便秘」タグアーカイブ

ヨーグルト の パッケージ に注目、成分表示 をチェックする

ヨーグルト の パッケージ に関する情報です。市販されている ヨーグルト には、とてもたくさんの種類があります。その中で、どれを選んだらいいのかわからないときには、 パッケージ に注目してみましょう。

ヨーグルト の パッケージ の表示をチェック

ヨーグルト の パッケージ の表示をチェック

ヨーグルト の 成分 をチェックしてみる

食品のパッケージには、 栄養成分表示 というものがあります。内容量あたりのエネルギー ( カロリー )をはじめ、たんぱく質や脂質、炭水化物、食塩相当量などが記載されています。
ヨーグルトの場合なら、カルシウム量も記されています。そのほかにも、メーカーによっては、カロリーや糖質、脂質のほか、強化した栄養成分が表示されていたりします。食物繊維、カルシウム、ビタミン類などを強化した 機能性ヨーグルト も続々登場していますので、それらの中から自分に不足しがちな栄養素をカバーできるものを見つけるといいですね。同じように見えるヨーグルトでも、糖質や脂質が多く高カロリーのものもありますから、カロリーを気にしている人などは成分表をチェックして、摂取過剰にならないよう気をつけましょう。

このように、どれを選んだらいいのかわからないときには、パッケージに表示されている栄養成分表を見比べて、選ぶときの参考にしてみるとよいでしょう。

乳酸菌の名前が重要なカギ

市販されているヨーグルトのパッケージには乳酸菌や株の名前が記されているので、今まであまり興味がなかったという人も、ちょっと気にして見てみるといいかもしれません。科学的に検証された乳酸菌には学名や菌株ナンバーがあり、正式名または通称でパッケージに記載されています。乳酸菌の名前でその効用を知ることができます。

トクホ は生きて腸に届く証し

厚生労働省認定の「 特定保健用食品 」( トクホ )のマークは知っている人が多いと思います。いろいろな食品に表示されていますが、このトクホのマークがあれば、その乳酸菌は生きて腸まで届くことが確かめられている証しであり、安心の プロバイオティクス食品 です。

ヨーグルトのタイプと食べ方のポイント

その状態のまま市販されているプレーンヨーグルト、フルーツ入りが主流のソフトヨーグルト、寒天やゼラチンを加えたハードヨーグルト、ひんやり感を楽しめるフローズンヨーグルト、ごくごく飲めるドリンクヨーグルト、といったタイプがあります。どのタイプも、ベースは牛乳を乳酸菌で発酵させたヨーグルトですが、見た目も食感も少しずつ違いますね。いろいろなタイプを楽しみながら食べるのも、長く続けられるコツです。

食べ方のポイント
  • 理想の量は1日200g。まずは100gから始めてもいいでしょう。
  • おすすめは朝食後にまとめて食べることですが、1日のうちで分けて食べてもOK。
  • 長く続けるほど効果大です。味、トッピングのバリエーションで長続きの工夫をしましょう。
  • カロリーの摂りすぎに注意。無糖プレーンを中心に。

機能性ヨーグルト には 整腸作用 プラスアルファ の健康効果がある

ヨーグルト の パッケージ の、「 LG 」や「 LC 」などの文字を見たことがある人もいると思います。まさにそれらが、何らかの健康効果を持つ乳酸菌や株の略称をあらわしているのです。
このようなヨーグルトは、特定の乳酸菌や株、成分を入れることで、 整腸 効果だけではなく、 プラスアルファ の機能が強化されていて、『 機能性ヨーグルト 』と呼ばれています。
例えば、免疫力を強化する、血糖値やコレステロール値をコントロールする、胃潰瘍の原因となるピロリ菌を減少させるなど、それぞれに機能を持っています。

市販されている ヨーグルト の中には、その整腸作用によって、 特定保健用食品 ( トクホ )として認められているものがあります。その基準は、ヨーグルト 1 g あたり乳酸菌数 1,000 万個以上の 乳酸菌 が含まれていることです。そして、乳酸菌の持つさまざまな健康への効果が注目されています。

便秘 になる主な 原因

便秘 の 原因 に関する情報です。

排便がなく、おなかがポッコリしてくる・・・おなかが重いと気持ちまで重くなり、ため息ばかり。特に女性にとっては、お通じの悩みは大きいですね。
たかが 便秘 と思う人もいるかもしれませんが、 便秘 に悩む人たちにとっては、とても深刻な問題です。では、私たちはどうして 便秘 になるのでしょう?

