やせる 腸内フローラ 食事 の基本は和食

Pocket

やせる 腸内フローラ 食事 の基本は和食にすることがあげられます。やせる腸内フローラをつくるにはそこに棲む細菌の数を増やすことがとても大切です。そのために必要なことは腸内細菌の数を増やすことです。やせる細菌の種類が増えやすい食事について紹介します。

やせる 腸内フローラ 食事

やせる 腸内フローラ 食事

やせる 腸内フローラ 食事

まず、やせ体質にするには、腸内細菌の数を増やすことです。やせる細菌の種類が増えやすい食事が第一条件です。

腸内細菌の総数を増やすと腸内フローラがよくなる

やせられる 腸内フローラ を育てるためには、まず、腸内細菌の数を増やすことが大切です。総数を増やすことで、自然と、腸内細菌の理想のバランス、善玉菌・日和見菌・悪玉菌の各グループが2:7:1 のバランスに近づけると考えられています。腸内環境のためには悪玉菌も必要です。

食事で総数を増やすことを考えましょう。そのためには、腸内細菌の種類を増やすことです。そして、種類を増やすためには、さまざまな食品をとることが大切です。

単品メニューの食事が多い沖縄県で肥満が増えた

それが実現しやすいのは、和食を中心とした献立です。朝食だけを和食にかえると和食なら一度の食事で幅広い種類の食品をとることができます。

一方、全国でも肥満の人が多い県として知られる沖縄県と、肥満の人が少ない長野県(厚生労働省「国民健康・栄養調査」による)では、食事の内容が異なることがわかりました。

かつて、沖縄県では豊かな豚食文化があり、野菜の摂取も豊富で、男女ともに長寿を誇っていたのですが、ハンバーガーだけ、丼ものだけのような単品メニューの食事が普及するようになって以降、平均寿命が短くなり、肥満の人が増えました。

反対に、野菜を中心に多種の食品をとっている長野県では、肥満の人が少ないうえ、平均寿命も全国1位の座に輝いているのです。

腸内細菌の数を増やして、やせる 腸内フローラ をつくるために、普段から実行したい大切なポイント6つを以下にまとめました。5の、生で食品をとることも意識してみましょう。生食をすることによって、食品に付着した菌が腸内フローラを活性化することが期待できます。

また、同じ食品でも生で食べたはうがカロリーを摂取しづらく、太りにくいのです。さらに、動物性脂肪は悪玉菌グループを増やすので、6 のポイントも忘れずに。

やせる 腸内フローラ をつくるための6つのポイント

  1. 和食を意識して多種類の食品をとる
  2. 善玉菌が利用しやすい発酵食品をとる
  3. 野菜(特に根菜)などから食物繊維をたくさんとる
  4. 善玉菌のえさとなるオリゴ糖をたっぷり摂る
  5. ときには魚介類などを生食する。
  6. 動物性脂肪を控える

和食のメリット

  • 煮物、おひたし、和え物などさまざまな調理法で季節の野菜が摂取できる。
  • 旬の果物がとりやすい
  • 焼き海苔、佃煮などで海藻類が摂れる
  • 魚をメインにした料理にしやすい
  • 発酵食品のみそ汁で豆腐などの大豆加工食品が摂れる
  • 肉などの動物性脂肪を減らしやすい

洋食のデメリット

  • 野菜を使ったバリエーションが少ない
  • 動物性脂肪が多くなりがち
  • 料理の種類が少なく食材の種類が偏りやすい
  • 発酵食品が摂りにくい
  • 海の幸が摂りにくい
  • 乳製品(発酵食品)を摂りやすいのは洋食のメリット

和食にするのが難しい人は フローラ 善玉元気

腸に効く食事