白菜とチンゲン菜のエビあんかけ

けいれん性便秘を解消するための、腸にやさしい食物繊維たっぷりのおかずです。
野菜を柔らかくゆでてあんをかけた、白菜とチンゲン菜のエビあんかけのレシピを紹介します。
腸が敏感になっているけいれん性便秘には、腸を刺激しない食品選びや料理法を心がけましょう。辛味、酸味の強いものは避け、味付けは、薄味にするのがポイントです。

■ 材料(2人分)
 ・白菜 ……….. 大2枚(200g)
 ・チンゲン菜 ……. 2株(200g)
   下ゆで用 (塩、サラダ油各少々)
 ・エビあん ……. 白キクラゲ(またはキクラゲ)6g、ブラックタイガー 6尾、    
            サラダ油小さじ2、中華スープの素 少々、
            酒 大さじ1と1/3、塩、こしょう 各少々、
            水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1/2・水小さじ2)

■ 作り方
1. ブラックタイガーは殻をむき、背わたを取り、粗く刻む。
  白キクラゲは水で洗い、ぬるま湯に30分ほど浸して戻す。
  水気をしぼり、粗みじんに切りにする。
2. 白菜とチンゲン菜は、それぞれ葉と茎に切り分ける。
  葉はざく切りに、茎は1cm幅にする。
3.鍋にお湯を沸かし、白菜とチンゲン菜を入れ、塩、サラダ油を加える。
  柔らかくゆだったら、ザルに上げて水気をよくきる。
4.エビあんを作る。鍋に油を熱し、キクラゲとエビをサッと炒める。
  中華スープの素、水をひたひたに加え、5分ほど弱火で煮る。
  酒、塩、こしょうで調味し、水溶き片栗粉でとろみをつける。
5.器に白菜とチンゲン菜を盛りつけ、エビあんをかける。

This entry was posted in けいれん性便秘の人の食事.