乳酸菌パワー」カテゴリーアーカイブ

乳酸菌パワーで理想の便をつくろう

腸内に善玉菌を増やす乳酸菌パワーで理想的な便をつくる

近年、私たちの身体への健康にいろいろ効果的であるとして話題となっている乳酸菌ですが、乳酸菌の一番の働きは、なんといっても腸内環境を整え便秘や下痢を解消することです。

乳酸菌というのは糖を分解して50%以上の乳酸をつくり出す細菌の総称で、乳酸発酵によって、ヨーグルトをはじめとしたさまざまな発酵食品をつくります。チーズ、サワークリーム、発酵バター、味噌、醤油、漬け物などがあり、食品によって使われる乳酸菌の種類も違います。この乳酸発酵によって、食べ物は消化・吸収されやすいかたちになります。

乳酸菌が含まれる食材

乳酸菌が含まれる食材

乳酸菌が腸内に入ると、腸内を弱酸性にして悪玉菌を撃退し、それによって、もともと腸内にすんでいる善玉菌が増殖しやすい環境をつくります。さらに、乳酸菌が腸を刺激して、蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進します。腸内環境が改善されることで、便の回数や量を増やしたり、適度なやわらかさにするなど、ガンコな便秘にも効果を発揮するというわけです。

ヨーグルトの乳酸菌は、加熱しても善玉菌がすみやすい環境をつくる乳酸や、善玉菌のえさとなる乳糖はそのまま残ります。しかも、死滅した乳酸菌は食物繊維と同じような働きをして、便のかさを増やします。
身近な食品に含まれている乳酸菌にも種類はいろいろありますが、乳酸菌食品の代表とされるヨーグルトなどを毎日摂取するよう心がけて、まずは快便を目指しましょう。

現在では、乳酸菌自体から便秘や下痢に効果的なサプリメントなどもつくられています。

乳酸菌サプリのおすすめ

近年では腸が私たちの全身の健康状態を左右することが広く知られ、ちまたでは「腸活」や「菌活」という言葉がよく聞かれるようになりました。
この腸活や菌活に欠かせないもののひとつに、乳酸菌を摂取することがあります。
そこで、おすすめの乳酸菌サプリメントを挙げてみます。

善玉元気 フローラ健康科学研究所の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス
腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを整える、スティックゼリータイプのサプリメント。この『善玉元気』は、乳酸菌そのものではなく、乳酸菌やビフィズス菌などの多くの種類の善玉菌の共棲培養によってつくられた乳酸菌発酵エキスを主成分としています。メディアでも話題の短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)が含まれています。

フジッコ 善玉菌のチカラ カスピ海ヨーグルトの乳酸菌カプセル
カスピ海ヨーグルトの乳酸菌は生きて大腸まで届くプロバイオティクス。便秘改善、大腸炎の症状の改善に効果があります。 善玉コレステロールを増加させ、中性脂肪を低下させます。便秘解消関連食品~普段の食事まで気を使っているのにどうもスッキリしないという方におすすめです。

乳酸菌生成エキス ラクティスでおなかの乳酸菌を増やす
「ラクティス」は、16種類の乳酸菌を豆乳で培養した乳酸菌サプリメント。乳酸菌生成エキスは、乳酸菌そのものではなくて、乳酸菌がつくり出した乳酸菌を増やすエキスです。16種類の乳酸菌を豆乳の中で育て、熟成させて、乳酸菌を増やすために必要な成分だけを抽出しています。

DHC 生菌ケフィア 生きた乳酸菌と酵母のサプリメント
DHCの「生菌ケフィア」は、生きたケフィアの成分をいつでも手軽に摂取できるように、カプセルに詰めたサプリメント。国産乳と厳選されたケフィア種菌を使用し、ケフィアがサプリメントに加工される際に、凍結乾燥させたのちに粉末化してカプセルに閉じ込めてられています。

快調乳糖 ラクトースでおなかスッキリ
「快調乳糖」は、牛乳に入っている成分『乳糖』(ラクトース)を主成分として、ビフィズス菌、ハトムギ、ビタミンCなどを配合しています。腸内の乳酸菌が乳糖を分解するスピードがとても早いので、効果を早く感じることができますが、人によっては、摂取すると下痢に近い症状になることがあります。

ビフィーナ R(レギュラー) ビフィズス菌を増やしておなかを健康に
ビフィーナ R (レギュラー)は、1包に25億個のビフィズス菌(ロンガム種)・10億個の乳酸菌(アシドフィルス菌、ガセリ菌)とオリゴ糖が含まれた、機能性表示食品です。胃酸に弱いビフィズス菌を独自の「ハイパープロテクトカプセル」に包みこんで、生きたまま腸まで届けます。

ナノ型乳酸菌&オリゴ糖 リニューアル
通常の乳酸菌は菌同士がくっつきやすく、吸収されるまえに大きくなって腸内まで届きにくいのですが、ナノ型乳酸菌は菌同士がくっつきにくいため、しっかり吸収されるという利点があります。
22種類の善玉菌を配合した「ナノ型乳酸菌&オリゴ糖」でおなかスッキリ、便秘を解消しましょう。

