便秘」タグアーカイブ

届く強さの乳酸菌 W ( ダブル ) プレミアガセリ菌 CP2305

アサヒ飲料 の 乳酸菌飲料 届く強さの乳酸菌 W ( ダブル ) に関する情報です。 腸内環境を整えるだけでなく、睡眠の質( 眠りの深さ )を高めるのに役立つ機能がある乳性飲料です。

届く強さの乳酸菌 W ( ダブル ) 乳酸菌飲料

届く強さの乳酸菌 W ( ダブル ) 乳酸菌飲料

ストレスで眠りが浅い人、おなかの調子を整えたい人に 届く強さの乳酸菌 W

届く強さの乳酸菌 W ( ダブル ) プレミアガセリ菌 CP2305 は、「 カルピス 」に由来する長年の乳酸菌研究によって選び抜かれた特別な乳酸菌 ガセリ菌 CP2305 株 を配合した 乳酸菌飲料 です。 ガセリ菌 CP2305 株 には、心理的なストレスを和らげ、睡眠の質( 眠りの深さ )を高めるのに役立つ機能、また、腸内環境の改善に役立つ機能があることが報告されています。ストレスがあってよく眠れない人や腸内環境が気になる人におすすめです。

ガセリ菌 CP2305 には、次の 2つの機能があることが報告されています。

  1. 睡眠の質( 眠りの深さ )を高めるのに役立つ機能
  2. 腸内環境の改善に役立つ機能
睡眠の質( 眠りの深さ )を高めるのに役立つ機能
精神不安による不調、睡眠の質を改善してストレスを緩和します。
腸内環境の改善に役立つ機能
殺菌した乳酸菌飲料で初めて、便秘・下痢を有意に改善します。

プレミアガセリ菌 CP2305 は現代社会人に必要な乳酸菌

ストレスを受けることが原因で、便秘になったり下痢になったりと腸の不調を訴える人は大勢います。これは、脳と腸がネットワークで密接につながっていることから起こります。

従来の乳酸菌と プレミアガセリ菌 CP2305 の違い

従来の乳酸菌、 プレミアガセリ菌 CP2305 のどちらにも共通しているのは、「 腸内環境を整える働きがある 」ということです。これまでの乳酸菌の働きについては、腸内で悪玉菌を減らし善玉菌を増やして腸内環境を整えていましたが、腸内に定着するのが弱く、改善効果は一時的なものになってしまうというデメリットがありました。一方、 届く強さの乳酸菌 W に含まれる プレミアガセリ菌 CP2305 は、腸に馴染む性質を持っているため、腸内細菌を構成するメンバーの一員となって善玉菌を増やしながら、腸管を刺激して、 脳腸相関 ( 脳と腸の密接な関わり )を介して生体機能を正常に保ち、腸内環境を整えます。

常温保存が可能なので、まとめ買いをしても大丈夫なのがうれしいところです。

腸内環境を整えるために飲んでみたい 乳酸菌飲料

乳酸菌飲料 植物性乳酸菌 ラブレ ダブル 腸内環境の改善と肌の潤いを守るのを助ける

カゴメ の 乳酸菌飲料 植物性乳酸菌 ラブレ に関する情報です。

植物性乳酸菌 ラブレ 乳酸菌飲料

植物性乳酸菌 ラブレ 乳酸菌飲料

植物性乳酸菌 ラブレ 菌の ダブル の 機能

カゴメ ラブレ ダブル は、生きて腸で働く 植物性乳酸菌 ラブレ菌 ( KB290 )を配合した、 機能性表示食品 の 乳酸菌飲料 です。ラブレ菌は、お通じと腸内環境を改善すること、肌の潤いを守るのを助けることが報告されています。おなかの調子と肌の調子を上げるのに ダブル で働きます。テレビ CM には 女優 の 井上真央 さんが出演しています。

腸内環境を改善する
ラブレ菌を 2 週間摂取することで腸内環境やお通じを改善します。生きて腸まで届き、善玉菌が増えるように腸内環境を整え、乳酸や酢酸が腸のぜん動運動を促進し、便の排出を促します。
肌の潤いを守るのを助ける
肌試験の結果、ラブレ菌の摂取により、肌の潤いの指標である「角層水分量」が維持・改善されることが確認されています。肌の乾燥が気になる人におすすめです。

生きて腸まで届く 植物性乳酸菌

乳酸菌 には、おもに乳製品などをつくる 動物性乳酸菌 と、野菜や豆などを発酵させる 植物性乳酸菌 があります。 動物性乳酸菌 に比べ過酷な環境で育つ 植物性乳酸菌 は、生きて腸に届くのです。

植物性乳酸菌 は、胃酸などの消化液に負けず、生きて腸まで届きます。そして、 ラブレ菌 は腸の中でも生きて活動します。毎日いきいきと健康でいられるために、しっかり摂取しておきたい 乳酸菌 です。日本人に昔から馴染みのある味噌や納豆、漬け物などは、 植物性乳酸菌 の発酵 でつくられています。 ラブレ菌 も、『 すぐき漬け 』という京都の漬け物から発見されました。

カロリーや糖質が少なめな 乳酸菌飲料

ライムの爽やかな味わいで飲みやすく、毎日の健康をおいしくサポートします。コレステロール・脂肪 0 に加えて、砂糖・甘味料不使用でスッキリとした甘さなので、起床時、お風呂あがりや寝る前などにもおすすめです。

一般的な 乳酸菌飲料 の原料は 乳と糖類 が多く使用されているのですが、 ラブレ の原料は、主にりんご、生姜、大豆といった植物性素材が配合されています。ですから、一般的な 乳酸菌飲料 と カロリー を比較すると、 カゴメラブレ のほうがだいぶ抑えられているのがわかります。

【 ラブレシリーズ の ラインナップ 】
植物性乳酸菌 ラブレ には ダブル のほか、たっぷり食物繊維、1日分の鉄分、1食分のカルシウム&ビタミンD があります。 ( こちらの3種は 機能性表示食品 ではありません )

腸内環境を整えるために飲んでみたい 乳酸菌飲料

腸内環境を整えるために飲んでみたい 乳酸菌飲料

腸内環境を整える、便秘を改善するための 乳酸菌飲料 に関する情報です。

乳酸菌飲料 ってどんなもの?

腸の中の善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを保ち、病気になりにくい体をつくる。そして、 乳酸菌 のチカラで便通も整えましょう。

乳酸菌飲料 と  ヨーグルト ( はっ酵乳 )の違いは、牛乳の無脂乳固形分の割合です。ヨーグルトが8% 以上なのに対して、3% 以上のものが「 乳製品乳酸菌飲料 」、そして3% 未満のものが「 乳酸菌飲料 」とされています。また、乳酸菌数の基準は、1ml あたりに、乳製品乳酸菌飲料が 1,000 万個以上、乳酸菌飲料が 100 万個以上です。

乳脂肪分の少なめな乳酸菌入り飲料なら、ヨーグルトが苦手な人にもおすすめです。
CM がオンエアされていて知られているものもありますが、それでは、その乳酸菌入り飲料をいくつか紹介していきます。

乳酸菌飲料 で腸内環境を整える

乳酸菌飲料 で腸内環境を整える

腸内環境を改善する 乳酸菌飲料 の紹介

ピルクル / 日清ヨーク
1993 年に発売されたピルクル( 150 億個以上の乳酸菌 NY 1301株 を含む )が、2021 年 4 月に、乳酸菌 NY1301株 400 億個以上を含む ピルクル 400 としてリニューアルされています。乳酸菌が増え、さらに腸内環境を改善するトクホ(特定保健用食品)です。「クリティカルヒーット!!」のフレーズの CM が印象的です。
ヤクルト400 W / ヤクルト ( 宅配専用 )
生きたまま腸まで届く乳酸菌 シロタ株 ( L.カゼイ YIT 9029 )と、腸内でビフィズス菌を増やすガラクトオリゴ糖をダブルで含んだ乳製品乳酸菌飲料です。ダブルの強さでお通じの改善を目指す機能性表示食品です。こちらの ヤクルト400 W は、地域限定の宅配専用品となっています。
植物性乳酸菌 ラブレ  ダブル / カゴメ
ラブレプレーンの従来品の菌数と比べてラブレ菌( KB290 )が3倍配合されています。お通じと腸内環境を改善していく機能性表示食品です。コレステロール・脂肪が0、砂糖・甘味料は不使用でカロリーや糖質が気になる人にもおすすめです。
届く強さの乳酸菌  W( ダブル ) プレミアガセリ菌 CP2305 / アサヒ飲料
カルピスでおなじみのアサヒ飲料の機能性表示食品。ガセリ菌CP2305 株が配合されています。睡眠の質を高めるのに役立つ、腸内環境の改善に役立つ、このダブルの機能をもった乳酸菌飲料です。
ビフィズス菌のむヨーグルト / 日本ルナ
生きて腸まで届いて働くビフィズス菌(HN019)が配合された、のむヨーグルトです。酸味が抑えられているのでヨーグルトの酸味が苦手な人にも飲みやすくなっています。カルシウムと鉄が入っているので特に女性におすすめです。

乳酸菌パワーで理想の便をつくろう

乳酸菌サプリメントならこちら、 善玉元気 フローラ健康科学研究所 の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス

便秘になる主な原因

排便がなく、おなかがポッコリしてくる・・・おなかが重いと気持ちまで重くなり、ため息ばかり。

特に女性にとって、お通じの悩みは大きいですね。
たかが便秘、と思う人もいるかもしれませんが、便秘に悩む人たちにとっては、とても深刻な問題です。では、どうして便秘になるのでしょう?

お腹がはってため息ばかり

お腹がはってため息ばかり

便秘の主な原因として

  • 食事や生活習慣の乱れ
  • 睡眠不足
  • 水分不足
  • ストレス
  • 運動不足

が挙げられます。もちろん、このほかにも原因は考えられますが、いずれにしても、腸内に便が溜まったままになると悪玉菌が増えて腸内の腐敗が進み、有害ガスが発生します。
その結果、おなかが張る、肌が荒れる、肩がこるといった症状が出てきたり、全身にまで影響を及ぼすのです。
腸内を腐敗させないために大事なのは、便秘を解消すること。
原因を知った上で、自分に合った便秘解消法を見つけ、健康な生活を送りましょう。

女性が便秘をしやすいのはどうして?

あまり口には出さなくても、お通じのことでひそかに悩んでいる女性は多いと思います。
美容と健康の大敵である便秘は、女性と縁が深いのです。これは、からだの機能や生活スタイルなど、女性には便秘しやすい条件がたくさんあるからです。
女性が便秘になりやすい原因には次のようなものがあります。

黄体ホルモン
排卵がおきて生理が始まるまでのあいだ、卵巣から大量の黄体ホルモンが分泌されます。これが腸のぜん動を抑制し、便意への感受性を弱めるために、女性はどうしても便秘になりやすいのです。

ダイエット
痩せたいからと食事の量を極端に減らすと、当然、便の量もわずかです。そうなると、快便の爽快感もありませんね。

朝食抜き
からっぽの胃の中に食べ物が入ると、その刺激が大腸に伝わり、反射的に大腸がぜん動運動を始めます。だから、朝食はとっても大事なんです。朝は忙しく時間も惜しいですが、食事抜きはよくありません。しっかり朝食をとりましょう。

食物繊維不足
食物繊維は、大腸に吸収された水分をもう一度ひきもどして便をやわらかくし、排泄しやすくしてくれる心強い味方です。でも、最近の日本人の食事は欧米型に変化してきて、肉や加工食品など食物繊維の少ないものばかりです。これも便秘の大きな原因のひとつなのです。便秘気味の人は、食物繊維をしっかり摂ることを意識しましょう。

不規則なトイレタイム
出勤時間ギリギリまで寝ていたり、会社では何度もトイレにたつのが恥ずかしかったり、忙しくてつい行きそびれたりして、決まった時間になかなかトイレに行けないことが、便秘体質をつくる原因となっています。

ダイエットによる便秘について

出るべき量がなければ出ない!
「今朝はたくさん出てスッキリした!」というくらい気持ちのいいお通じを体感したいと思ったら、ある程度まとまった量の便が出なければなりません。少量の排便では、スッキリ快便の爽快感はとても味わえないですよね。

ところが、ダイエットをしていて食事の量が少ない人は、食べ物のカスもわずかですから、たとえ毎日お通じがあったとしても、それは快便とは言えません。

また、ダイエットで生野菜をよく食べると食物繊維をたくさん摂っているように思いますが、熱を加えた野菜に比べると、生野菜で摂取できる食物繊維の量はほんのわずかです。
さらに致命的なのが、朝食を抜くこと。お通じを促す「胃・結腸反射」は、空っぽの胃に食べ物が入ったときに起こるものですから、朝食をとることはとても大切なのです。
今、便秘で悩んでいる人、もしかしたらダイエットが原因ではありませんか?

ストレスによる便秘

宿便ができる原因と健康な排便の状態

便秘の種類

便秘の種類 に関する情報です。

便秘の種類

便秘の種類

あなたの便秘はどのタイプ? 便秘の種類 を知る

ひとくちに 便秘 といっても、さまざまなタイプがあります。 便秘 の大半は、命には別状のない常習性便秘。しかし、例えば中年以降の頑固な便秘の場合、大腸ガンを疑ってみることも必要です。現代は 2人に1人がガンになる時代 です。できるだけ定期検診を受けたり、自分の健康に関心を持つことが大切だと想います。
そこで、自分の 便秘のタイプ を知り、それに応じた対策を立てましょう。

便秘になる原因についてはこちらのとおりですが、便秘には、大きく分けると器質性便秘と機能性便秘の 2 種類があります。

器質性便秘 は、大腸の病気などの異常からくる危険な便秘ですので専門医の診療が必要になります。一方の 機能性便秘 は、 便秘 で悩むほとんどの人がこちらのタイプで、機能性便秘はさらに、旅先などでおこる急性の 一過性単純性便秘 、慢性の 常習性便秘 に分けられます。
最近では、ストレスからくるといわれている 過敏性腸症候群 ( IBS )も話題となっています。

