腸をきれいに元気に」カテゴリーアーカイブ

腸と美肌 の関係について

腸と美肌 に関する情報です。

健康な 腸と美肌 は切っても切れない関係にある

腸が老けて悪玉菌が多くなると、肌荒れや吹き出物など肌に影響が出てきます。腸が老けるとはどういうことかというと、加齢と共に私たちの腸内の善玉菌が減少し、悪玉菌が増加することです。そして、腸の老化は、身体だけでなく肌の不調にもつながります。

美肌は健康な腸から生まれる 腸と美肌

美肌は健康な腸から生まれる 腸と美肌

私たちの腸の中にはお花畑(フローラ)のように見えることから「腸内フローラ」といわれている細菌叢があるのですが、この腸内フローラで悪玉菌が増加すると、便に含まれるたんぱく成分が分解されて身体に有害な物質(毒素)がつくられます。そして、その毒素が腸から吸収されて血中を通じて肝臓へ向かい、肝臓がダメージを受けると全身の代謝がダウンして血行が悪くなり、代謝も悪くなるため、肌の調子も悪くなるのです。

また、善玉菌には美肌づくりに欠かせないビタミンB 群をつくり出す働きがあるのですが、その活動を悪玉菌が阻害してしまうことも肌荒れの要因のひとつです。女性の場合なら肌荒れはとっても気になり、ストレスの元にもなってしまうでしょう。代謝を悪くするだけでなく、大切なビタミンまで奪ってしまう悪玉菌の増加こそ、人の見た目を老けさせる大敵というわけです。
腸の健康が、見た目までも若々しく、キレイにするカギなのです。

腸年齢について(一覧) はこちら

腸の老化と肌荒れの様子

  1. 腸内フローラの菌の変化
  2. 悪玉菌の増加
  3. 毒素がつくられる
  4. 毒素が血液へ移動する
  5. 肝臓がダメージを受ける
  6. 全身の代謝が下がり肌荒れが起こる
腸内フローラで菌が変化する
腸の中には100 兆個もの細菌が群生していて、フローラ(花畑)のような状態。腸内フローラのバランスが良ければ腸は健康だけれど、加齢やストレスで変化しやすい。
悪玉菌が増加する
不規則な生活、偏った食習慣などで善玉菌が減り、悪玉菌が優勢になる。腸内細菌のバランスが崩れ、便秘や下痢などのトラブルが起こる。
毒素がつくられる
悪玉菌が増加すると、便に含まれるたんぱく質が分解される。腸の中で有害物質がつくられていく。
毒素が血液へ移動する
有害物質は腸の中にとどまるだけでなく、血液にも送り込まれ、全身に送られていく。
肝臓が弱る
血液に含まれた有害物質は、最終的に肝臓へ送り込まれ、働きにダメージを与える。
全身の代謝が下がり、肌荒れに!
肝臓が弱ると全身の代謝がダウンし、さらに血行も悪くなる悪循環が起こる。肌に最も影響が出て、肌荒れや吹き出物ができやすくなる。

サプリメントで腸を元気にするならこちら → 善玉元気 フローラ健康科学研究所 の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス

毎日の 便 で腸の健康状態をチェックする

便 で腸の健康をチェック

便 で腸の健康をチェック

便の状態を見て健康チェック

おなかの中の調子は直接目で見ることはできませんが、「大事な便り」と書く大便がそれを教えてくれます。さらに、顕微鏡でなければ見えない腸内細菌のことも教えてくれる、とても頼もしいお便りです。
このお便りの読み取り方には、『 ブリストルスケール 』という国際的な基準があります。大便の視覚的な形状を硬さ別に 7 段階に分類したものです。

ブリストルスケール による 便 の分類

    • タイプ 1 コロコロ便 硬くてコロコロしているウサギのふんのような便
    • タイプ 2 硬い便 ソーセージ状ではあるが、ゴツゴツした硬い便
    • タイプ 3 やや硬い便 表面にひび割れのあるソーセージ状の便
    • タイプ 4 普通便 表面が滑らかでソーセージ状またはヘビがとぐろを巻いたような便
    • タイプ 5 やや軟らかい便 はっきりしたシワがある、軟らかい半固形の便
    • タイプ 6 泥状便 境界がほぐれ、ふにゃふにゃした泥のような便
    • タイプ 7 水様便 固形物を含まない液体状の便

日本ではソーセージ状ではなくバナナ状とあらわされますが、このように、コロコロとしたもっとも硬い便がタイプ 1 、真逆の水様でもっとも軟らかい便をタイプ 7 として示されています。この 7 段階の分類のうち、健康な便といえるのはタイプ 3、4、5 の 3 つ。タイプ 1 と 2 は硬すぎ、タイプ 6 と 7 は軟らかすぎです。