あなたの 便秘 の原因 は? お腹が重いと気持ちも重い

あなたの 便秘の原因 は? お腹が重いと気持ちも重い

便秘の主な原因として、次のようなことが挙げられます。

  • 食事や生活習慣の乱れ
  • 睡眠不足
  • 水分不足
  • ストレス
  • 運動不足

もちろん、このほかにも原因は考えられますが、いずれにしても、腸内に便が溜まったままになると悪玉菌が増えて腸内の腐敗が進み、有害ガスが発生します。その結果、おなかが張る、肌が荒れる、肩がこるといった症状が出てきたり、全身にまで影響を及ぼす可能性があります。

腸内を腐敗させないために大事なのは、便秘を解消すること。原因を知った上で、自分に合った便秘解消法を見つけ、健康な生活を送りましょう。

女性が 便秘 をしやすい 原因 とは?

あまり口には出さなくても、お通じのことでひそかに悩んでいる女性は多いと思います。美容と健康の大敵である便秘は、女性と縁が深いのです。これは、からだの機能や生活スタイルなど、女性には便秘しやすい条件がたくさんあるからです。
男性に通じるものもありますが、女性が 便秘になりやすい原因 には次のようなものがあります。

女性ホルモン( 黄体ホルモン )の影響
排卵がおきて生理が始まるまでのあいだ、卵巣から大量の黄体ホルモンが分泌されます。これが腸のぜん動を抑制し、便意への感受性を弱めるために、女性はどうしても便秘になりやすいのです。
ダイエット で食べる量が少ない
痩せたいからとダイエットのために食事の量を極端に減らすと、当然、便の量もわずかです。そうなると、快便の爽快感もありません。
朝食を抜いている
からっぽの胃の中に食べ物が入ると、その刺激が大腸に伝わり反射的に大腸がぜん動運動を始めます。だから、快便のために朝食はとても大事なのです。朝は忙しく時間も惜しいですが、食事抜きはよくありません。しっかり朝食をとりましょう。
食物繊維が不足している
食物繊維は、大腸に吸収された水分をもう一度ひきもどして便をやわらかくし排泄しやすくしてくれる、心強い味方です。でも、最近の日本人の食事は欧米型に変化してきて、肉や加工食品など食物繊維の少ないものばかりです。これも便秘の大きな原因のひとつなのです。便秘気味の人は、食物繊維をしっかり摂ることを意識しましょう。
トイレタイムが不規則になってしまう
出勤時間ギリギリまで寝ていたり、会社では何度もトイレにたつのが恥ずかしかったり、忙しくてつい行きそびれたりして、決まった時間になかなかトイレに行けないことが、便秘体質をつくる原因となっています。

ダイエットによる便秘について

出るべき量がなければ出ない!
「今朝はたくさん出てスッキリした!」というくらい気持ちのいいお通じを体感したいと思ったら、ある程度まとまった量の便が出なければなりません。少量の排便では、スッキリ快便の爽快感はとても味わえないですよね。

ところが、痩せたいという思いなどからダイエットをしていて、食事の量が少ない人は食べ物のカスもわずかですから、たとえ毎日お通じがあったとしても、それは快便とは言えません。

また、ダイエットで生野菜をよく食べると食物繊維をたくさん摂っているように思いますが、熱を加えた野菜に比べると、生野菜で摂取できる食物繊維の量はほんのわずかです。
さらに致命的なのが、朝食を抜くこと。お通じを促す「 胃・結腸反射 」は、空っぽの胃に食べ物が入ったときに起こるものですから、朝食をとることはとても大切なのです。
今、 便秘 で悩んでいる人、もしかしたら ダイエット が 原因 ではありませんか?

ストレスによる便秘

宿便ができる原因と健康な排便の状態 についてはこちら

宿便 ができる原因、健康な排便の状態とは?

