弛緩性便秘の人の排便のきっかけに

起き抜けに、冷たい水や牛乳を1杯飲む

弛緩性便秘の人は、朝の空腹時に冷たい飲み物を飲むと便秘に効果的。
それは、胃が刺激されて、便がたまっている結腸が活発に動き出すからです。
飲むのは、水でも牛乳でも果物のジュースでもかまいませんが、一気に飲み干すのではなく、噛むようにして飲みましょう。

牛乳に含まれる乳糖や果汁の中の果糖には、大腸の蠕動(ぜんどう)運動を促したり、便をやわらかくする働きがあるので、バナナジュースなどがオススメです。
また、コーヒーや炭酸飲料など、刺激のある飲み物も便意を促します。
ただし、けいれん性便秘の人は、緊張して収縮している腸には刺激が強すぎるので、注意してください。

かんたん果物ジュースをつくってみよう

【バナナジュース】
ひとくち大にちぎったバナナ1本と、牛乳1カップ、はちみつ大さじ1/2~1杯を合わせてミキサーにかける。

【ピーチヨーグルトドリンク】
桃の缶詰40g、牛乳 1/3カップ、ヨーグルト2/3カップ、はちみつ大さじ1杯を合わせてミキサーにかける。
ヨーグルトの量を増やして、デザートにしてもよい。

This entry was posted in 便秘解消作戦.