腹筋に効くストレッチ

なまった下腹の筋力をアップ!

脚を上げて腹筋を鍛えます。腸が比較的元気な人も油断は大敵です。今から筋力アップの対策をしましょう。

1.座面をつかみ左脚を曲げる。

いすに浅く、背筋を伸ばして座り、両手でいすの座面の横をつかむ。息を吸いながら左脚のひざを曲げ、上にあげる。つま先は上向きにする。

2.曲げた脚をつま先までまっすぐ伸ばす。

息を吐きながら、左脚のひざをまっすぐに、つま先までピンと伸ばす。
ポイントは、深く呼吸しながら腹筋をしっかり使い、太ももの前部分を伸ばすようにすること。
続けて、右脚も同じように曲げて、伸ばす。

3.両脚を一緒に曲げる。腰はまっすぐ。

今度は、息を吸いながら、左右の脚のひざ、くるぶしをくっつけて両脚を一緒に曲げ、上にあげる。座面をしっかりつかみ、腰はまっすぐにする。
腰に負担がかかるので、ひざ裏や腰が痛い人は無理に伸ばさなくてもOKです。ラクなところで止めましょう。

4.両脚を揃えたまま、まっすぐ伸ばす。

息を吐きながら、おなかに力をいれ、曲げたひざを両脚を揃えたままでまっすぐに伸ばす。つま先も伸ばす。

1から4までのエクササイズを、5~10回くらい行います。

This entry was posted in 腸活性ストレッチ体操.