宿便 の原因と、健康な排便の状態に関する情報です。排便は必ず1日1回あるのが正常とは限らず、毎日お通じがあったとしても、量が極端に少なかったり、便が残っているような感じがあれば、それは 便秘 です。

便秘になる原因 はいろいろあります。決まった時間にトイレタイムがとれないこと。それに、食生活が欧米化していること、加工食品をたくさん食べるようになり食物繊維不足になったことです。
また、ダイエットをする人が増えたこと、朝食抜きや運動不足で腹筋が弱まり、便を押し出す力が弱くなるのも一因です。さらに女性の場合は、黄体ホルモンが 腸の蠕動 ( ぜんどう )運動 を抑制してしまうため、どうしても便秘になりがちです。

自分は便秘かな?と思ったら、自分の便秘のタイプを知りましょう。
便秘の種類はこちら

宿便 の原因は?

宿便 の原因は?

ぜん動運動 の低下によっておこる 宿便

私たちが食べた物は、胃と小腸で消化・吸収され、残ったカスが大腸へ送られます。そして、このカスから水分をしぼり取ったあと、直腸へ送るのが大腸の役目です。

腸は食べ物をスムーズに送り流すため内側の筋肉を細かく波打たせていて、この動きを腸の「 ぜん動運動 」といいます。ぜん動運動が弱くなってしまうと腸の中の流れが停滞し、大腸の内側にカスがこびりついて、腸内に長くとどまってしまいます。これが 宿便 ( しゅくべん )といわれるものです。宿便は 滞留便 ( たいりゅうべん )とも呼ばれます。宿便が増えると大腸が変形して、その状態にさらにカスが溜まります。この溜まったカスが腐敗して、ガスを出すのです。

ぜん動運動が正常におこなわれている健康な腸は、詰まりがなくて腸の太さがほぼ均一です。便が腸に長い間とどまることがないので、カスが腐敗することがなく、ガスも溜まりません。逆に、ぜん動運動が低下した腸には、宿便がこびりつき大腸が変形してしまいます。腐敗したカスが溜まり、ガスも溜まっておなかが張ってしまうのです。

宿便を押し出すための 大腸のマッサージについてガス抜きの方法

服薬が原因の便秘もある

何かの治療のために、普段から服用している薬はありますか? 服用している薬の副作用で便秘が起こりやすくなることもあるのです。

例えば、高血圧の治療に使われる降圧剤、アレルギー性鼻炎や皮膚炎などの治療に使われる抗ヒスタミン剤、うつ病の治療に使われる抗うつ剤、痛みを抑えるために用いられる鎮痛剤やステロイド剤などは、腸の運動を抑制して、弛緩性便秘を招くことがあります。

ただし、便秘の原因かもしれないからといって治療に必要な薬の服用をやめてしまうと、もともとの病気が悪化するおそれがあります。また、薬の副作用で便秘が起きているかもしれないときに、その薬を使い続けながら、自分の判断だけで市販の便秘薬を併用するのもおすすめできません。

便秘の症状がひどいときは、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。薬を替えることで、便秘を解消できることもあります。

ニオイがない便は健康!

ニオイがない便は健康!

健康な排便の状態とは

健康な便の状態には、次のような目安があります。

  • 毎日出る
  • 朝、早い時間に出る
  • 便があまり臭わない
  • 色が濃すぎない
  • バナナ状の形
  • 適度な硬さがある
  • 水に浮く

こういった条件がすべて満たされているのが、理想的な排泄です。回数については、朝のほか午後か夕方にもう一回排便があることもあります。

便秘 は万病の源といわれ、身体全体にエネルギーの乱れを広げてしまいます。また、 痔 や 過敏性腸症候群 は肛門や腸に対するエネルギーの乱れが元で起き、メンタル面の病気は神経系統のエネルギーが影響を受けて起こります。

この点から、 便秘解消 には、エネルギーを整え自律神経の働きを正常化させる、早寝・早起きがよいと言えます。それから朝食をしっかり食べて、便意がなくても毎朝トイレにいく習慣をつけると、だんだん自然な排便ができるようになるでしょう。
寝る時間が遅いと、まず神経のエネルギーが乱れて、それが排泄のエネルギーの悪化を引き起こし、便秘になります。