乳酸菌パワーで理想の便をつくろう、はこちら

和の食品でも乳酸菌をゲット、漬け物の乳酸菌は長く漬け込むほど増える

日本人が昔から食べてきた発酵食品で乳酸菌を摂取する

乳酸菌を含む食品は、ヨーグルトだけではありません。漬け物や味噌、醤油、日本酒といった、日本の伝統的な発酵食品にも生きた乳酸菌が含まれています。
こうした食品の乳酸菌は、仕込みのなかで自然発生して(または添加されて)、酸性を保って雑菌の繁殖をおさえ、発酵と熟成を促進します。

ぬか漬けは乳酸菌がたっぷり

ぬか漬けは乳酸菌がたっぷり

さらに酸味を与えるなど、それぞれの食品特有の旨みを出す役目を果たします。
和の食材で乳酸菌摂取を目的に食べるなら漬け物、中でもおすすめは「ぬか漬け」です。
あの独特の酸味は、まさに乳酸菌の産物なのです。

乳酸菌には、牛乳からつくられているヨーグルトやチーズといった乳製品に含まれる動物性乳酸菌と、日本人が昔から摂取しつづけてきた味噌や漬け物など発酵食品に多く含まれる植物性乳酸菌があります。
植物性乳酸菌は、動物性と比べると、過酷な環境でも生き抜くことができて、より腸を元気にするといわれています。日本人の身体には、植物性乳酸菌のほうが合っているようですね。

例えば、きゅうりのぬか漬けは、ぬか床中で漬かる際に、米ぬかに含まれるビタミンB1がきゅうりの中へ浸透していきます。
きゅうり(100gあたり=約1本分)に含まれるビタミンB1(0.03mg)はぬか漬けにすると約10倍(0.26mg)に増加します。
きゅうりに限らず、生野菜の状態より、ぬか漬けにした方がビタミンB1含有量が増加します。

ヨーグルトはちょっと苦手!今いち便通がよくならない…という人は、いつも食卓に漬け物を欠かさない、味噌汁を毎日食べるなど、和食で乳酸菌を摂る工夫をしてみましょう。
「ぬか漬けの手作りセット」なども販売されているので、興味がある人は自分で作るのも楽しいかもしれません。

漬け物の乳酸菌は漬ける時間が長いほど発酵がすすんで乳酸菌の数が増える

乳酸菌が含まれている食品は腸の調子を整えてくれますが、日本の伝統食である発酵食品の漬け物は、とても魅力的なものです。

漬け物の材料となる野菜には、野菜自体にビタミンやミネラル、そして食物繊維が豊富に含まれていて腸をきれいにする力が高いのですが、漬け物にすると、乳酸菌の働きがプラスされてさらに快腸さがアップします。

また、漬け物の乳酸菌は、血圧やコレステロールを下げることでも注目されているGABA(ギャバ)をつくりだす力がとても強くて、漬ける時間が長いほど発酵がすすむので乳酸菌の数が増え、GABA(ギャバ)も増えます。

乳酸菌を含んだ漬け物といえば、韓国のキムチも日本の食卓には馴染み深いものでしょう。
特に、材料にアミやイカの塩辛などの動物性タンパク質を使ったキムチは、タンパク質がアミノ酸に分解されることでさらにGABAへ変化するため、乳酸菌だけでなくGABAもたっぷり。
乳酸菌の数は、漬けてから2~3日ほどで1グラム当たり1、000~10、000個にもなるそうです。
キムチやパックに入った塩漬けのように、洗わなくてもそのまま食べることができる漬け物なら、乳酸菌もGABAもそのまま摂取できます。

ぬか漬けにした場合には、ぬかに含まれる成分が野菜にも移ることと、乳酸菌がつくりだす分がプラスされることで、生野菜の状態と比べて、ビタミン類・ミネラルなどの栄養素がとても増えます。

このように、キムチや日本の漬け物には乳酸菌がたくさん含まれていて、腸内を酸性に保って、外部から侵入した病原菌を追い出してくれます。

腸内に善玉菌を増やす乳酸菌パワーで理想的な便をつくるにはこちら

生きた乳酸菌が腸までしっかり届く!さらにパワーアップした『乳酸菌革命』

最近、特に注目が集まる乳酸菌

健康に「乳酸菌が欠かせない」と注目が集まり、ヨーグルトなどをはじめとするさまざまな乳酸菌関連商品が販売されるようになりました。

乳酸菌のどんな効果にそのパワーが秘められているのか?という点についても少しずつ明らかにされてきました。まだまだ解明されるまでには至りませんが、腸内環境が整うと、肌がキレイになったり、風邪をひかなくなったりなど、いろいろな健康効果があります。

乳酸菌

乳酸菌

「プロバイオティクス」とは、「健康増進あるいは病気の予防治療に役立つ有益な生きた細菌」のことを指し、現在、主に乳酸菌などの善玉菌がプロパイオティクスとして使用されています。

