腸のためにいいのは和食ならコレ!

朝食は、腸の大蠕動のきっかけになり、排便をスムーズにするのに大切な習慣です。では、具体的には、何をどのように食べたらよいのでしょうか? 和食派、洋食派の人がいると思いますが、和食派の方のための情報です。

まず和食派の方に向けたおすすめの腸にいい食事をご覧ください。

  • 発芽大麦ごはん
  • しらすおろし
  • 漬物
  • 味噌汁

まず発芽大麦ごはんは、白米や玄米に比べて水溶性食物繊維が豊富です。実は穀類は便を軟らかくするマグネシウムも豊島に含んでいますが、精白すると約3割が失われてしまうので、精白していないものが腸にはベストです。

また発芽大麦は、小腸の免疫機能をアップするグルタミンが多く含まれています。しらすは、マグネシウムを多く含む魚です。非常に小さい魚ではありますが、腸寿の食生活にはおすすめの食材です。

また根菜である大根は食物繊維を多く含みますので、便秘解消にしらす+ 大根は好相性です。大根はビタミンCも多いので便秘解消にはもってこいです。

ビタミンC不足の人の場合、またここにほうれん草を加えるとビタミンCがさらに摂れる優良メニューに進化します。また時間に余裕のある方は、焼き魚+大根おろしなど魚のメニューにアレンジするのもおすすめです。

そして漬物は、生きて腸まで届く植物性乳酸菌を含み、腸内の善玉菌を増やしてくれます。大根、にんじん、きゅうりなどで、作り置きをして、朝の食卓に1品加えるだけで、腸の健康には非常に効果的なメニューです。

最後に味噌汁。発酵食品の味噌が植物性乳酸菌を含むだけでなく、具をわかめなどの海藻類にすると食物繊維もあわせて摂ることができます。もっと手の込んだメニューを期待された方も多いかもしれませんが、とにかく実践第一!シンプルであっても朝からこの4品が並ぶ食卓は、まさに腸のための食事なのです。

食事の後にコーヒーや紅茶でなくてゴボウ茶にするとさらに便秘解消効果はアップします。