便秘の原因」カテゴリーアーカイブ

過敏性腸症候群(IBS)

日常生活に大きな支障をきたす

過敏性腸症候群(IBS)は便秘、下痢などの便通異常を慢性的に繰り返す病気です。腹痛や下腹に常に不快感があり、突然腹痛とともに激しい便通が襲ってくるのが特徴です。
通勤途中にあわててトイレに駆け込んだり、大事な商談中にトイレに行きたくなってしまったり…と大変です。学生さんであれば、試験中にお腹が痛くなったりします。
繰り返される症状のために、トイレの場所、トイレに行ける時間などを詳しく把握している人も少なくありません。排便してしまうとスッキリするのが過敏性腸症候群(IBS)の特徴でもあります。
スッキリするといっても、いつまた腹痛が襲ってくるのかわからないために、常に不安や恐怖でストレスは高まるばかりです。食べることにも抵抗を感じ、食欲不振などに陥るケースもあります。

症状には下痢型、便秘型、混合型の3タイプがあります。一般的に男性は、下痢型が多く、便秘型は女性に多いと報告されています。

病院に行かない(行けない)人が多い

日本にはおよそ1200万人もの過敏性腸症候群(IBS)の患者がいると推定されてますが、消化管の病気でももっとも頻度が高い病気です。年齢別では、10代~30代の女性に多くみられます。病気だとは思わずに過ごしている人も多く、調査の正確性には欠ける部分も否めません。この過敏性腸症候群(IBS)を放置したからといって命に関わるわけではありませんが、腹痛、下痢、便秘などの不快な症状が続くのは、強いストレスになります。

過敏性腸症候群(IBS)のはっきりとした原因は不明ですが、原因として「ストレス」があげられています。なんらかのストレスが引き金となって脳からの刺激が腸に伝わり、胃に食べ物が入らなくても結腸反射が起こり直腸に便が運ばれ便意をもよおしてしまうのです。いわゆるストレスによる条件反射です。便が十分に固まる前に直腸に運ばれるため下痢になるのです。

便秘や下痢を病気と思わずに市販の薬などで対処している人が多くみられます。普段よくある症状でも、長く続く場合には病気の可能性も考えて早めに医療機関にかかったほうがよいでしょう。
女性の場合、恥ずかしさのあまり受診しない(できない)人が多いのが問題です。そして、一時的に市販薬などで抑えられてもまた繰り返す場合には、ストレスがさらに大きくなります。ストレスを解消するには、日常生活の中でリラックスする時間をもつことも大切です。
腹式呼吸がリラックス効果を高めます。

過敏性腸症候群関連

春は便秘になりやすい季節

春といえば、入学、就職、異動、引っ越しなどで、生活のリズムや環境が変わりますよね。
生活環境の変化は、お腹の調子にも影響が出ます。
あわただしくて気が付かなかったけど、ひどい便秘になってしまった… そうならないように、毎日のセルフケアを心がけましょう。

新年度の始まりとともに、新しい学校や職場、新しい土地で生活を始める人は多いでしょう。
また、家族の生活が変わり、あわただしい毎日を送ることになる人も多いと思いますが、こういった環境の変化によって生活のリズムが狂うと、自律神経が乱れ、これが便秘の原因となるのです。
環境の変化は、精神的なストレスにもつながりますから、このストレスもまた、便秘を引き起こす一因なのです。

漢方的に見ると、ストレスは、身体の中を流れるエネルギー(気)の流れを滞らせます。
そして気の流れが悪くなると、エネルギーが不足して腸のぜん動運動も悪くなります。
そのため、便秘になりやすくなるのです。
 
→ツボを刺激して気の滞りを改善、便秘解消するにはこちら! → 規則正しい生活とツボ刺激で便秘解消しよう

便秘になる代表的な原因は

排便がなく、おなかがポッコリしてくる・・・おなかが重いと気持ちまで重くなり、ため息ばかり。
特に女性にとって、お通じの悩みは大きいですね。
たかが便秘、と思う人もいるかもしれませんが、便秘に悩む人たちにとっては、とても深刻な問題なのです。
では、どうして便秘になるのでしょう?
便秘のおもな原因として、食生活の乱れ、ストレス、運動不足が挙げられます。
もちろん、このほかにもいろいろな原因が考えられますが、いずれにしても、腸内に便が溜まったままになると悪玉菌が増えて腸内の腐敗が進み、有害ガスが発生します。
その結果、おなかが張る、肌が荒れる、肩がこるといった症状が出てきたり、全身にまで影響を及ぼすのです。
腸内を腐敗させないために大事なのは、便秘を解消すること。
原因を知った上で、自分に合った便秘解消法を見つけ、健康な生活を送りましょう。

原因不明の便通異常はストレスかも

胃腸をむしばむ隠れストレス

例えば、会社で厳しいノルマを課せられたとき、家庭で揉め事が起こったり心配事があるとき。
これらは、普通に生活していれば日常的なことです。

そんなとき、食事はいつもと変わらないのに排便の状態が変化した経験はありませんか?
ストレスを受けると、その影響がストレートに胃腸に及びます。
多くの人は、普段とは違う強烈なストレスには気付いて反応することができますが、日常的なストレスに対しては、案外鈍感になっているものです。

ストレスを受けているのかどうかでさえも気付かないこともあります。そしてその些細なストレスが蓄積されたときに、大変な事になるのです。
適度に運動をしてバランスのよい食事を摂っていても、便秘が改善されなかったり、下痢を繰り返したりと、原因のよくわからない便通異常がある、そういう人はもしかしたらストレスに気付いていないのかもしれません。

どこかで無理をしている自分がいないかどうか、日々の生活を振り返ってみましょう。
ストレスは自律神経中枢への影響が大きいので、腸の蠕動(ぜんどう)運動はすぐに異常をきたして、便秘や下痢の症状を招いてしまいます。
だから、ストレスが溜まっていると感じたら、それを解消することが大切です。

薬が原因の便秘?

何かの治療のために、普段から服用している薬はありますか?
服用している薬の副作用で便秘が起こりやすくなることもあるのです。薬が原因となっている便秘もあることを知っておきましょう。

例えば、高血圧の治療に使われる降圧剤、アレルギー性鼻炎や皮膚炎などの治療に使われる抗ヒスタミン剤、うつ病の治療に使われる抗うつ剤、痛みを抑えるために用いられる鎮痛剤やステロイド剤などは、腸の運動を抑制して、弛緩性便秘を招くことがあります。

ただし、便秘の原因かもしれないからといって治療に必要な薬の服用をやめてしまうと、もともとの病気が悪化するおそれがありますね。
また、薬の副作用で便秘が起きているかもしれないときに、その薬を使い続けながら、自分の判断だけで市販の便秘薬を併用するのもおすすめできません。

便秘の症状がひどいときは、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。薬を替えることで、便秘を解消できることもあります。

便秘の種類については、こちらから。