また、腸内にすむ善玉菌などを活性化する物質は、「プレバイオティクス」と呼ばれ、オリゴ糖、食物繊維がこの目的で使用されています。

多くの専門機関で医学歯学分野をはじめ、アレルギー、ピロリ菌感染症、呼吸器ウイルス感染症、大腸機能、肥満などの分野での最新の応用に研究されています。プロパイオティクスの摂取によってナチュラルキラー細胞が活性化し、インフルエンザなどのウィルス感染細胞やガン細胞の抑制につながる点については、これからもますます研究が活発に行われるでしょう。

TV番組でも紹介される

健康長寿のカギは【腸内フローラ】にあったSP テレビ朝日系列『たけしのみんなの家庭の医学』で放送。
多くの乳酸菌を1粒に配合!パワーアップした「乳酸菌革命」

一般的な乳酸菌は、腸に届くまでほとんどが死減しているってご存知でしたか?

「乳酸菌革命」は、有胞子乳酸菌と耐酸性カプセルで腸までしっかり届く力強い乳酸菌です!3種類の代表される人気のビフィズス菌エキスをはじめ、話題の乳酸菌エキスが「乳酸菌革命」にギュッと凝縮されています。

今、話題の乳酸菌に、ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌の3大乳酸菌がプラスされ、さらにパワーアップ。
パワーアップした乳酸菌革命はこちら

太らない身体を作る秘密を発見!健康長寿のカギは【腸内フローラ】にあったSP

ちょっと食べただけで太る人、いくら食べても太らない人。この違いは一体どこから生まれるのか?実は近年、そんな太りやすい身体を作る原因が解明され、医学界で熱い注目を集めている。その謎を解くカギこそ、「腸内フローラ」。フローラとは、ラテン語で「お花畑」という意味だ。はたして、太りやすさのカギを握る「腸内フローラ」の正体とは?

サプリはちょっと…という方は

和の食品でも乳酸菌をゲット、漬け物の乳酸菌は長く漬け込むほど増えるにもあるとおり、乳酸菌を含む食品は漬けものや味噌、しょうゆ、日本酒といった、日本の伝統的な発酵食品にも生きた乳酸菌が含まれています。
こうした食品の乳酸菌は、仕込みのなかで自然発生して(または添加されて)、酸性を保って雑菌の繁殖をおさえ、発酵と熟成を促進します。
さらに酸味を与えるなど、それぞれの食品特有の旨みを出す役目を果たします。
和の食品で乳酸菌の摂取を目的に食べるなら漬けもの、その中でもおすすめは「ぬか漬け」です。あの独特の酸味は、まさに乳酸菌の産物ですね。

ヨーグルトなどの動物性の乳酸菌が合わない人でも、味噌やしょうゆ、ぬか漬けなどは体に合うという人が多いのも日本人ならではの体質かもしれません。

乳酸菌パワーで理想の便をつくろうはこちら。

牛乳・チーズで善玉菌を増やそう

牛乳・チーズは善玉菌(乳酸菌)を増やす乳製品です。
牛乳に含まれる栄養素の中でも腸の健康に役立つのは、乳糖(ラクトース)といわれているものです。

腸の中の善玉菌のエサとなって、さらに善玉菌を増やしてくれる働きがあるので、コップ1杯(200cc)くらいの牛乳を毎日飲むとおなかが元気になるでしょう。
また、毎日の習慣にすることでカルシウムが補給され、腸のためだけでなく、女性に多い骨粗鬆症の予防にもなります。

牛乳を飲むとおなかがゆるくなる、という人がいると思います。
牛乳に含まれる乳糖は、腸内のラクターゼという乳糖分解酵素によって分解され吸収されます。
ところが、このラクターゼをもっていない人は、牛乳を飲んで下痢をしてしまうのです。

乳児の頃には誰にでもある酵素なのに、成人すると減少していってしまう人がいて、ラクターゼが少なかったり、もっていない場合には、飲んだ牛乳が分解されないまま大腸に運ばれていくので下痢を起こします。

牛乳をあたためてから飲むと下痢になりにくいともいわれますが、それにも個人差はあるようです。ですから、牛乳はどうしても苦手だという人には、発酵食品のチーズがおすすめ。

乳を発酵させたチーズは、栄養成分が凝縮され、さらに生きた乳酸菌や酵母が含まれています。製造の過程で乳糖が取り除かれますが、発酵食品のチーズには乳酸菌や生きた微生物が含まれていて、腸の中に善玉菌を増やします。善玉菌を増やすためには、やはり乳から作られるヨーグルトもおすすめです。

ヨーグルトは食べたいけれど酸味が苦手という人は、善玉菌を増やすのに役立つオリゴ糖を入れると食べやすくなります。また、手作りできると話題となったカスピ海ヨーグルトは、もともと酸味が少なく食べやすいヨーグルトです。

乳酸菌パワーで理想の便をつくろう、はこちら