食物繊維たっぷりメニュー「納豆入り卵焼き」

けいれん性便秘を改善するための、腸の調子を整えるおかず。
卵にみっちり巻き込んだ納豆が香ばしい、納豆入り卵焼きのレシピを紹介します。
納豆は、大豆のもつ栄養分が消化しやすい形になった優れものです。納豆菌(一種の酵母菌)が、腸の善玉菌を増やしてくれます。
発酵食品は、腸内細菌のバランスをよくして抵抗力をつけてくれるので毎日1食は摂りたいものです。
●材料(2人分)
 ・納豆 …….. 小2パック(80g)
 ・卵 ………………… 大3個
   下味(しょうゆ小さじ2、塩少々)
 ・アサツキ(万能ねぎ)小口切り ….. 大さじ2
 ・大根おろし …………. 80g
 ・調味料など ….. サラダ油(大さじ1)、しょうゆ 少々
●作り方
1. ボウルに卵を割り入れてほぐし、しょうゆと塩を調味する。
  納豆とアサツキを加えてサッと混ぜる。
2. フッ素樹脂加工のフライパンに油を熱し、1を入れる。
  お箸でザッとかき混ぜて中火で焼く。
  半熟状になったら端から巻いて形を整え、ひっくり返す。
  中まで完全に火を通す。
3. 食べやすい大きさに切り、大根おろしを添える。
◇普通のフライパンで焼くときは、サラダ油を小さじ2にする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください