腸内環境を正常に保つ

便秘は、腸の不調を訴える赤信号です。
偏った食生活やストレスが重なると、腸は真っ先にストライキをおこします。腸はストレスを受けやすく、とってもデリケートなのです。
でも、腸内環境を正常に保っておくと、ストレスにも強くなります。
腸内にある消化吸収途中の食べ物は病原菌の温床ですが、その病原菌の増殖を抑えているのが、ビフィズス菌や乳酸菌です。みなさんも名前は聞いたことがあるでしょう。

このビフィズス菌が減って、ウェルシュ菌などの悪玉菌が増えるとアンモニア、インドール、硫化水素などの有害物質が腸内にたまります。
すると、異常発酵、腐敗をおこし、便秘や下痢の原因にもなるのです。
乳酸菌が作り出す酸類は、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進してくれるので、便通が良くなります。乳酸菌が優勢になる環境づくりには、乳酸菌を含むヨーグルトなどの乳製品や、乳酸菌のエサになるオリゴ糖、納豆などの発酵食品を積極的に食べるのがよいです。
大切な腸だから、腸内細菌のバランスを正常に保って、すっきり便秘を解消しましょう。

腸をきれいにして便秘解消は、腸を正常化させて便秘を解消する方法を紹介しています。

This entry was posted in 腸をきれいに元気に.