腸に効かせる、朝食5か条

朝食をしっかり食べることで、排便習慣をつけよう!

1. 炭水化物をしっかりとる

体内でブドウ糖に変わって脳の栄養になる炭水化物(ごはん、パン、シリアル)をとることが基本です。

2. ヨーグルトや牛乳をとる

ヨーグルトは善玉菌を増やして腸を元気にします。朝の牛乳も、胃腸の働きを活発にさせて便通を促します。

3. 野菜を積極的にとり入れる

野菜で食物繊維やビタミン、ミネラルを補給。スープやみそ汁の具にすると簡単にとれます。

4. 朝のフルーツが腸を元気にする

りんごやバナナ、キウイなどが腸にやさしく働きます。いちごや柑橘類もOKです。

5. 卵、大豆製品は朝食でとる

体をつくるたんぱく質も摂っておきたいものです。卵や豆腐、納豆などは、朝ごはんに食べやすいのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください