ダイエットによる便秘

出るべき量がなければ出ない!

「今朝はたくさん出てスッキリした!」というくらい気持ちのいいお通じを体感したいと思ったら、当然ですが、ある程度まとまった量の便が出なければなりません。少量の排便では、スッキリ快便の爽快感はとても味わえないですよね。
 
ところが、ダイエットをしていて食事の量が少ない人は、食べ物のカスもわずかですから、たとえ毎日お通じがあったとしても、それは快便とは言えません。また、ダイエットで生野菜をよく食べると食物繊維をたくさん摂っているように思いますが、熱を加えた野菜に比べると、生野菜で摂取できる食物繊維の量はほんのわずかなのです。これも便秘の原因です。
 
さらに致命的なのが、朝食を抜くこと。
お通じを促す「胃・結腸反射」は、空っぽの胃に食べ物が入ったときに起こるものですから、朝食をとることはとても大切なのです。
 → 朝ごはんは排便習慣の第一歩
 今、便秘で悩んでいる人、もしかしたらダイエットが原因ではありませんか?

朝食を抜いても体にはなんの変化もありませんが、排便に関しては大きな影響があります。食べるという習慣は非常に大切です。

This entry was posted in 便秘の原因.