和の食品でも乳酸菌をゲットしよう

乳酸菌を含む食品は、ヨーグルトだけではありませんね。漬けものや味噌、しょうゆ、日本酒といった、日本の伝統的な発酵食品にも生きた乳酸菌が含まれています。
こうした食品の乳酸菌は、仕込みのなかで自然発生して(または添加されて)、酸性を保って雑菌の繁殖をおさえ、発酵と熟成を促進します。
さらに酸味を与えるなど、それぞれの食品特有の旨みを出す役目を果たします。
和の食材で乳酸菌摂取を目的に食べるなら漬けもの、中でもおすすめは「ぬか漬け」です。
あの独特の酸味は、まさに乳酸菌の産物なのです。
乳酸菌には、牛乳からつくられているヨーグルトやチーズといった乳製品にふくまれる動物性乳酸菌と、日本人が昔から摂取しつづけてきた味噌や漬け物など発酵食品に多く含まれる植物性乳酸菌があります。
植物性乳酸菌は、動物性と比べると、過酷な環境でも生き抜くことができて、より、腸を元気にしてくれるのです。
日本人の身体には、やはり植物性乳酸菌のほうが合っているようですね。
ヨーグルトはちょっと苦手だという人は、いつも食卓に漬けものを欠かさない、味噌汁を毎日食べるなど、和食で乳酸菌を摂る工夫をしてみましょう。

手軽にぬか漬けを作るなら、こちらの「ぬか床一年生」がおすすめ。自分で作れば安心です。ぬかと天然酵母のセットに専用容器が付いているから、初心者さんでも簡単にぬか漬けが始められます。

 ▼ 送料無料、ぬか床一年生 容器付き の詳細、購入はコチラ。

※注意すること
天然酵母は生きているので、送られてきたら早めにぬか床を作りましょう。冷蔵庫での保存もお忘れなく。

This entry was posted in 乳酸菌パワー.