています。

20℃~30℃の常温で繁殖しやすい特性を持ち、ねばりけを出して、雑菌の繁殖をおさえ腐りにくくします。

クレモリス菌には、便秘解消など整腸作用だけでなく、免疫力を高める働きもあります。また、抗腫瘍作用も期待できるそうです。
そして何より自宅で、室温で簡単に増やすことができるというのが魅力ですね。

種になる菌、カスピ海ヨーグルトを少しとお好みの牛乳を合わせ、室温(20℃~30℃)で発酵させます。

以前は、口コミで広がり人から人へ種となるヨーグルトが分けられていったものですが、現在では、パック入りで市販されていたり、通販で種菌が購入できます。
自分で作れば安心だし、毎日食べるには自宅で増やせて経済的にもうれしいですね。

手作りヨーグルトの種菌「ヨーグルトの願い」 はこちら。

でも、ヨーグルトを自分で作るのは面倒という人もいるでしょう。
カスピ海ヨーグルトの乳酸菌をもっと手軽に摂りたい、という人もいるかもしれません。

そんな人には、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌が入ったサプリメントがおすすめ。
サプリメントで手軽に摂るなら、フジッコ 善玉菌のチカラです。

ヨーグルトの願い 手作りヨーグルトの種菌

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を使用した「ヨーグルトの願い」は、自宅で作れる手作りヨーグルトの種菌です。
カスピ海ヨーグルトは、『クレモリス菌』という乳酸菌と、『アセトバクター菌』という酢酸菌が使用されて作られています。

この「ヨーグルトの願い」は、そのうち、乳酸菌の『クレモリス菌』だけを使って改良されました。
アセトバクター菌は空気がないと増えることができないことから、以前はティッシュペーパーでふたをして作っていた人もいたと思いますが、「ヨーグルトの願い」では密閉容器で作ることができるようになり、雑菌が入る心配が減りました。
また、アセトバクター菌を取り除いたことによって、さらになめらかで真っ白なヨーグルトができあがります。

ヨーグルトの基準は、〔1リットルの中に100億個の乳酸菌が含まれていること〕ですが、「ヨーグルトの願い」で作ったヨーグルトには、1リットル中に乳酸菌がなんと3兆個も含まれます。つまり、一般的なヨーグルトの300倍も乳酸菌が入っているのです。
フリーズドライの種菌と牛乳を混ぜて置いておけば、おうちで簡単にできる、手作りヨーグルト!
トロトロもっちり感と酸味の少なさが人気です。

乳酸菌を効率良くたくさん摂って、腸の調子を健康に保ち便秘も改善しましょう。

 ▼ 手作りヨーグルトの種菌「ヨーグルトの願い」5本入り の詳細、購入はコチラ。

機能性ヨーグルトには整腸作用プラスアルファの健康効果がある

目的別に乳酸菌を選ぶ

市販されているヨーグルトの中には、その整腸作用によって、特定保健用食品(トクホ)として認められているものがたくさんあります。

その基準は、プレーン、ソフト、ハード、ドリンク、フローズンといった形状にかかわらず、ヨーグルト1gあたり乳酸菌数1千万個以上の乳酸菌が含まれていることです。

そして、乳酸菌の持つさまざまな健康への効果が注目されています。
ヨーグルトのパッケージに、「LG」や「LC」などの文字を見たことがある人もいると思います。
まさにそれらが、何らかの健康効果を持つ菌や株の略称をあらわしているのです。

このようなヨーグルトは、特定の乳酸菌や株、成分を入れることで、整腸効果だけではなく、プラスアルファの機能が強化されていて、『機能性ヨーグルト』と呼ばれています。
例えば、免疫力を強化する、血糖値やコレステロール値をコントロールする、胃潰瘍の原因となるピロリ菌を減少させるなど、それぞれに機能を持っています。
市販されているヨーグルトのパッケージには、乳酸菌や株の名前が記されているので、今まであまり興味がなかったという人も、ちょっと気にして見てみましょう。

おもな乳酸菌と株

アシドフィルス菌、カゼイ菌

 小腸に多くすんでいる菌で、プロバイオティクス効果が高い。

ロイテリ菌

 免疫力の強化に役立つ。

LG21

 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌を減らす働きを持つ。

シロタ株

 別名、ヤクルト菌。生きたまま腸に届き、免疫力を強化する。

BE80

 生きたまま腸に届く。

LGG

 免疫機能やアトピーを改善する。

LC1

 生きたまま腸に届き、すみつきやすい。ピロリ菌の減少、免疫力の強化に役立つ。