腸に効かせる、昼食5か条

昼食では、腸内の悪玉菌が好む肉類のとりすぎに注意する!

1. 決まった時間に食事をとる

昼食抜きやあまりに少ない食事量、不規則な時間に食べるなど、これでは腸がスムーズに働きません。なるべく規則的に食事をとるようにしましょう。

2. 単品メニューよりも定食スタイルを

品数の多い定食スタイルが理想ですが、単品メニューのときは野菜を追加して、バランスのよいメニューになるよう心がけましょう。

3. ファーストフードでは副菜を添える

ハンバーガーやおにぎりだけでは、栄養が偏りがちです。サラダや野菜スープなどをオーダーして、繊維を補給しましょう。

4. 肉類は野菜とセットで食べる

肉料理はたっぷりの野菜と一緒に食べれば、悪玉菌が増えません。その点では、野菜炒めなどは無理なく野菜がとれるので良い一品です。

5. 足りない繊維は間食で補う

食物繊維は、外食や市販のお弁当では摂りにくいものです。野菜ジュースや食物繊維の入った飲料などで補う工夫をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください