腸を元気にするために昼食を改善

昼食を家庭で作って食べる場合も、外食で済ませる場合でも、食物繊維がたくさん摂れるような食品を選んで工夫したり、メニューを選んだりして、腸の動きを活発に元気にしましょう。

洋食派の人は

単品メニューではなく、定食ものをチョイス。

  • カレーライスやパスタのような単品メニューよりも定食ものを選び、栄養のバランスをとる。
  • 野菜不足を感じたら、サラダや和え物など副菜を追加するのがおすすめ。
  • 腸にやさしいりんご、ビタミンCの多いキウイなど、デザートにフルーツをプラス。

 

和食派の人は

生野菜より温野菜。副菜もバランスよく、繊維をアップ。

  • 野菜は、生のままよりも茹でたものをたっぷり食べる。
  • 肉は野菜と一緒に食べるようにして、おいしく、さらに食物繊維をアップ。
  • 食物繊維や栄養の豊富な豆料理をメニューにとり入れる。市販品を利用してもOK。

 

外食派の人は

ファーストフードでも、野菜がとれるメニューを選ぶ。

  • 肉やチーズだけのハンバーガーを食べていた人は、野菜入りにチェンジする。
  • 飲み物は、コーヒーや甘いジュースよりもミネストローネなど、野菜のスープにする。
This entry was posted in 腸に効く食事.