便秘の種類

便秘の種類 に関する情報です。

便秘の種類

便秘の種類

あなたの便秘はどのタイプ? 便秘の種類 を知る

ひとくちに 便秘 といっても、さまざまなタイプがあります。 便秘 の大半は、命には別状のない常習性便秘。しかし、例えば中年以降の頑固な便秘の場合、大腸ガンを疑ってみることも必要です。現代は 2人に1人がガンになる時代 です。できるだけ定期検診を受けたり、自分の健康に関心を持つことが大切だと想います。
そこで、自分の 便秘のタイプ を知り、それに応じた対策を立てましょう。

便秘になる原因についてはこちらのとおりですが、便秘には、大きく分けると器質性便秘と機能性便秘の 2 種類があります。

器質性便秘 は、大腸の病気などの異常からくる危険な便秘ですので専門医の診療が必要になります。一方の 機能性便秘 は、 便秘 で悩むほとんどの人がこちらのタイプで、機能性便秘はさらに、旅先などでおこる急性の 一過性単純性便秘 、慢性の 常習性便秘 に分けられます。
最近では、ストレスからくるといわれている 過敏性腸症候群 ( IBS )も話題となっています。

常習性便秘には、大腸の ぜん動運動 が弱くておこる 弛緩性便秘( しかんせいべんぴ )と、大腸の運動が強すぎておこる 痙攣性便秘 ( けいれんせいべんぴ )、そしてトイレを我慢するうちに便意がおこらなくなる「 直腸性便秘 」の 3 つのタイプがあります。ただし実際には、機能性便秘の場合の便秘のタイプを調べる検査の方法はなくて、判別のつきにくいケースも多いのです。

常習性便秘の3つのタイプ

弛緩性(しかんせい)便秘

大腸の緊張が緩んで、蠕動(ぜんどう)運動が弱いためにおこる便秘。お年寄りや体力のない人、ダイエットをしている人、お腹がはりやすい人、女性に多いです。生活や食事を変えて、便秘を解消しましょう。

痙攣性(けいれんせい)便秘

大腸の運動が強すぎてけいれんを起こすために、便の通過が妨げられて起こる便秘。コロコロした便が出たり、左下の腹痛があったりします。便秘薬を飲むとかえって下痢や腹痛を起こすことがあるので、まずは、医師の診断を受けるのがよいでしょう。

直腸性便秘

便意をガマンしているうちに、直腸の神経が鈍くなって排便反射が起こらなくなってしまう便秘。便意を感じたら、チャンスを逃さないことが大事。このタイプも、生活や食事を変えて自分で治す努力をして便秘を解消しましょう。会社に行く前は便意があったのに会社に着くと便意がなくなってしまう人がいます。

一過性単純性便秘

環境が変わったり、精神的な影響を受けたことにより起こる一時的な便秘です。元の生活などに戻れば自然に解消されるので、心配いらないでしょう。

過敏性腸症候群

便秘と下痢を交互に繰り返しているという人もいると思います。これは、精神的ストレスが原因で起こるといわれていて、腸の運動機能が異常に高まって便通異常や腹痛を起こすものです。ただ、便秘の症状だけが現れることもあるので、単なる便秘と区別するのが難しい人もいます。
まずは、専門医の診断を受けましょう。
過敏性腸症候群について詳しくはこちら

女性に最も多いのは「直腸性便秘」

3つの常習性便秘の中でも、女性に最も多いのが直腸性の便秘です。便意をもよおしても、人前でトイレに立つのが恥ずかしかったり、忙しくて、ついトイレに行く機会をのがしてしまい、気がついたらもう便意がなくなっていたなど、経験がある人は多いでしょう。
これが何度もたび重なると、やがて常習性便秘となってしまうのです。便意をもよおした時をのがさないようにして、少しでも便秘を解消したいですね。