私たちが何かを食べて肛門から排泄されるまでにかかる時間は、通常、24~72時間ほどとされています。ですから、それよりも腸内に留まっている時間が極端に長ければタイプ 1 のような硬い便に近くなり、反対に腸内を通過する時間が極端に短ければタイプ 7 のような軟らかい便に近くなるのです。
便のできるまで お通じのしくみ についてはこちら

日本人の便の量は昔より減っている

腸内細菌の数は便の量と深く関係していて、便のおよそ半分は死んだ腸内細菌と生きている腸内細菌によって占められています。腸内細菌の数は、便の量を見れば一目でわかるのです。
時代とともに日本人の食生活は変化し、昔と比べると食物繊維の摂取量が減ったことが原因で、近年では、日本人の便の量が減っているという研究結果があります。便の量の減少とそれに伴う腸内細菌の減少は、私たちの食生活と深く関わっています。肉の摂取量が増え、野菜の摂取量が激減した現在、食生活の乱れのほかストレスの増加なども加わって、日本人の便の量は減り続けているのです。

自分の身体の免疫の要である腸。その健康管理のためにも、毎日の便の状態をきちんと把握することが大切です。

腸が元気になると免疫力がアップする

腸は、脳からの指令を受けなくても、胃から下りてきた食べものの成分を分析してほかの臓器から一番当てはまる分解酵素を出させ、勝手に食べものを消化吸収していきます。もし有毒なものが入ってきた場合には、多量の腸液を分泌して便をゆるくし、体の外へ排出しようとします。これが、いわゆる下痢であり、私たちの体の大事な防衛反応なのです。

そして、腸はいちばん異物に接触しやすい部分です。たとえば、寒い時期になると子供がよくかかる「嘔吐下痢症」という病気は、ロタウイルスやノロウイルスによって引き起こされますが、これは鼻や口から体内へ入り、胃の粘膜に感染するとあっという間に増殖して腸に達してしまいます。

腸と免疫力は密接な関係にある

腸管の粘膜やその周囲のリンパ管にはリンパ球がたくさん集まり、免疫系が活躍しています。腸の動きが速ければお腹が痛み下痢に、反対に動きが鈍いと便秘になります。

腸の動きがスムーズだと腸内環境が快適であるため、「セロトニン」というホルモンが分泌されます。脳内ホルモンとして知られるセロトニンですが、実はその多くは消化管に存在していて、腸は第二の脳とも言われ、精神状態と大きな関係があります。セロトニンは心の安定を保ち、人を快活にするホルモンなので、不足すると感情にブレーキがきかなくなり、うつや不眠、ひきこもりなどになりやすいのです。

つまり、腸の状態が良いと気持ちも上向きになり、免疫システムの中の最強戦士であるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化され免疫力が高まります。腸が若く健康であればあるほど免疫力は高く、腸年齢が若い人は脳年齢も若いという調査結果もあります。

このように、腸と脳と免疫は密接にリンクしています。免疫力との関わりから見ると、腸はストレスの影響を強く受けていることがよくわかります。

善玉菌を増やして腸を若く保つ

腸内で悪玉菌が増えると、発酵ではなく腐敗が進みます。腸内には相当な数の細菌の種類があり、それらは善玉菌、悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌の3つに分けられます。日和見(ひよりみ)菌というのは、腸内に善玉菌が多い時には善玉菌の味方をし、悪玉菌が多い時には悪玉菌の味方をする、どちらにもなりえる腸内細菌です。
悪玉菌はタンパク質を腐敗させて有害物質を発生させ、病気を引き起こします。一方、善玉菌は、腸内の働きを整えて便秘や下痢を防ぎます。また、善玉菌は悪玉菌の活動を抑制し、悪玉菌が生み出した有害物質を中和します。

腸内細菌のバランスの良さを考えたときの理想は、悪玉菌がいない状態です。しかし、悪玉菌は善玉菌よりも種類が多く生命力もはるかに強いので、現実にはこれは無理なことです。年齢とともに善玉菌はだんだん減少して、悪玉菌が増加していきます。

女性は便秘になると肌が荒れたり、ハリやツヤがなくなったりすることがよく指摘されますが、美肌のためには、外側から手入れをする前にまずは体の内側から変わらなければなりません。つまり、腸の状態を若々しくすることが大切なのです。

年齢を重ねたら、なおさら若い時よりも腸内環境に気をつけて、善玉菌を増やし悪玉菌を減らしていくようにしましょう。
悪玉菌を抑えて腸の不快な症状を解消するのは、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌です。

善玉菌が生み出した乳酸菌発酵エキス、腸内環境を整える『善玉元気』