弛緩性便秘に朝のさっぱりサラダ

野菜を主役にしたサラダは、食物繊維が摂れるうえに、調味料に使う酸味が腸を刺激します。
弛緩性便秘の人には、起き抜けに飲む水が効くように、朝食に食べると効果的です。食物繊維も摂れるさっぱりした一品、2種類のサラダを紹介します。

さっぱり調味料で食べるサラダ

ちぎりきゃべつのサラダ【食物繊維=3.5g】

マヨネーズとヨーグルトにレモンの酸味を効かせます。りんごは、きれいに洗って皮ごと食べましょう。酸味が腸を刺激します。
● 材料(1人分)
 ・キャベツ ……………. 1枚(120g)
 ・セロリ ……………… 40g
 ・りんご ……………… 1/4個
 ・薄切りハム ………….. 2枚
 ・くるみの粗みじん切り …. 小さじ2
 ・ヨーグルトソース …マヨネーズ、プレーンヨ-グルト各大さじ1
             レモン汁(大さじ1)
 ・調味料 …………. 塩、こしょう各少々
● 作り方
1.きゃべつはひとくち大にちぎる。
  セロリは5mmの小口切り、りんごは5mmのいちょう切りにする。
2.ハムをせん切りにする。
3.マヨネーズ、ヨーグルト、レモン汁を混ぜ、ソースをつくる。
  ソースと切った材料を和える。
  味をみながら塩、こしょうを加え、上にくるみを散らす。

かぶと柿のサラダ【食物繊維=3.0g】

柿の甘みとレモンの酸味がよく合って食欲が増進。レモンの魅力は、香りと酸味とビタミンC。酸味とビタミンCが腸に刺激を与えます。
● 材料(1人分)
 ・かぶ ……………. 100g
 ・柿 ……………… 100g
 ・レモン汁 ………… 小さじ2
 ・ミントの葉 ………. 少々(なくてもよい)
 ・調味料 ………….. 塩、こしょう各少々
              サラダ油(小さじ2) 
● 作り方
1.かぶと柿の皮をむき、1cmの厚さのくし形に切る。
2.かぶと柿をボウルに入れ、塩、こしょうをまぶす。
3.レモン汁、サラダ油をかえて和え、ミントの葉を散らして彩る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください