乳酸菌パワー」カテゴリーアーカイブ

生きた乳酸菌が腸までしっかり届く!さらにパワーアップした『乳酸菌革命』

最近、特に注目が集まる乳酸菌

健康に「乳酸菌が欠かせない」と注目が集まり、ヨーグルトなどをはじめとするさまざまな乳酸菌関連商品が販売されるようになりました。乳酸菌のどんな効果にそのパワーが秘められているのか?という点についても少しずつ明らかにされてきました。まだまだ解明されるまでには至りませんが、腸内環境が整うと、肌がキレイになったり、風邪をひかなくなったりなど、いろいろな健康効果があります。

「プロバイオティクス」とは、「健康増進あるいは病気の予防治療に役立つ有益な生きた細菌」のことを指し、現在、主に乳酸菌などの善玉菌がプロパイオティクスとして使用されています。また、腸内にすむ善玉菌などを活性化する物質は、「プレバイオティクス」と呼ばれ、オリゴ糖、食物繊維がこの目的で使用されています。

多くの専門機関で医学歯学分野をはじめ、アレルギー、ピロリ菌感染症、呼吸器ウイルス感染症、大腸機能、肥満などの分野での最新の応用に研究されています。プロパイオティクスの摂取によってナチュラルキラー細胞が活性化し、インフルエンザなどのウィルス感染細胞やガン細胞の抑制につながる点については、これからもますます研究が活発に行われるでしょう。

TV番組でも紹介される

健康長寿のカギは【腸内フローラ】にあったSP テレビ朝日系列『たけしのみんなの家庭の医学』で放送。
多くの乳酸菌を1粒に配合!パワーアップした「乳酸菌革命」

一般的な乳酸菌は、腸に届くまでほとんどが死減しているってご存知でしたか?「乳酸菌革命」は、有胞子乳酸菌と耐酸性カプセルで腸までしっかり届く力強い乳酸菌です!3種類の代表される人気のビフィズス菌エキスをはじめ、話題の乳酸菌エキスが「乳酸菌革命」にギュッと凝縮されています。

今、話題の乳酸菌に、ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌の3大乳酸菌がプラスされ、さらにパワーアップ。
パワーアップした乳酸菌革命はこちら

太らない身体を作る秘密を発見!健康長寿のカギは【腸内フローラ】にあったSP

ちょっと食べただけで太る人、いくら食べても太らない人。この違いは一体どこから生まれるのか?実は近年、そんな太りやすい身体を作る原因が解明され、医学界で熱い注目を集めている。その謎を解くカギこそ、「腸内フローラ」。フローラとは、ラテン語で「お花畑」という意味だ。はたして、太りやすさのカギを握る「腸内フローラ」の正体とは?

サプリはちょっと…という方は

和の食品でも乳酸菌をゲットしようにもあるとおり、乳酸菌を含む食品は漬けものや味噌、しょうゆ、日本酒といった、日本の伝統的な発酵食品にも生きた乳酸菌が含まれています。
こうした食品の乳酸菌は、仕込みのなかで自然発生して(または添加されて)、酸性を保って雑菌の繁殖をおさえ、発酵と熟成を促進します。
さらに酸味を与えるなど、それぞれの食品特有の旨みを出す役目を果たします。
和の食材で乳酸菌摂取を目的に食べるなら漬けもの、中でもおすすめは「ぬか漬け」です。あの独特の酸味は、まさに乳酸菌の産物なのです。ヨーグルトなどの動物性の乳酸菌が合わない人でも味噌やしょうゆ、ぬか漬けなどは体に合うという人が多いのも日本人ならではの体質かもしれません。

乳酸菌パワーで理想の便をつくろうはこちら。

和の食品でも乳酸菌をゲットしよう

乳酸菌を含む食品は、ヨーグルトだけではありませんね。漬けものや味噌、しょうゆ、日本酒といった、日本の伝統的な発酵食品にも生きた乳酸菌が含まれています。
こうした食品の乳酸菌は、仕込みのなかで自然発生して(または添加されて)、酸性を保って雑菌の繁殖をおさえ、発酵と熟成を促進します。
さらに酸味を与えるなど、それぞれの食品特有の旨みを出す役目を果たします。
和の食材で乳酸菌摂取を目的に食べるなら漬けもの、中でもおすすめは「ぬか漬け」です。
あの独特の酸味は、まさに乳酸菌の産物なのです。
乳酸菌には、牛乳からつくられているヨーグルトやチーズといった乳製品にふくまれる動物性乳酸菌と、日本人が昔から摂取しつづけてきた味噌や漬け物など発酵食品に多く含まれる植物性乳酸菌があります。
植物性乳酸菌は、動物性と比べると、過酷な環境でも生き抜くことができて、より、腸を元気にしてくれるのです。
日本人の身体には、やはり植物性乳酸菌のほうが合っているようですね。
ヨーグルトはちょっと苦手だという人は、いつも食卓に漬けものを欠かさない、味噌汁を毎日食べるなど、和食で乳酸菌を摂る工夫をしてみましょう。