常習性便秘には、大腸の ぜん動運動 が弱くておこる 弛緩性便秘( しかんせいべんぴ )と、大腸の運動が強すぎておこる 痙攣性便秘 ( けいれんせいべんぴ )、そしてトイレを我慢するうちに便意がおこらなくなる「 直腸性便秘 」の 3 つのタイプがあります。ただし実際には、機能性便秘の場合の便秘のタイプを調べる検査の方法はなくて、判別のつきにくいケースも多いのです。

常習性便秘の3つのタイプ

弛緩性(しかんせい)便秘

大腸の緊張が緩んで、蠕動(ぜんどう)運動が弱いためにおこる便秘。お年寄りや体力のない人、ダイエットをしている人、お腹がはりやすい人、女性に多いです。生活や食事を変えて、便秘を解消しましょう。

痙攣性(けいれんせい)便秘

大腸の運動が強すぎてけいれんを起こすために、便の通過が妨げられて起こる便秘。コロコロした便が出たり、左下の腹痛があったりします。便秘薬を飲むとかえって下痢や腹痛を起こすことがあるので、まずは、医師の診断を受けるのがよいでしょう。

直腸性便秘

便意をガマンしているうちに、直腸の神経が鈍くなって排便反射が起こらなくなってしまう便秘。便意を感じたら、チャンスを逃さないことが大事。このタイプも、生活や食事を変えて自分で治す努力をして便秘を解消しましょう。会社に行く前は便意があったのに会社に着くと便意がなくなってしまう人がいます。

一過性単純性便秘

環境が変わったり、精神的な影響を受けたことにより起こる一時的な便秘です。元の生活などに戻れば自然に解消されるので、心配いらないでしょう。

過敏性腸症候群

便秘と下痢を交互に繰り返しているという人もいると思います。これは、精神的ストレスが原因で起こるといわれていて、腸の運動機能が異常に高まって便通異常や腹痛を起こすものです。ただ、便秘の症状だけが現れることもあるので、単なる便秘と区別するのが難しい人もいます。
まずは、専門医の診断を受けましょう。
過敏性腸症候群について詳しくはこちら

女性に最も多いのは「直腸性便秘」

3つの常習性便秘の中でも、女性に最も多いのが直腸性の便秘です。便意をもよおしても、人前でトイレに立つのが恥ずかしかったり、忙しくて、ついトイレに行く機会をのがしてしまい、気がついたらもう便意がなくなっていたなど、経験がある人は多いでしょう。
これが何度もたび重なると、やがて常習性便秘となってしまうのです。便意をもよおした時をのがさないようにして、少しでも便秘を解消したいですね。

ほかの病気と関係した便秘 について

便秘には、何かの病気が原因となって便秘を引き起こしている場合があります。自分の便や症状の観察を習慣にして、気になることがあれば早めに病院へ行きましょう。

器質性便秘

先天的、後天的な大腸の異常や病気によって起こる便秘のことをいいます。大腸ガンによる便秘もこれに含まれます。大腸の病気がある人は専門医の治療が必要です。

症候性便秘

大腸以外の病気のひとつの症状として起こる便秘です。大腸の病気ではないけれど、脳梗塞、うつ病、甲状腺機能低下症、糖尿病、心疾患など何らかの病気が原因と考えられます。これも専門医の治療が必要です。

薬物性便秘

これは、常用している薬に大腸の運動を抑制する副作用があるために起こる便秘です。抗コリン剤、抗うつ剤、抗パーキンソン病剤、降圧剤、利尿剤などを常用していて便秘があるという人は、主治医に相談をしましょう。

症候性便秘かも、と思ったら専門医の診察を受ける

例えば急性の便秘では、腸閉塞を起こしていたり、腸捻転が原因のこともあります。また、慢性的な便秘では、大腸ポリープや大腸ガンができていたり、女性なら子宮筋腫が腸を圧迫しているのが原因となっていることもあります。逆に便秘が、これらの病気の誘因となることもあるのです。

自分の便や症状をよく観察して、次のチェック項目のうち、あてはまる症状があったり、気になるようなことがあれば、早めに病院で診察を受けましょう。できれば、消化器専門の医師にかかるのがいいでしょう。

  • おなかがすごく痛い、または吐き気がすることがある
  • 便の形が不ぞろいになっている
  • 便に血液や粘液が混じっている
  • あまり便秘をしたことがなかったのに、最近急に便秘になった
  • 幼児期から便秘が続いている
  • いろいろ工夫しても、なかなか便秘解消しない
  • どうしても下剤を使わなくては、便通がない

便のできるまではこちら。