腸をきれいにするメニュー(切り干し大根のスープ)

切り干し大根は、大根を天日干しにした乾燥品で、高い栄養価があります。
加熱が短時間で済み、調理の手間も少なく便利な食材です。常備野菜としても優れもの。

切り干し大根には、食物繊維とミネラルが生の大根よりも多く含まれています。
食物繊維は腸の中のそうじをしてくれるので、便秘を改善するのに役立ちます。

また、カルシウムとカリウムも多く含まれているので、骨粗鬆症や高血圧の予防に効果があります。

そんな切り干し大根の、簡単なスープのレシピを紹介します。
シャキシャキの食感を楽しめる切り干し大根を使ったメニューで排泄力を高め、下腹ポッコリも解消しましょう。

切り干し大根を洗って水気をしぼった汁には大根のうまみが出ているので、調理に利用してもいいです。

切り干し大根のスープ

◆〔材料〕(2人分)
切り干し大根…10g、ベーコン…1枚、 長ねぎ…1/2本、 小松菜…50g、水…2カップ、
塩…小さじ1/2、 こしょう…少々

◆〔作り方〕
1.切り干し大根をよく洗って、水気をきりざく切りにする。ベーコンは細かく切る。
2.長ねぎは1cm幅のぶつ切りに、小松菜はざく切りにする。
3.鍋に1と水を入れて火にかけ、5分ほど煮る。
  切り干し大根がやわらかくなったら、長ねぎを加えて2~3分煮る。
  さっと煮て、塩とこしょうで味を調えたら、できあがり。

This entry was posted in 腸に効く食事.