手軽にぬか漬けを作るなら、こちらの「ぬか床一年生」がおすすめ。自分で作れば安心です。ぬかと天然酵母のセットに専用容器が付いているから、初心者さんでも簡単にぬか漬けが始められます。

 ▼ 送料無料、ぬか床一年生 容器付き の詳細、購入はコチラ。

※注意すること
天然酵母は生きているので、送られてきたら早めにぬか床を作りましょう。冷蔵庫での保存もお忘れなく。

乳酸菌パワーで理想の便をつくろう

腸内に善玉菌を増やす乳酸菌パワーで理想的な便をつくる

近年、私たちの身体への健康にいろいろ効果的であるとして話題となっている乳酸菌ですが、乳酸菌の一番の働きは、なんといっても腸内環境を整え便秘や下痢を解消することです。
乳酸菌が腸内に入ると、腸内を弱酸性にして悪玉菌を撃退し、それによって、もともと腸内にすんでいる善玉菌が増殖しやすい環境をつくります。さらに、乳酸菌が腸を刺激して、蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進します。
腸内環境が改善されることで、便の回数や量を増やしたり、適度なやわらかさにするなど、ガンコな便秘にも効果を発揮するというわけです。
ヨーグルトの乳酸菌は、加熱しても善玉菌がすみやすい環境をつくる乳酸や、善玉菌のえさとなる乳糖はそのまま残ります。しかも、死滅した乳酸菌は食物繊維と同じような働きをして、便のかさを増量します。
身近な食品に含まれている乳酸菌にも種類はいろいろありますが、乳酸菌食品の代表とされるヨーグルトなどを毎日摂取するよう心がけて、まずは快便を目指しましょう。

牛乳・チーズで善玉菌を増やそう

牛乳・チーズは善玉菌(乳酸菌)を増やす乳製品です。
牛乳に含まれる栄養素の中でも腸の健康に役立つのは、乳糖(ラクトース)といわれているものです。

腸の中の善玉菌のエサとなって、さらに善玉菌を増やしてくれる働きがあるので、コップ1杯(200cc)くらいの牛乳を毎日飲むとおなかが元気になるでしょう。
また、毎日の習慣にすることでカルシウムが補給され、腸のためだけでなく、女性に多い骨粗鬆症の予防にもなります。

牛乳を飲むとおなかがゆるくなる、という人がいると思います。
牛乳に含まれる乳糖は、腸内のラクターゼという乳糖分解酵素によって分解され吸収されます。
ところが、このラクターゼをもっていない人は、牛乳を飲んで下痢をしてしまうのです。

乳児の頃には誰にでもある酵素なのに、成人すると減少していってしまう人がいて、ラクターゼが少なかったり、もっていない場合は、飲んだ牛乳が分解されないまま大腸に運ばれていくので下痢を起こします。

牛乳をあたためてから飲むと下痢になりにくいともいわれますが、それにも個人差はあるようです。
牛乳はどうしても苦手という人には、発酵食品のチーズがおすすめ。

乳を発酵させたチーズは、栄養成分が凝縮され、さらに生きた乳酸菌や酵母が含まれています。製造の過程で乳糖が取り除かれますが、発酵食品のチーズには乳酸菌や生きた微生物が含まれていて、腸の中に善玉菌を増やします。
善玉菌を増やすためには、ヨーグルトどもおすすめです。

味噌、醤油は善玉菌の味方

味噌や醤油など、和食に使われる調味料には発酵食品が多く、日本人は昔から乳酸菌や酵母菌の恩恵を受けています。

乳酸菌や酵母菌には、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を抑えるという、腸内環境を整える働きがあります。また、ぜん動運動をはじめとする腸の働きを活性化させる作用もあって、便秘や下痢を改善するだけでなく、便やガスのにおいを薄くしてくれます。

それから、からだの免疫力を高めたり、風邪などの感染症の予防をしたりなど、様々な健康効果があります。
2種類以上の発酵食品を摂取するようにして、さらに毎日続けて食べる事で、より効果的になるそうです。
生きたまま腸に到達して腸内に常在する乳酸菌が、味噌、醤油には含まれています。
日本人にとっては、味噌や醤油、みりんなどは身近でなじみのある調味料ですから、無理をせずに食生活に取り入れることができるでしょう。塩分が気になるという人もいるかもしれませんが、市販のものは最近は塩分の含有量が控えめな商品が多いので、汁物、煮物、炒め物などどんな料理にも積極的に使いたいですね。

味噌、醤油を使ったレシピは、オフクロの料理類に多く含まれるのでどちらかというと和食がおすすめです。

味噌の驚くべき著効 | 味噌は肌の弾力と潤いをアップさせる