ほかの病気と関係した便秘 について

便秘には、何かの病気が原因となって便秘を引き起こしている場合があります。自分の便や症状の観察を習慣にして、気になることがあれば早めに病院へ行きましょう。

器質性便秘

先天的、後天的な大腸の異常や病気によって起こる便秘のことをいいます。大腸ガンによる便秘もこれに含まれます。大腸の病気がある人は専門医の治療が必要です。

症候性便秘

大腸以外の病気のひとつの症状として起こる便秘です。大腸の病気ではないけれど、脳梗塞、うつ病、甲状腺機能低下症、糖尿病、心疾患など何らかの病気が原因と考えられます。これも専門医の治療が必要です。

薬物性便秘

これは、常用している薬に大腸の運動を抑制する副作用があるために起こる便秘です。抗コリン剤、抗うつ剤、抗パーキンソン病剤、降圧剤、利尿剤などを常用していて便秘があるという人は、主治医に相談をしましょう。

症候性便秘かも、と思ったら専門医の診察を受ける

例えば急性の便秘では、腸閉塞を起こしていたり、腸捻転が原因のこともあります。また、慢性的な便秘では、大腸ポリープや大腸ガンができていたり、女性なら子宮筋腫が腸を圧迫しているのが原因となっていることもあります。逆に便秘が、これらの病気の誘因となることもあるのです。

自分の便や症状をよく観察して、次のチェック項目のうち、あてはまる症状があったり、気になるようなことがあれば、早めに病院で診察を受けましょう。できれば、消化器専門の医師にかかるのがいいでしょう。

  • おなかがすごく痛い、または吐き気がすることがある
  • 便の形が不ぞろいになっている
  • 便に血液や粘液が混じっている
  • あまり便秘をしたことがなかったのに、最近急に便秘になった
  • 幼児期から便秘が続いている
  • いろいろ工夫しても、なかなか便秘解消しない
  • どうしても下剤を使わなくては、便通がない

便のできるまではこちら。

腸内細菌のバランスを整える 乳酸菌 のパワーで理想の便をつくろう

腸内細菌のバランスを良くして腸内環境を整える 乳酸菌 に関する情報です。

腸内に 善玉菌 を増やす 乳酸菌 パワーで理想的な便をつくる

近年、私たちの身体への健康にいろいろ効果的であるとして話題となっている 乳酸菌 ですが、乳酸菌の一番の働きは、なんといっても 腸内環境 を整え便秘や下痢を解消することです。

私たちのおなかの中には、大きく分けると、腸内で良い働きをする 善玉菌 と、悪い影響を与えるといわれている悪玉菌、そしてどちらにも属さず優勢なほうに傾くという日和見菌( ひよりみきん )の 3 種類が存在していて、この 3 種類の菌たちは腸内でバランスを保っています。 乳酸菌 は 善玉菌 の中の一種です。

乳酸菌 というのは糖を分解して50 % 以上の乳酸をつくり出す細菌の総称で、乳酸発酵によって、ヨーグルトをはじめとしたさまざまな発酵食品をつくります。チーズ、サワークリーム、発酵バター、味噌、醤油、漬け物などがあり、食品によって使われる 乳酸菌 の種類も違います。この乳酸発酵によって、食べ物は消化・吸収されやすいかたちになります。

乳酸菌 が含まれる発酵食品

乳酸菌 が含まれる発酵食品

乳酸菌 が腸内に入ると、腸内を弱酸性にして悪玉菌を撃退し、それによって、もともと腸内にすんでいる 善玉菌 が増殖しやすい環境をつくります。さらに、 乳酸菌 が腸を刺激して、 蠕動運動 ( ぜんどううんどう )を促進します。腸内環境が改善されることで、便の回数や量を増やしたり、便を適度なやわらかさにするなど、ガンコな便秘にも効果を発揮するというわけです。

ヨーグルトの 乳酸菌 は、加熱しても 善玉菌 がすみやすい環境をつくる乳酸や、 善玉菌 のえさとなる乳糖はそのまま残ります。しかも、死滅した 乳酸菌 は食物繊維と同じような働きをして、便のかさを増やします。
身近な食品に含まれている 乳酸菌 にも種類はいろいろありますが、乳酸菌食品の代表とされるヨーグルトなどを毎日摂取するよう心がけて、まずは快便を目指しましょう。

現在では、乳酸菌自体から便秘や下痢に効果的なサプリメントなどもつくられています。