宿便の原因

便秘、ガスが溜まる原因はぜん動運動の低下によるもの

私たちが食べた物は、胃と小腸で消化・吸収され、残ったカスが大腸へ送られます。
そして、このカスから水分をしぼり取ったあと、直腸へ送るのが大腸の役目です。
腸は、食べ物をスムーズに送り流すため、内側の筋肉を細かく波打たせていて、この動きを、腸の「ぜん動運動」といいます。
このぜん動運動が弱くなってしまうと腸の中の流れが停滞し、大腸の内側にカスがこびりついてしまうのです。
これが「宿便」といわれるものです。
宿便が増えると大腸が変形して、その状態にさらにカスが溜まります。
この溜まったカスが腐敗して、ガスを出すのです。
ぜん動運動が正常で健康な腸は、詰まりがなくて腸の太さがほぼ均一です。
便が腸に長い間とどまることがないのでカスが腐敗することがなく、ガスも溜まりません。
逆に、ぜん動運動が低下した腸には、宿便がこびりつき大腸が変形してしまいます。
腐敗したカスが溜まり、ガスも溜まっておなかが張ってしまうのです。

→宿便を押し出す大腸のマッサージについてガス抜きの方法

This entry was posted in 便秘の原因.