レシピ」タグアーカイブ

腸をきれいにするメニュー(おからの袋煮)

おからは、どんなレシピにもよく合って、しっとり仕上がります。
凝縮された食物繊維が豊富な『おから』を使ったメニューで便秘の予防・改善をしましょう。

一緒に、排泄力を高めて下腹ポッコリも解消しましょう。
ハンバーグやコロッケなど、カロリーが高めのレシピに混ぜれば違和感なくボリュームアップさせることができて、カロリーを抑えられるので、ダイエットにもおすすめ。
ここでは、おからの袋煮のレシピを紹介します。
◆〔材料〕(2人分)
おから…100g、卵…1個、油あげ…2枚
A(だし汁…1と1/2カップ、しょうゆ…大さじ2、砂糖…小さじ2)
三つ葉…4本、水溶き片栗粉…大さじ1
◆〔作り方〕
1.油あげは熱湯をかけ油抜きをして、半分に切る。
2.卵を溶いておからと混ぜ、1の油あげに詰めてつま楊枝で口を留める。
3.鍋にAと2を入れて火にかける。10分くらい煮たら、先に袋煮だけ取り出して器に盛る。
4.鍋に残った煮汁に、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、3にかける。
5.ざく切りにした三つ葉を上に散らして、できあがり。

腸をきれいにするメニュー(緑豆と豆腐のやわらか煮)

豆類は、水煮缶やドライパックのものを使って調理すれば楽チン。
戻す手間のないものを選べばとっても簡単な『豆類』を使ったメニューで、排泄力を高め下腹ポッコリも解消しましょう。

緑豆と豆腐のやわらか煮のレシピを紹介します。
緑豆は、春雨の原料となる茶緑色をした、あずきに似た小さな豆です。戻さずにそのまま加熱できます。
◆ 〔材料〕(2人分)
緑豆…100g、絹ごし豆腐…300g、水250cc、
A(酒…大さじ1、砂糖…小さじ1、塩…小さじ1/2)、
しょうが汁…1かけ分、水溶き片栗粉…大さじ1
◆ 〔作り方〕
1.緑豆はよく洗って、豆腐は一口大に切る。
2.鍋に緑豆と水を入れて強火にかける。
  沸騰したら弱火にして、ふたをして20分ほど煮る。
3.Aで調味して豆腐を加え、温まったらしょうが汁を入れる。
  水溶き片栗粉を加えて、とろみをつけたらできあがり。

腸をきれいにするメニュー(切り干し大根のスープ)

切り干し大根は、大根を天日干しにした乾燥品で、高い栄養価があります。
加熱が短時間で済み、調理の手間も少なく便利な食材です。常備野菜としても優れもの。

切り干し大根には、食物繊維とミネラルが生の大根よりも多く含まれています。
食物繊維は腸の中のそうじをしてくれるので、便秘を改善するのに役立ちます。

また、カルシウムとカリウムも多く含まれているので、骨粗鬆症や高血圧の予防に効果があります。

そんな切り干し大根の、簡単なスープのレシピを紹介します。
シャキシャキの食感を楽しめる切り干し大根を使ったメニューで排泄力を高め、下腹ポッコリも解消しましょう。

切り干し大根を洗って水気をしぼった汁には大根のうまみが出ているので、調理に利用してもいいです。

切り干し大根のスープ

◆〔材料〕(2人分)
切り干し大根…10g、ベーコン…1枚、 長ねぎ…1/2本、 小松菜…50g、水…2カップ、
塩…小さじ1/2、 こしょう…少々

◆〔作り方〕
1.切り干し大根をよく洗って、水気をきりざく切りにする。ベーコンは細かく切る。
2.長ねぎは1cm幅のぶつ切りに、小松菜はざく切りにする。
3.鍋に1と水を入れて火にかけ、5分ほど煮る。
  切り干し大根がやわらかくなったら、長ねぎを加えて2~3分煮る。
  さっと煮て、塩とこしょうで味を調えたら、できあがり。

腸をきれいにするメニュー(ひじきのハンバーグ)

ひじきを加えて増量すれば、ボリュームがあるのに低カロリー!
ひじきのハンバーグのレシピです。
無味無臭だから料理を選ばず、カロリーを抑えることもできる『ひじき』を使ったメニューで排泄力を高め、下腹ポッコリも解消しましょう。
◆〔材料〕(2人分)
芽ひじき…20g、砂糖…少々、
A(鶏ひき肉…150g、玉ねぎのみじん切り…1/2個、 塩…小さじ1/2弱、 こしょう…少々)、
じゃがいも…小1個、 しめじ…1/2パック、 サラダ油…小さじ1、白ワイン…大さじ1、
塩・こしょう・パセリのみじん切り…各少々、 酢…大さじ4、
B(砂糖…小さじ1、しょうゆ…大さじ1)、 粒マスタード…小さじ1
◆〔作り方〕
1.ボウルに洗ったひじきと砂糖を入れ、かぶるぐらいの熱湯を注ぎ、ラップして10分蒸らす。
  ザルに上げ水気をきったらAと混ぜ合わせ、2つにして成形する。
2.じゃがいもは皮ごと輪切りに、しめじは小房に分ける。
3.フライパンにサラダ油を熱し、1と2を入れて焼く。
  ハンバーグに焦げ目がついたら裏返して白ワインをふり、蓋をして弱火で蒸し焼きにする。
4.ハンバーグを取り出し、つけ合わせには塩・こしょうで調味してから器に盛る。
5.そのままのフライパンに、酢を入れて半分くらいまで煮詰める。
  Bを入れひと煮立ちしたら、粒マスタードを入れてソースを作る。
  4にソースをかけて、パセリを散らしたらできあがり。

かぼちゃのチーズ焼き

かぼちゃは食物繊維のほか、カロテンやビタミンEも多く含んでいます。
油と一緒にとるとカロテンの吸収率が高まるので、炒めたりして食べるのが賢い調理法です。
さらに、皮はむかずに一緒に食べた方が、食物繊維がたくさん摂れます。
◆ かぼちゃのチーズ焼き
〔材料〕(2人分)
・かぼちゃ……..1/2個
・バター……..小さじ2
・塩、こしょう……..少々
・粉チーズ……..大さじ4
・パセリのみじん切り……少々
〔作り方〕
1.かぼちゃの種と中わたを取り、薄切りにする。
2.フライパンを熱してバターを入れ、かぼちゃを炒める。
  塩、こしょうで味をととのえる。
3.かぼちゃに火が通ったらお皿の盛り、粉チーズとパセリのみじん切りをふる。