腸の元気物質 酪酸 を増やしてくれる朝食べる「キウイ」+オリーブオイル

快便体質は長生きできる

高齢者の便秘は若い人とは異なります。若い人の場合、無理なダイエットなどで体に必要な栄養素が足りていないケースがほとんどです。では、高齢者の便秘は、どうでしょうか?腸自体が衰えて、働きが悪くなっているのが主な原因です。

具体的には、便を送り出すのに必要な腸管壁の弾力が低下する、便を押し出す腹庄が弱まるといった身体的な変化が挙げられます。また、食事内容の変化や食事量の減少で食物繊維の摂取量が減動量が減るといった生活面での変化も、便秘の原因の1つになります。

高齢者にとって、便秘はつらいものです。精神的に落ちこんだり、便秘が心配で食事量が減ったりと、心身ともに悪影響を及ぼします。それだけではありません。実は便秘は、寿命にも密接にかかわっていることが最近の研究で確認されています。

米国のミネソタ州で、慢性的な便秘がある人とない人を対象に行われた追跡調査では、便秘がない人のほうがさまざまな病気にかかりにくく、生存率も高いことが報告されました。腸の健康が全身の健康に結びつくことがわかったのです。

高齢者はヨーグルトは要注意

最近は、健康志向が高まり、さまざまな健康情報が知られるようになりました。そんなことから「腸にいいから」という理由でヨーグルトを大量に食べている人がいます。

たしかに、軽い便秘の場合は、ヨーグルトを多めにとって排便状況が改善することがあります。最近はヨーグルトのサプリも多数売られています。

しかし、高齢者の場合は、ヨーグルトがマイナスに働いてしまうこともあります。ヨーグルトに含まれている乳脂肪分によって悪玉(LDL)コレステロールが増え、脂質代謝異常や高コレステロール血症を発症してしまうこともあるからです。

「ヨーグルトに効果がない」とはいいませんが、高齢の方にはそのようなリスクがあることも頭に入れておいていたほうがいいでしょう。

キウイ

キウイ

キウイは食物繊維のバランスがとてもいい

では、高齢者は便秘解消のために何を食べればいいのでしょうか。おすすめは「キウイ」です。実はキウイには、腸を元気にする食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。不溶性食物繊維には、水分を吸って膨らみ、便の量を増やしたり、腸を刺激したりして、スムーズな排便を助ける働きがあります。

一方、水溶性食物繊維は、体内で粘りけのあるゲル状になり、便を柔らかくして排出しやすくします。不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は、それぞれ別の働きがあるので、バランスよくとることが大切です。腸の働きが落ちている高齢者の場合、不溶性食物繊維を多くとりすぎると便が硬くなり、便秘悪化することもあります。

食物繊維の理想的な摂取ランスは「不溶性食物繊2水溶性食物繊維1」です。

キウイは、ほぼ2:1 のランスで不溶性食物繊維とー溶性食物繊維が含まれてい理想的な食品です。

そのlめ、腸に十分な食物繊維を供給し、便秘を解消してくれるのです。食べ方としておすすめなが、「オリーブキウイ」。同じく便秘解消に役立つオリーブオイルをいっしょにとる方法です。

作り方
キウイを半分に切り、スプーンで1口すくって食べます。穴にデザートスプーン1杯分のオリーブオイルを注いで残りのキウイと一緒に食べます。
食べ方
朝食前と夕食前に1個ずつ食べます。
注意
糖尿病の人は食べすぎに注意します。

1 thought on “腸の元気物質 酪酸 を増やしてくれる朝食べる「キウイ」+オリーブオイル

  1. ピンバック: キウイフルーツ | 効果アップの食材食べ合わせ

コメントは停止中です。