昼ごはんは動物性たんぱく質のとりすぎに注意

野菜をたっぷり食べて、腸内の「悪玉菌」を増やさない

腸内の悪玉菌が好むのは、高脂肪で、おなかの中で腐敗しやすい肉類などが多い食事です。

昼食に外食や市販のお弁当を利用する人も多いと思いますが、その場合は、野菜がとりにくく、高脂肪、また食物繊維不足になりがちです。
悪玉菌が大好きなメニューにならないように、食事のバランスを心がけましょう。
親子丼や天丼などの単品メニューではなく、それよりも、焼き魚定食、ロールキャベツ定食といった、脂肪分の少ない定食ものを選ぶのがコツ。
お弁当の場合も、野菜の副菜などをプラスしてバランスアップしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください