じゃがいもとねぎのスープ

けいれん性便秘を解消するための、腸にやさしくて食物繊維たっぷりのおかずです。
じゃがいもの繊維が腸に穏やかな、じゃがいもとねぎのスープのレシピを紹介します。
腸が敏感になっているけいれん性便秘には、腸を刺激しない食品選びや料理法を心がけましょう。辛味、酸味の強いものは避けて、味付けは薄味にするのがポイントになります。

■ 材料(2人分)
 ・じゃがいも ……. 中2個(200g)
 ・長ねぎ …………. 3本(300g)
 ・調味料 ….. バター(20g)、生クリーム(大さじ2)、
          コンソメ顆粒・塩・こしょう各少々
■ 作り方
 1. じゃがいもは皮をむいて1cm幅のいちょう切りにする。
   長ねぎは1cm幅の小口切りにする。
 2. 鍋にバターを溶かし、長ねぎを炒める。
   しんなりしたら、じゃがいもを加えて炒める。
   水をひたひたに注ぎ、コンソメ顆粒を加えて煮立てる。
    弱火にして20分くらい煮る。
 3. 生クリームを混ぜ、塩、こしょうで味を調える。

This entry was posted in けいれん性便秘の人の食事.