シモン茶で腸の働きを活発に

「シモン茶」は、シモン芋(白さつま芋)の葉や茎などを煎じてつくったお茶です。
こちらのがばい農園さんのシモン茶は、鹿児島県産の原材料を100%使ってつくられています。

シモンは、ブラジル原産の植物で、白サツマイモの一種です。
生命力がとても強い植物で、サツマイモやジャガイモと比べて圧倒的に豊富な栄養素を含んでいます。
ビタミンKをはじめ、ビタミンEやビタミンA、鉄、カルシウム、食物繊維、葉酸といった栄養素が豊富に含まれています。

このように、シモン芋は、ビタミン類、ミネラルをはじめ、人体に必要なほとんどの栄養素、優れた栄養成分を含んでいるといわれています。
なかでも食物繊維の含有量は特別なのですが、それに加えてヤラピンや水分のチカラで、爽快な朝に期待できそうです。
サツマイモを切ったときににじみ出てくる白い液は〔ヤラピン〕という成分なのですが、これは腸内の善玉菌のエサになります。
シモン芋は、通常のお芋よりもヤラピンを多く含んでいて、腸の働きを活発にしてくれるのです。

食物繊維や腸の働きを活発にする成分が豊富に含まれていて、便秘の改善、ダイエットにも効果的です。

口にするものですから、なるべく安心・安全なものを選びたいところですね。がばい農園さんでは、茶葉だけでなく水にもこだわっています。地下天然水が使用されていて、まろやかで飲みやすいお茶です。

【飲み方】
急須、ティーポットに1包を入れ、沸騰したお湯を注ぎ5分ほど蒸らしてから飲みます。ホットだけでなくアイスでもおいしく飲めます。

 ▼ シモン茶 (3g×40包入り) の詳細、購入はこちら。

This entry was posted in 便秘解消のためのお茶.