朝ごはんは排便習慣の第一歩

朝ごはんをしっかり食べるのが腸を目覚めさせる決め手

朝ごはん抜き、食べても量はほんの少し、という人が増えています。
朝ごはんを食べないと、胃から小腸、小腸から大腸、結腸、直腸へとつながる、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)がスムーズにいかずに、大腸の働きが低下してしまいます。
胃に食べ物が入ると、大腸に信号が届いて直腸に便が移動します。
その刺激が神経を介して脳に伝わり、私たちは「便意」を感じるのです。
便意とは、脳が発している速やかな排便指令です。だから、朝食を食べない人は、きちんと食べる人と比べると、この反射機能が鈍くなって朝のトイレの排便習慣がなくなってしまいます。
腸の運動を活発にさせ便秘を解消するために、朝ごはんをしっかり食べるのが第一歩ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください