腸をきれいに元気に」カテゴリーアーカイブ

過敏性腸症候群 ( IBS )

過敏性腸症候群 日常生活に大きな支障をきたす便通異常の病気

過敏性腸症候群 ( IBS )は便秘、下痢などの便通異常を慢性的に繰り返す病気です。下腹に常に不快感があり、突然腹痛とともに激しい便通が襲ってくるのが特徴です。たとえば、通勤途中にあわててトイレに駆け込んだり、大事な商談中にトイレに行きたくなってしまったり・・・と大変です。学生さんであれば、試験中にお腹が痛くなることもあります。
繰り返される症状があるために、道中のトイレの場所、トイレに行ける時間などを詳しく把握している人も少なくありません。

排便してしまうとスッキリするのがこの 過敏性腸症候群 ( IBS )の特徴ですが、スッキリするといっても、またいつ腹痛が襲ってくるのかわからないために、常に不安や恐怖でストレスは高まるばかりです。食べることにも抵抗を感じるようになり、食欲不振などに陥るケースもあります。

症状には下痢型、便秘型、混合型の3タイプがあります。一般的に、男性は下痢型が多く、女性は便秘型が多いと報告されています。

過敏性腸症候群 ( IBS )のはっきりとした原因は不明ですが、原因のひとつとして「 ストレス 」があげられています。なんらかのストレスが引き金となって脳からの刺激が腸に伝わり、胃に食べ物が入らなくても結腸反射が起こり直腸に便が運ばれ、便意をもよおしてしまうのです。いわゆるストレスによる条件反射です。便が十分に固まる前に直腸に運ばれるため下痢になります。

お通じのしくみについてはこちら

病院に行かない( 行けない )人が多い

日本にはおよそ1200万人もの 過敏性腸症候群 ( IBS )の患者がいると推定されていますが、 IBS は消化管の病気でもっとも頻度が高い病気です。老若男女に関係なくさまざまな年代の人に起こりますが、年齢別では、10 代 ~ 30 代の女性に多くみられます。ただ、病気だとは思わずに過ごしている人も多く、調査の正確性には欠ける部分も否めません。
この 過敏性腸症候群 ( IBS )は放置しておいたからといって命に関わるわけではありませんが、腹痛、下痢、便秘などの不快な症状が続くのは、強いストレスになります。

便秘や下痢を病気と思わずに市販の薬などで対処している人が多くみられます。普段よくある症状でも、長く続く場合には病気の可能性も考えて、早めに医療機関にかかったほうがよいでしょう。
女性の場合、恥ずかしさのあまり受診しない(できない)人が多いのが問題です。そして、一時的に市販薬などで抑えられてもまた繰り返す場合には、ストレスがさらに大きくなります。
ストレスを解消するには、日常生活の中でリラックスする時間をもつことも大切です。

腹式呼吸は自律神経をリラックスモードにします。

過敏性腸症候群関連

下腹ポッコリはトラブルのもと

「特に太っていないのに下腹がポコッと出ていて悩んでいる」という人、いませんか?
そのポッコリの原因は、腸内環境の乱れからきているのかもしれません。

これを放ったままにしておくと、肌荒れや口臭などのトラブルにもつながってしまいます。

ポッコリしたお腹は美肌の敵

下腹ポッコリに悩んでいる、おなかが張って苦しいという人は、たくさんいると思います。

腸内環境が悪く便秘をしていると、腸内にガスが溜まりやすくなります。人は体から、毎日だいたい2~3リットルもガスを排出しているそうですが、腸内環境が乱れていてこのガスが溜まってしまえば、下腹が出ても当然ですよね。
そして、このようにおなかの中にガスが溜まると、肌にもダメージが大きいのです。
有毒物質を含んだガスは腸壁から吸収され、血液と一緒に体の中を循環します。すると新陳代謝が低下し、肌に元気がなくなります。
また、ガスが毛穴から出ていくときに肌に刺激を与えるため、肌荒れがおこりやすくなるのです。
腸内環境を整えておくことは、美しい肌でいるためにとても大切なことですね。
腸の「こり」をとって気になる下腹ポッコリを改善しよう!

腸のマッサージについてはコチラ。

困った時はこちらもどうぞ。→ おなかの調子を整える整腸剤

善玉菌と血流を増やして腸を若返らせる 〔みんなの家庭の医学より〕

先日テレビ朝日で放送された「みんなの家庭の医学 内蔵若返りスペシャル」の中で、腸の若返りについてもやっていましたね。
山梨県のある村は昔から長寿で知られていますが、その原因は、腸に善玉菌が多く悪玉菌が少ない、つまり腸内環境が良いということでした。

そこに暮らす人たちは、腸年齢が実年齢よりもずっと若く便が臭わないという、なんとも羨ましい事実なのです。
腸年齢が若いということは体が健康であるということで、長寿につながります。

 → 自分の腸年齢を知りたい人はコチラ 腸年齢について(一覧)

現地の人のいろいろな計測をした結果、順天堂大学の医師によると、食物繊維の多い食事をとること、適度な運動をすること、そして、腸の血流がポイント。腸の血流量がアップすると、ぜん動運動が活発におこなわれるため、便を排泄しやすくなります。

血流量が一日で一番多いのが、腸のゴールデンタイムといわれる、夕食の2~3時間後。
その時間に就寝することで腸のぜん動運動がしっかりとおこなわれて、腐敗物、悪玉菌が溜まらないので、腸内環境が良くなるのです。
だから、腸の若返りには、このゴールデンタイムに眠ることも非常に重要なポイント。

生活習慣を改善するのはなかなか難しいですが、便の臭いが気になるという人は、腸年齢を若返らせましょう。腸が若返ると美肌にも絶大な効果があります。

ほかに、腸の血流をアップさせるためのヨガについても紹介していましたよ。
寝る前1分でできるヨガ、良さそうでした。
善玉菌(乳酸菌)を増やすサプリメントならコチラがおすすめ! 乳酸菌生成エキス ラクティス

腸内環境を正常に保つ

便秘は、腸の不調を訴える赤信号です。
偏った食生活やストレスが重なると、腸は真っ先にストライキをおこします。腸はストレスを受けやすく、とってもデリケートなのです。
でも、腸内環境を正常に保っておくと、ストレスにも強くなります。
腸内にある消化吸収途中の食べ物は病原菌の温床ですが、その病原菌の増殖を抑えているのが、ビフィズス菌や乳酸菌です。みなさんも名前は聞いたことがあるでしょう。

このビフィズス菌が減って、ウェルシュ菌などの悪玉菌が増えるとアンモニア、インドール、硫化水素などの有害物質が腸内にたまります。
すると、異常発酵、腐敗をおこし、便秘や下痢の原因にもなるのです。
乳酸菌が作り出す酸類は、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進してくれるので、便通が良くなります。乳酸菌が優勢になる環境づくりには、乳酸菌を含むヨーグルトなどの乳製品や、乳酸菌のエサになるオリゴ糖、納豆などの発酵食品を積極的に食べるのがよいです。
大切な腸だから、腸内細菌のバランスを正常に保って、すっきり便秘を解消しましょう。

腸をきれいにして便秘解消は、腸を正常化させて便秘を解消する方法を紹介しています。